電子書籍単語

デンシショセキ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

電子書籍とは、電子機器で読むことが出来るようデータ化された書籍、あるいはそのシステムである。

概要

本、新聞、雑誌などが、従来のいわゆる"媒体"ではなく、文章や挿絵などを全てデータ化した形で提供される書籍である。専用の機器(Amazon Kindle楽天Kobo等の電子書籍リーダー)や携帯端末(スマートフォンタブレット等)、PCなどで読むことができる。

大きく分ければ電子辞書なども電子書籍に相当するほか、ウェブに掲載されている小説なども同様であるが、現在日本では電子書籍といえばインターネットを経由して購入・ダウンロードを行う書籍データす。他に媒体を直接電子化したデータもあり、特定団体が開していたり個人が所有していたりする。

古くは、辞典のデータディスクメディアに収録して、(当時としては)小の端末で利用可にしたものなどがあり、ソニーNEC90年代から構想し、現在のものに繋がる要素も持った製品を出してきた。
現在は、インターネットの普及、ひいてはiTunesによる音楽CDメディアからの脱却などに触発される形で、Amazonを初めとする通販サイトが、電子ペーパーなどを利用した、より媒体に近い形での電子端末の開発などによって導入を進めている。

歴史

コンピュータ現実に登場して以来、古典SF作品に、媒体を捨てて電子データとして扱われるようになった書籍という概念はしばしば登場していた。
有名なところでは、『2001年宇宙の旅』の個人用情報端末で、たとえへの旅行途中でも、手の大のコンピュータに新聞や雑誌のデータが一で送られて来る、という、現在スマートフォンなどに非常に近いものが描かれている(余談だが、iPhoneなど現在スマートフォンは、映画版に登場したこの端末の姿にそっくりである)。

技術の発展に伴い、先述の通り、ディスクメディアに辞書などのデータを収録して端末で利用する、という形の、原始的な電子辞書が90年代初頭に登場した。
この時、有名な文の全集が同様にデータ化されていくつか発表されたものの、ど知名度も持たれないまま消えていった。現在の電子書籍の概念に最も近いものが、この時初めて形になっていたといえる。

やがて、インターネット爆発的普及が訪れ、学術論文の共有などが利用されるようになると、程なくして、著作権の切れた作品をテキストデータにして配布する青空文庫や、自らの作品をネットを経由して配布する人間が現れるようになった。
かしこの時、音楽業界では既に、iTunesiPod爆発的普及によって、CDメディアの衰退・データ配信の盛が凄まじい勢いで起こっていった。 同業界では、Appleによって、一足先に既存メディアの破壊が行われた。

Appleのような先導者のいない出版業界ではこの流れが遅れるかとも思われたが、00年代後半になると、携帯電話などの端末の高性化により、書籍データを手元で読むことが容易に可となった。
この頃になると、内外で漫画や雑誌などのデータ配信が行われるようになった。

電子書籍の長所と短所

以下ではサービスとしての電子書籍を利用することのメリットデメリットを大まかに述べる。中には電子書籍という形態そのものによるものではなくサービス提供側の意識によって生まれるものもある。

長所

すぐに再生できる、アクセシビリティ
通信環境さえあれば購入手続後にすぐに読むことが出来る。中には一度作品データダウンロードしておくことでローカルですぐに再生できるようになるものもある。
の本より安い
電子書籍は概ねの本よりは割安であり高くても同価格、逆転することはまずない。作品によって異なるがほとんどは10%から30%ほど安くなっている。
サイトによってはクーポンの配布やセールなどを行っておりさらに安い値段で購入可なことが多々ある。
さらに時間限定での利用を可にする代わりに値段を抑えるという利用形態が用意されていることもある。CDDVDレンタルのような感覚であるが対応している作品は非常に少ない。おそらくサイトよりは権利元の意向が問題なのであろう。
また、中には本来有料で配信されている作品を無料開しているサイトもある。この場合多くの作品は複数のサイトで同時に無料開されているがサイトによってはそこでだけ無料開されているものもある(Bookliveの日替わり漫画など)。これらは当然撒き餌であり、多くの場合は閲覧期限が定められている。
なお、これらはあくまで新品価格での較であり、中古売買まで考慮した場合は流石に逆転する場合が多い。
携帯性収納性
電子データも再生できる機器も幅を取らない。
マルチデバイス
1つの作品にPCスマホタブレットなどいろいろなデバイスからアクセスすることができる。
実体がないので物理的破損がない
情報のやりとりであるための本のように破損するリスクがない。当然機器が壊れることはあるが、それでもサービス提供されている間はアカウントさえあれば対応端末で常時読める。
電子情報ならではのプラスアルファ
そのファイルが対応していれば文字検索次からのショートカットを利用できる。また電子書籍特典が付随するものがある(設定資料集や書き下ろしなど)。
電子書籍のみで刊行されている書籍を読むことが可
少数ながら電子書籍としてのみ配信されている本がある。割合としてはITを中心とした技術関連のものが多めである。エンターテイメントでいえば支援者をもたない素人作品だったりもする。の本と違いコストリスクを軽減できるため個人出版が容易に行われるようになったことがこれらの増加をもたらしている。かつて企業媒体で発行していたコンテンツが移行するという事態も増えた。中には企業が扱うコンテンツのさわりをまとめた書籍もある。
誤字・脱字等の修正
内容に誤字・脱字などがあった場合、修正版が再配信されるケースがある(の書籍でいうところの第○版)。ただし表現の自主規制での修正が入る可性もある。

