編集  

電鈴式踏切単語

デンレイシキフミキリ

電鈴式踏切とは、電鈴(鐘(ゴング))で警報を鳴らす踏切である。

概要

警報機上部の黒い物が「電鈴」。現在踏切には単にスピーカーで警報音を再生するだけの「電子音踏切」がほとんどであるが、電鈴式踏切は、「警報電鈴」を警報機に使用した踏切で、電子音ではなく、実際にゴングを鳴らして警報を鳴らす鐘踏切の一種である。この電鈴は旧国鉄が設計したもので、どのメーカーでも規格が統一されている。形は。音はチンチンチン♪と甲高い。構造から、「電鈴踏切」「ゴング踏切」などと呼ばれる。また、親しみをもってその音から「チンチン踏切」とも呼ばれる。

踏切の中では最も多く残っているタイプで、現在は、熊本電鉄に非常に多く残っている(沿線の9割方が電鈴式踏切日本でこれほどまでに鐘踏切が残っている鉄道は他に例を見ない)ほか、北陸鉄道現在は一部路線止・ほとんどが電子音化されたため、数が減ってしまった)また、岳南鉄道福井鉄道三井三池専用線など(他多数)の鉄道に残っている。

電鈴式踏切のことを電鐘式踏切や、交流電鐘式踏切のことを電鈴式踏切と言う人も多いが、電鐘式踏切は鐘が釣り鐘形をしている。交流電鐘式踏切は鐘が四ゴングをくっつけたような形をしている。

現在電鈴式踏切を含めた鐘踏切の多くは騒音問題などにより電子音タイプに交換が進んでいるため、だんだん減ってきている。

関連動画

参考文献

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9B%BB%E9%88%B4%E5%BC%8F%E8%B8%8F%E5%88%87
ページ番号: 4984214 リビジョン番号: 1694678
読み:デンレイシキフミキリ
初版作成日: 12/10/21 01:26 ◆ 最終更新日: 12/12/06 19:23
編集内容についての説明/コメント: ちょっとだけ修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

電鈴式踏切について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/03/01(日) 11:38:05 ID: itZpq9ybaU
>鐘踏切の多くは騒音問題などにより電子音タイプに交換が進んでいるため

電子音でも充分騒音なんですが、それは・・・
2 : ななしのよっしん :2016/06/12(日) 07:39:28 ID: DvPnX37PMd
電鍾→「カランカラン」
電鈴→「チリチリン」
と言うことでおk
電鍾の方は音とランプの点滅がシンクロしてるんだっけ?
3 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 12:26:39 ID: hpq3Upj5iV
https://www.youtube.com/watch?v=GniO3IjOd3U
2分27から
しい国鉄電鈴式踏切国鉄では1960年代ごろから既に電子音化が始まっていたようで、1970年代にはほぼくなっていた模様。1987年の民営化時にはおそらく消滅していた。

それと、台湾台湾鉄路管理局でも電鈴式踏切は存在していた。これは、日本統治時代に台湾鉄道にも本と同じ警報機を導入したからとかで、戦後でも好まれて日本製の電鈴が使われていたのだとか。今でも日本製で日本の警報機を使っていて、そのため日本台湾踏切は非常によく似ている。ちなみに台湾では踏切を「」という。
https://www.youtube.com/watch?v=8r7Pi2W-YpA
この映像1988年止の台湾鉄路管理局線のもの。つい最近まで台湾でも電鈴式踏切は残っていたらしいが、今はいんだとか。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス