霧島一博単語

キリシマカズヒロ

霧島 一博1959年4月3日-)とは、鹿児島県出身の元大相撲力士である。本名は吉永 一美(よしなが かずみ)。最高位は大関現役時代の体格は身長186cm体重130kg。得意手は左四つ、寄り、り、出し投げ。趣味ゴルフ

端正な顔立ちとトレーニングで鍛え上げた筋肉美で人気を集め、「界のアラン・ドロン」「和製ヘラクレス」と呼ばれた。現在は年寄・陸奥

概要

牧園町(現霧島市)の農家に生まれる。でも頭からをかぶって登校、重さ3kgの下駄を履くなど体を鍛えるのが好きな少年であった。君ヶ親方(元関脇ヶ嶺、後の井筒親方)の勧誘を受け入門し、寝台特急きりしま止と入れ替わるかの如く1975年3月場所に初土俵。同期には同じ鹿児島出身で後の大関・若がいる。三段から始めたウェイトレーニングと高蛋食で次第に筋肉質の体格を作り上げていった。

1982年5月場所新十両1984年7月場所に新入幕。この場所は同時新入幕の小錦大関補の大乃国に勝った内容が評価され8勝7敗ながら敢闘賞を受賞する。さらに14日はこの場所全勝優勝した大関と対戦(若はもの凄く重圧を感じたとのこと)したが敗れている。

1987年1月場所に小結を通り越して新関脇となるが3勝12敗で跳ね返される。1988年には5月場所初日に水戸泉と取り直し3度に及ぶ闘の末敗戦、9月場所では横綱大乃国から初の金星を獲得した。1989年1月場所に三役復帰するも小結で1勝14敗に終わる。この頃までは上位と下位を行き来するエレベーター力士で、井筒部屋の子である逆の方が大関補として期待されていた。

霧島はこれを機に鍛え方を底的に見直した、1日に20個のや、バナナ2本などが入った夫人特製のプロテインを摂取するとともに、エイトトレーニングによる改造に取り組んだ。ベンチプレス200kg、スクワット300kg以上という強体を作り上げ、体重も110kg台から一気に130kg前後まで増加した。その甲斐あって上位でも勝ち越せるようになり、1989年11月場所から2場所連続小結で2桁勝利マーク関脇に戻った1990年3月場所は6日に通算1000勝のかかった千代の富士り出して達成に待ったを掛けるなど、出場した横綱大関全員撃破する活躍で13勝2敗。横綱北勝海大関小錦との優勝決定戦には敗れたが場所後大関に昇進した。なお11日前頭戦は本来霧島の勝ちであり、実質は14勝1敗の単独優勝であったことが某サイト摘されている。

1991年1月場所に14勝1敗で念願の幕内最高優勝を果たす。初土俵から96場所、及び31歳9かでの幕内初優勝は当時年6場所制下で1位スロー最長記録だった(後に貴闘力旭天鵬更新)。3月場所で綱取りに失敗したもの、同年は横綱引退や休場が相次いだこともあって6228敗で自身一の年間最多勝を受賞した。翌1992年3月場所と7月場所で終盤まで優勝を争うが、9月場所は7勝4敗から4連敗で負け越し。4度番を迎えた翌11月場所に怪で途中休場し関脇に陥落。1993年1月場所は史上初めて日本人横綱大関がいなくなった。

以後は、後に大関を陥落した小錦とともに幕で土俵を沸かせたが、十両陥落が決定的になった1996年3月場所限りで現役を引退し、子の寺尾から年寄・錣山を借りて襲名した(当時はまだ大関3年特権制度導入前)。名跡は勝ノを経て1997年12月から陸奥となり、元前頭岩涛から陸奥部屋を継いだ。さらに田川親方(元関脇ノ里)が停年退職した2000年11月には立田川部屋を吸収した。また両で『ちゃんこ霧島』を経営している。

相撲に絶対の強さを見せ幕内では14戦全勝、「毎日来てくれれば全勝なのに」と記者ったことがある。同時に大関った小錦からは友人、戦友と言われ、引退後も大の仲良しである。幕内での対戦成績は19勝19敗と全くの互だった。

また現役時代に子供時代〜引退直前をった著書『踏まれた麦は強くなる』を日本相撲協会の了承を得て執筆し、発売された。、フランスでも『ある力士の自叙伝』の題で初の相撲紹介書として大きな反を呼び、シラク大統領が「もし政治家になっていなかったら、私は力士になりたかった」と述べたほどである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

霧島一博に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9C%A7%E5%B3%B6%E4%B8%80%E5%8D%9A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

霧島一博

1 本当は必要だろ
2015/02/27(金) 09:26:36 ID: xzI5szoARE
霧島陸奥、うっ・・・あたまがー

急上昇ワード