雪の進軍単語

ユキノシングン
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

雪の進軍とは、明治28年に永井建子(ながい・けんし、陸軍軍楽隊第6代隊長)によって作詞作曲された軍歌である。

概要

日清戦争に第二軍部付軍楽隊員として従軍した永井が、威衛の戦いで陸戦や戦を見聞し、また軍人の内面的生活に触れて、その情を忌憚なくスケッチしたのがこの歌である。

この歌には軍批判ともとれる表現があり、歌の最後に「どうせ生かして還さぬ積もり」とあり、これのを上官や軍ととらえると、上官や軍自体によって結局は死に追いやられる、と解釈することも可である。

またこの歌は長らく将兵にされていた(陸軍大将大山元帥日清戦争時の第二軍官〉もその一人で、病床についてもなお臨終の最後までこの歌を聴いていたという逸話がある)が、「勇壮でない」という理由から支那事変の頃には歌の最後を「どうせ生きては還らぬ積もり」に訂させられ、大東亜戦争突入後は歌唱禁止となる(あくまで建前なので終戦まで歌われることはあった)。

ちなみに、ガールズ&パンツァーの9話で、秋山優花里エルヴィンが偵察で口ずさんでいたのは訂後の方である。

歌詞

著作権切れ及びJASRAC信託も消滅しております。

一.
雪の進軍氷を踏んで
どれが河やらさえしれず
は斃れる捨ててもおけず
ここは何処ぞ皆敵の
ままよ大胆一やれば
頼み少なや煙草が二本

ニ.
焼かぬに半煮え飯に
なまじ生命のあるそのうちは
こらえ切れない寒さの焚火
煙いはずだよ生木が燻る
渋い顔して功名噺
「すい」というのは梅干一つ

三.
着の身着のまま気楽な
背嚢に外套被りゃ
背の温みで解けかかる
具のしっぽり濡れて
結びかねたる露営の夢を
は冷たく顔覗き込む

四.
げて出てきた身ゆえ
死ぬる覚悟で喊すれど
武運拙く討死にせねば
義理にからめた恤兵綿
そろりそろりと頚締めかかる

*どうせ生かして還さぬ積もり
*どうせ生きては還らぬ積もり

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%AA%E3%81%AE%E9%80%B2%E8%BB%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雪の進軍

95 ななしのよっしん
2018/01/15(月) 21:00:56 ID: EXSsQeDlm5
歌詞について「曲が明るい分余計にきもちわるい」と評価しているブログを見つけて
色々な評価があるものだなあと思いましたまる
96 ななしのよっしん
2018/04/10(火) 00:41:01 ID: 5uWLca4NVP
24時365日死ぬまで働く経営者「未だ週休7日気分で意欲に欠ける歌詞だ」。
97 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 17:05:06 ID: 14fSHqA1Zu
>>94
義理に絡めた恤兵綿がそろりそろりと頚絞めにかかってるのが自然だったら恐すぎるわw
98 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 17:08:37 ID: 7y6WmYomVT
生かしては還さん……お前だけは……
99 ななしのよっしん
2018/09/02(日) 18:13:48 ID: /40vYViGaV
ネトウヨ途中で散してるの草生える
ガルパンで歌われた時はびっくりしたけどいい曲だと思うです
100 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 03:34:13 ID: GQth0vHCIT
この頃はまだ軍批判(皮れる)軍歌ができていたんだと思うと僅かに感動したわ
101 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 22:35:41 ID: Ps60Lbx/07
溢れ出るトホホ感がとても良い
102 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 22:23:25 ID: O5sTw0LS/S
渋い顔して功名噺
「すい」というのは梅干一つ

すいは酔話(酔ってする話)を差しているのだと思います。
もなくて素面で面くもない功名話ばかり、という悲哀を表しているのだと思います。
103 名無し
2019/08/05(月) 13:59:37 ID: i6sl14GSzC
この歌初めて知ったとき最後の「討ち死にしなかったら家族から送られた肌着が首を絞めてくる」っていう部分に震えたなあ。そういえば明治の陸軍は徴兵制度が緩かったから、兵隊に占める次男三男の割合が特別多かったよなあとか
104 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 15:47:18 ID: MSrTW4BtBU
>>102
い(すっぱい、前段の「渋い」との対か?)」
「酔(酔い)」
(いき)」
「騅(項羽四面楚歌の逸話にも登場)」

少なくとも、これだけの意味が隠されている。
総評すれば、つまらない環境での一の楽しみとでも言うべきか?

>>103
部屋住み扱いの次男三男が帰って来ても食費が増えるだけで、戦死して栄誉と遺族補償を貰った方が得。
そういう、本家算盤勘定も見え隠れする何とも言えないフレーズ
大将であれば、そういうのを非常に嫌うだろうね…

急上昇ワード

おすすめトレンド