電光超人グリッドマン単語

デンコウチョウジングリッドマン

電光超人グリッドマンとは、1993年から1994年にかけてTBS系で放送されていた特撮ドラマである。

概要

放送期間は1993年4月3日1994年1月8日(全39話)。制作円谷プロと、タカラトミーの旧タカラ側。

TBSでは土曜17時30分から放送していたが、放送権販売形式でのネットだったため、都道府県によっては進行に大幅な時差があったり、作品が放送されないまま玩具だけが売られていたりしていた。また、全39話といっても、1年の予定が打ち切りになったわけではなく、もともと半年で完結させる予定が1クール延長された。

一言でまとめるならば「時代を先取りしすぎた名作」という評価が妥当か。

ストーリーをざっくり説明すると、コンピュータ世界魔王ネットワークを通じて現実世界の支配を企み、根暗なPCオタク少年を言葉巧みに操り現実世界における手下として利用する。魔王と彼が作り出す電怪獣を倒す為にやってきた異世界戦士が、PC趣味を持つ主人公達がコンピュータ上に作成していたCGキャラクターグリッドマン」に乗り移り人格を持つ。主人公は彼と融合して電世界に入り込み戦う、というもの。

パソコン通信回線が舞台となっており、コンピューターウイルスセキュリティソフトウェアがそれぞれ怪獣ヒーローの関係に当てはめられた。よって、怪獣が暴れている場所も、作中でコンピューターワールドと呼ばれている、ICイメージしたセットになっており、その範囲は病院、学習塾といった共施設から、ドライヤーなどの電、自動車内蔵電話までと幅広い。他作品で言えば「ロックマンエグゼ」等に近い。

ただし、当時はインターネットという言葉すらまともに認知されておらず、「パソコン通信」の時代で、そのパソコンすら高価な物でせいぜい父親仕事用くらい、一般庭に普通にある代物ではなかった。
放送開始から約10年後、庭用ビデオゲーム機への標準装備化などでインターネットが一般庭にも普及した頃、ようやく評価され始めたといっても過言ではないはず。

タカラ制作に関わったからか、それまでの特撮作品全般でもあまり例を見ない、ヒーロートランスフォーマーのような巨大ロボット合体するというパワーアップ方式も特徴のひとつ。また劇中の合体全に再現した合体玩具も非常に高いクオリティ玩具ファンの間で今もなおり継がれている。変身ヒーローロボット合体というアイディアは、サイズこそ違うが3年後に「勇者指令ダグオン」でも採用された。

放送中の人気は高く、「電撃グリッドマンF(ファイター)」という続編が企画されたり(残念ながら没となったが一部の設定は後述のTVアニメに使用されている)、放送終了後も雑誌てれびくんにて「電光超人グリッドマン 魔王の逆襲」というオリジナルストーリーが掲載されたりした。これは魔王カーンデジファー魔王ネオカーンデジファー復讐のために現れ、それを阻止するためにグリッドマンと共に現れたグリッドマングリッドマンシグマが武史と合体してグリッドマンと共にネオカーンデジファーと戦う、というもの。

そして2015年1月16日日本アニメ(ーター)見本市の第9話において「電光超人グリッドマンboys invent great hero」として短編アニメ化。およそ22年振りにグリッドマンが新規映像作品で復活を果たした。