短所

端末の依存
故障や電池切れなどを考慮する必要がある。
閲覧用アプリケーション完成
本棚のカスタマイズや本棚作成上限などに差があったり、動作速度の遅いものがあるなど、アプリケーション完成度がまちまちである。
異なるサイトでの購入データが供用できない
ある配信サイトで購入した書籍は、当然ながら別の配信サイト上では未購入状態である。そのため閲覧には購入した運用サイトが配布するアプリケーションしか使えず、別のサイトでも利用したければ購入し直す必要がある。Bookwalkerなど連携機で共用できる場合もあるが、様々な制限がある。つまり店舗のポイントカード以上の縛りが発生すると考えて良い。
利用の制限
他人と貸し借りできない、複製できない、再生環境(端末)が限られる。
転売できない
物がないので古本として売れない。権利も譲渡できない。中古で購入できないので古い作品でも定価で買うしかいことが多い。
複製・印刷できない
他人の著作物であっても私的利用の範囲内であれば複製するのは合法であり、メモ代わりに数ページだけをコピーして持ち歩く人なども少なくないのだが、購入した電子書籍の場合は違法コピー対策(DRM)のために印刷が禁止されているものがどである。一部のサービスではスクリーンショットさえ対策されている。
低画質
サービスや書籍の種類によっては、画像が低画質で配信されていることがある。また端末のディスプレイ(解像度度など)にも左右される。モノクロ表示のE Inkを採用した端末であれば、カラーイラストグレースケール化された状態で見ることになる。
永続性が保されない
作品データや電子キーの配信はサービス元が管理しているため、サービス元がそのサービス継続できなくなると再ダウンロードDL済みデータの復号ができなくなってしまう恐れがある。
閉鎖時の対応は運用サイトの方針やデータ形式で左右され、吸収された場合は吸収先引き続き利用できるケースがあるが、というケースも少なからずある(例:楽天Raboo、ヤマダイブックは当初保なしであったがヤマダポイントに還元)。
書籍によってはの本ではあったはずのページや特典などがくなっていることがある
カバー部分が全てっていなかったり、裏表本編以外のおまけページがなかったりする。
帯は付いていないケースが多い。
の本には付いている封入特典が付随しないケースがある(CDDVD、応募券など)。
えがの本より悪い
近年のものであっても電子書籍への対応がの本より遅れることがある。
直営サイトでは予定通り配信されても、それ以外のサイトでは1ヶ以上遅れるといったことがしくない。
一覧性が低い
の本であれば何冊でも机に広げて同時に見ることができるが、電子書籍はモニタや端末のサイズ、個数により制限を受ける。
保存容量の問題
ダウンロードの場合は当然端末へ保存するので、その分の容量を確保する必要がある。これが何・何千冊となると本体のストレージ以外にも外部メディアが必須となる。特に漫画など絵が中心のものやページ数が多い専門書籍となるとその傾向は顕著で大容量の外部ストレージが必須となってくる。
ダウンロードにかかる回線
当然ではあるが購入した書籍を利用するにはストリームダウンロード問わずダウンロードを行うためのネットワーク回線が必要となる。
大抵のモバイル通信回線は上限制限があるが、この回線を利用すると使用量によるが上限に到達しやすくなる。そのため大量にダウンロードを行う場合はWifi接続で行うなどの対策が必要となってくる。
書籍に手を加えることができない
の本であればマーカーでの強調、ペンでのメモなど書籍へ手を加えることができるが、電子書籍ではマーカーやメモの書き込みが可サービスとそうでないサービスが存在するようだ。可だとしても、文章・図版内から余白まで好きな所に書き込みが可書籍の自由度には及ばない。

短所?

