電撃小説大賞単語

デンゲキショウセツタイショウ

電撃小説大賞とは、アスキー・メディアワークス催するライトノベル募新人賞。

概要

電撃文庫の創刊とともに、1994年から開始した新人賞。
当初は「電撃ゲーム小説大賞」という名称で、「電撃ゲーム3大賞」の1部門という扱いだった。ちなみに他の2部門は「電撃ゲームイラスト大賞」、「電撃ゲームデザイン大賞」(第3回からは「電撃ゲームデザイン大賞」から「電撃ゲームコミック大賞」に変更された)。
2004年の第11回から「ゲーム」が取れた現在の名称に称。コミック部門が第12回から「電撃コミックグランプリ」として独立したため、現在は「電撃イラスト大賞」とあわせて「電撃大賞」と呼ばれている。

第1回から長編だけでなく短編も同時に受け付けているのが特徴で、短編が何らかの賞を受賞することもある。
一時は応募総数が6000え、現在4000~5000と、内のライトノベル新人賞では最大の応募総数を誇る。

賞の区分は「大賞」「賞」「賞」「選考委員奨励賞」のほか、第15回から始まった電撃文庫MAGAZINE掲載を想定した短編向けの「電撃文庫MAGAZINE賞」と、第16回から始まったメディアワークス文庫向けの作品を選出する「メディアワークス文庫賞」とがあり、全部合わせると毎回8作品ほど受賞作が出る。

現在(第26回)の選考委員は三雲岳斗作家)、三上延(作家)、吉野弘幸アニメ脚本家)、康幸(映像プロデューサー)、湯浅明(電撃文庫編集長)、高林初(メディアワークス文庫編集長)。

初期こそ賞あたりを受賞しても出版されない作品があったが、出版予定のなかった第5回選考委員特別賞受賞作の志村一矢『月と貴女に花束を』が電撃hp掲載から好評を博してヒット作になり、続いて第6回最終選考で落選した時雨沢恵一キノの旅』が大ヒットした。
こうした経緯から、受賞せずにデビューした作家も多数おり、前述の時雨沢のほか、鷹見一幸甲田学人藤原入間人間などが最終選考で落選しながらもデビューしている。

さらに最終選考に残らなくても編集者に留まれば応募作の稿や別作品の書き下ろしでデビューすることもあり、『ビブリア古書堂の事件手帖』の三上延、『護くんに女神の祝福を!』の岩田洋季、『しにがみのバラッド』のハセガワイスケ、『とある魔術の禁書目録』の鎌池和馬、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の伏見つかさ、『さくら荘のペットな彼女』の鴨志田一などがそれにあたる。
このため受賞者と合わせると毎年10数人以上がデビューするということになっており、賞の規模に例してデビュー者が非常に多くなっている。

ちなみにラジオ番組「電撃大賞」はそもそもはこの賞の広報のために始まった番組である。

なお受賞作が出版される際、同じ回の「電撃イラスト大賞」で賞を取ったイラストレーターが挿絵担当となり、新人同士でタッグを組んでのデビューとなる例がある。最初の例は第5回で、賞『学園武芸帳』にイラスト賞大賞の小笠原記が、選考委員特別賞『月と貴女に花束を』にイラスト賞の椎名優が起用された。以後第9回、第14~16回、第20回でも同様の事例がある。

大百科に記事のある受賞作家・受賞作

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%BB%E6%92%83%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%A4%A7%E8%B3%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

電撃小説大賞

14 ななしのよっしん
2014/07/25(金) 13:35:54 ID: BmW2i2Cg3Z
高畑京一郎作家?w
15 ななしのよっしん
2014/08/18(月) 04:53:40 ID: 7WvFj5pwaG
各賞受賞後の作家の傾向として、昔はこんなな感じだったけど、
今もそうなのだろうか。
大賞
>成功と失敗の極端な二極化。
>成功者は一般方面への進出も多く、極端な作品は入賞できない。

>生き残り率No1であり、電撃屋台を支えている。

全なる玉石混合であり、成功と失敗の二極化。
>当然大賞作品よりも、慢される時間は少なく、期戦外で消える作家も多い。
った作品が多いが、その分当たると大きい。
16 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 16:11:18 ID: 5hH7I1KQbu
・第12回(2005):3,022作品
・第13回(2006):3,467作品
・第14回(2007):2,943作品
・第15回(2008):3,541作品
・第16回(2009):4,602作品
・第17回(2010):4,842作品
・第18回(2011):5,293作品
・第19回(2012):6,078作品
・第20回(2013):6,554作品
・第21回(2014):5,055作品
なんか分からないがいきなり1/6も減るなんて、ステマの悪影か。
それとも単純にワナビ達からこの賞は期待できないと判断されたか。今年の応募作品が回復すれば単なる偶然だが、今年も減ったら衰退してるね。
17 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 16:22:11 ID: bfHeAninIx
ラノベ作家登竜門的な場所としてこの手の賞があったのだろうけど
最近はWeb小説から引っってこられる人が多いんでしょ?
だから衰退していってもおかしくはないかも…よ…?

ステマしてもらえるんだったらむしろ積極的に応募したほうがいいのでは(ボソ
18 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 11:11:59 ID: mC+DJ0bN+s
新人発掘オーディションなんだから、
完成度よりも将来性が重視されてるんだと思う
>>2の言うとおり、1巻完結よりも続刊を出してくれる作家の方が
出版社も欲しいわけで
「え、これで終わっちゃうの? 続き読みたいんだが」って
読後感を与える作品の方が、ヒットメーカーの将来性たかいでしょ。

だから「完結」された作品とは言え続編の期待が高い作品
の方が入賞しやすいだろう。
19 ななしのよっしん
2015/02/23(月) 12:35:44 ID: 5hH7I1KQbu
うーん

そもそも、劣等生アニメ化した時期は4月スタートだという事。締切は4月末で影は当然少なくなるはず。(そもそもアニメ放映前に送るやつだっていただろう)

アニメではなく小説の影なら2013年の時点でなんらかの影があるはずだからそこで過去最高になるのはありえない。よって劣等生(ウェブ小説)の影は少なくとも2014年2013年の時点では微だったという事。

つまり、減った理由が電撃小説大賞そのものの衰退に他ならない。
20 ななしのよっしん
2015/04/14(火) 12:55:58 ID: gKf9laY+5r
衰退というか多すぎるから諦めてるもいるかもな。正直この数の中でまともに審出来るのかって心配もあるしステマがどうたら以前の問題だな。ぶっちゃけた話興味ある自分にとっては情けないとは思うが減ってくれてありがたいよ。6千越えって頭おかしいんじゃねぇのって感じだし
21 ななしのよっしん
2015/10/10(土) 20:33:03 ID: VMLecAzO16
になるが他社も同種のライト向け小説賞作ってる状況だからな
22 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 01:24:29 ID: EsuhKu3fN1
今更だが2015年の応募数が出てた

・第22回(2015):4,580作品
また減っちゃったなぁ
23 ななしのよっしん
2017/10/06(金) 12:15:20 ID: YtigOKS+ap
かつてのSRC最強の炉だったウの字が大賞取るとはなぁ
岸本みゆき氏に続いて大成して欲しいしウノリッシュみたいにはならないで欲しい

急上昇ワード