雲のむこう、約束の場所単語

クモノムコウヤクソクノバショ

雲のむこう、約束の場所とは、日本アニメーション映画作品である。

概要

新海誠によって2004年制作されたアニメーション映画

津軽峡を挟んで南北に分割された日本舞台。高くそびえる「ユニオン」が立つ夷を臨む青森県に住む少年たちの物語である。

SF的な要素が散りばめられている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%B2%E3%81%AE%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%86%E3%80%81%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E5%A0%B4%E6%89%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

雲のむこう、約束の場所

5 ななしのよっしん
2016/11/01(火) 23:26:54 ID: NhPOAQZcH+
今や新海誠とついていればなんでも売れる時代なんだから、
これの小説版の復刊と漫画版の単行本の刊行を強くめたい。
他の新作品のメディアミックス較的入手可なのに、
これだけ小説は絶版、漫画未完につき未単行本化と不遇すぎる。
6 ななしのよっしん
2016/12/21(水) 18:34:13 ID: XByMqawS0F
究極的にはもう雰囲気映画だからなぁこれ。ある程度その辺割り切れる人でないと見てる最中に爆睡すると思うし。
7 ななしのよっしん
2016/12/26(月) 11:14:26 ID: gGSiSAuI7R
宮沢賢治引用とかあって原作は凄く引き込まれたけど、あれは映画等で予備知識あってこそだったなぁ
8 ななしのよっしん
2017/02/19(日) 21:40:20 ID: lJ9IK/f5xw
複雑難解意味不明ってゆとりか?
9 ななしのよっしん
2017/02/24(金) 14:10:32 ID: yD6g8vhx8R
はじめて見た新作品がこれで、今でも新作品の中で一番好きなくらい引き込まれた…。
当時中坊のがっつりゆとり世代だったけど、ストーリーなり設定なり自分は十分理解できてたよ。細かい部分はんん?ってなったりしてたけども。

漫画版がたしかほしのこえ漫画版と同じ人が書いてたって聞いた気がするけど、ほしのこえ漫画版も結構好きだったから、こっちが未完コミックス化してないのが残念すぎる。
10 ななしのよっしん
2017/04/26(水) 15:39:50 ID: fD/JV5fwWh
全く視聴をおすすめ出来ない作品
なぜあれだけの映像美で売れないのか、見たらこりゃ売れんわと納得
死んだであろう民達が可哀想で主人公たちを祝えない
11 ななしのよっしん
2017/07/23(日) 21:17:13 ID: dMFdjD1p7l
小説によると民の社長さんも帰ってきたし事だったんでしょ(適当)

難解な部分もあるけど夢がテーマなところもあるしふわふわしたところはふわふわしたままでも味があって良いんじゃない?
はあの雰囲気大好きだけどな
小説版持ってるけど、むしろ説明し過ぎててかえって作品の雰囲気を損なってた感もあったわ
まあ雰囲気映画って言われたら全く反論は出来ん

どうしようもない現実の後味の悪さってのもあるけど、それは作品としての美しさも持ち合わせてるからなぁ
せっかくを覚ましたのに忘れちゃってた時は、すっごく胸が締め付けられる思いを抱いたと同時に、良いシーンだなとも思った
複数回の視聴に適してるのは君の名は。みたいなスッキリしたものだけどね
12 ななしのよっしん
2018/04/04(水) 22:58:32 ID: +OgByHjVhR
むしろ新作品で一番好きなんだが
13 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 22:02:08 ID: /pZ2JJEg91
レビュー欄に意味不明と書かれてるのが、意味不明
流石、Amazonカスタマーというか・・・・・・
14 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 22:55:03 ID: 9TtZGhJ7iA
の巨大建造物、駄に不穏な戦時情勢、幻想的な異世界、唐突に絡んでくる世界の命運
これぞまさに90年代ゼロ年代セカイ系ジュブナイル
あの時期にエロゲばっかやってた層としては、別の意味でノスタルジーを感じるわ
ああなんで日本サブカルはこんな素敵なジャンルを、意識高いとか作者オナニーとか言って排斥してしまったのか

急上昇ワード