以下は某掲示板など不特定多数が電子書籍そのものについてると必ずといっていいほど上がるものであるが、短所と言い切るにはどうかと思うものである。

本棚が埋まらないので充足感が得られない
要は個人の慣れと趣味の問題である。
価格が割に合わない
値引きが足りないというがされる。概ね "従来のの本と違って出版サイドは諸々のコストリスクが大幅に削減できているはずである、逆にユーザーサイドは利用の制限や将来読めなくなるリスクがある、だからこの程度の値引きでは割に合わないと感じる" ことが原因であるとされる。

関連動画

関連商品

電子書籍サービス一覧 (大百科に記事があるもの)

名称 運営 リンク
iBooks Apple exit
青空文庫 青空文庫 exit
Kindle amazon exit
kobo 楽天 exit
少年ジャンプ+ 集英社 exit
DMM 電子書籍 DMM.com exit
DLsite.com エイシス exit
ニコニコ書籍 ニワンゴ
BOOK☆WALKER KADOKAWA exit
マンガ図書館Z Jコミ exit
Reader(ソニー) ソニー exit

BOOK☆WALKERと統合。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

電子書籍

184 ななしのよっしん
2019/12/31(火) 22:01:02 ID: I2oUKtuEIs
電子書籍メリット
大掃除で昔の漫画を見つけたりしないので、掃除が捗る
185 ななしのよっしん
2020/01/12(日) 19:06:17 ID: /VRTJyNl8T
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6428316/comments/33148687exit_niconews
記事の内容とグラフが合致していない
23年度の予測値は22年度の1.1倍以下だ
このままだと更に3年後には頭打ちじゃないか
今後10年もしないうちに売上が頭打ちになる予想で
もっと危機感煽る内容にしたほうが良いのでは?
186 ななしのよっしん
2020/01/12(日) 22:07:29 ID: ugMhXIgtnr
>>185 いわゆる「詐欺グラフ」「ユーレイ棒グラフ」ですね(リンク貼ろうとしたらニコニコに記事あった)。2019年2023年は4年間あるのに、その間隔を1年間隔で書いているせいで視覚的な誤認を誘発させてしまっている。
187 ななしのよっしん
2020/01/27(月) 06:42:31 ID: RB51B21P79
の本買ったら電子書籍コード付いてたらなとか思ってしまうなぁ
188 ななしのよっしん
2020/03/04(水) 19:30:09 ID: L3GOTIX8Tt
サービス終了で揉めてきた事例を見てきたからいまいち使う気になれない

Amazonで買っても絶対の保はない…
189 ななしのよっしん
2020/03/04(水) 19:35:27 ID: gAhtv2TXwP
専用リーダー多すぎて電子書籍買う気にならんのが実情
JコミみたいにPDFで売ってくれ
190 ななしのよっしん
2020/03/04(水) 19:41:11 ID: 8lCtEzmuIS
>>187
一部の旅行雑誌だとそういうサービスあるみたいだね(QRコード読み込むとPDF版閲覧できる)
他の書籍でも採用されると嬉しいのだが
191 ななしのよっしん
2020/03/06(金) 07:29:25 ID: XsnbiDfDEb
雑誌によっては次だけで読みたいところまで案内してくれる機あったり、リアルな本と発売日が違って遅かったりするが、それでもやはり売り切れなくて、買い逃しは極抑えられるのが便利。
192 ななしのよっしん
2020/03/06(金) 09:40:32 ID: ugMhXIgtnr
雑誌のバックナンバーが手軽に手に入るのは強いよね。でも次から本文へリンク貼ってある雑誌は自分は見たことない…。もっと電子ならではのメリットが享受できるようになっていくといいなぁ。
旅行雑誌などはサッと見られるの方が便利な場面は多いし、と電子の良いところを上手く使い分ければいいように思う。
193 ななしのよっしん
2020/05/07(木) 11:48:07 ID: nscAnQPc3/
BookLiveが最近ケチで困るわ
20%Offも滅多に見なくなった

急上昇ワード

おすすめトレンド