そして2018年には「SSSS.GRIDMAN」として初のTVアニメ化が決定。初放送から25年、遂に技術と時代がグリッドマンに追いついた。

主な登場人物

ヒーロー変身するのが、友人たちと協してパソコンを組み立てた中2の少年なら、怪獣デザインするのも、根暗な同級生少年という若さが大きな特徴。

翔直人 (小尾也)
自作パソコンジャンク」を通じてグリッドマンに協する三人のうちの一人。左腕に着けているブレスレット状のアイテム「アクセプター」のスイッチを、「アクセスフラッシュ」のコールとともに押すことでグリッドマン融合する。
家族は両親と小3の
馬場一平須藤丈士)
ジャンクを作り上げた三人のうちの一人。に装備のデザイン担当。家族は両親と小4の
井上ゆか服部ジュン
ジャンクを作り上げた三人のうちの一人。に一デザインした装備をプログラム化する役。家族は両親と大学浪人中のがいる。
グリッドマンcv: 緑川光
異次元ハイパーワールドからカーンデジファーを追ってやってきた戦士。もともとは実体のないエネルギー体だったが、一が描いたCGキャラクターを取り込んだことで、2次元ではあるが体を手に入れた。
コンピューターワールドの中では10分しか活動できない。
魔王カーンデジファーcv: 佐藤正治
異次元ハイパーワールドからやってきた、コンピューターを狂わせることで世界混乱させ、手中に収めようとした魔王。協者として怪獣デザインさせる少年には、作戦が失敗すると電流でお仕置きを与えることもある。
最終的には自身が世界中のコンピューターを直接乗っ取ろうと動き出すが、裏切られた形で倒された。
藤堂武史菅原剛)
でひねくれた性格ゆえに友人がいない。そのせいもあってコンピューターにのめりこみ、怪獣デザインして妄想していたところをカーンデジファーにつけ込まれた。ゆかに片思いしていたらしい。

楽曲

オープニングテーマ夢のヒーロー

エンディングテーマもっと君を知れば

2曲とも作詞作曲歌唱は以下の通り。

作詞大津あきら
作曲鈴木サブロー
歌:坂井紀雄

関連動画

 

関連商品

映像・音楽ソフト

フィギュア・玩具等

関連生放送

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%BB%E5%85%89%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

電光超人グリッドマン

621 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 13:08:40 ID: IUKoF5gZFE
人版のアクセプター製作中だって
622 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 01:38:59 ID: TnH83ma3v2
>>618
MXどころかBS11でもあしたから深夜で放送ってなってんだけど。
たまたまあしたの番組表見てびっくり!
623 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 08:56:34 ID: jazDwdZ91+
怪獣スーツってこの頃にはかなりクオリティ高いんだな
624 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 02:44:28 ID: lAvo6R755s
アニメから入ってBS11再放送見たが陰キャサイコパスメガネとか合体シーンとかすげぇニヤニヤした
この頃からCVグリリバだったのな
特撮アニメの順で見てたらアニメ最終回でヤバイくらい奮したんだろうなぁ・・・
ただコレ93年にやるにはすぎでは?
625 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 18:57:21 ID: vXHAZ1dyUG
>>624
思い出補正があるのは否定しないがそれでもすぎた名作とか言われるくらいには電物の祖の一だよ
ネットい時代に演出含めて後の電物の描写の基礎大量にやってるもの
626 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 21:22:08 ID: uCXfhDGm6M
>>624
話が進めばわかるが武史はサイコパスではないのだ……
本来ヒーロー側だったのがネグレクトのせいで闇落ちした存在なんだ

昭和らしさと平成らしさの過渡期なんだなあって色んな意味で思わせるエポックメイキングな作品だよほんと
627 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 19:05:53 ID: S7oGjcRnzC
アニメから入ってBS11で観てるけど一番驚いたのはグリッドマンが最初は人間サイズなことだったわ
でもアニメでもアシストウェポンを複数出すときは小っちゃくしてたな
628 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 09:37:34 ID: mOrDpZSOVC
4話のカーチェイス、なかなか危ない撮影してるな…
629 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 21:34:41 ID: r5lYaBLbmi
この作品ってWindows95が世に出るちょうど少し前に作られた作品なんだな。
そう考えながら見ると、現代の視点ではツッコミどころ満載な表現なんかも、まだ直接インターネットに触れる事が難しかった当時の子供達の想像の中の「コンピュータを使いこなせばこんな事ができるんだ!」ってイメージを絶妙に映像に落とし込んでいると思う。
630 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 20:03:47 ID: o43kvcGTbq
>>628
評論家は身体に取り込まれた因子でどうにかなりそうだけど直人のちゃんはただの一般人だから危ないよな。

急上昇ワード