霧果単語

キリカ

霧果(きりか)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優原田ひとみ

概要

見崎鳴の養。腕利きの人形職人で、霧果は号。本名は見崎由代。夫は実業として活動しており、外に別荘を持つなど、かなりのお金持ち。しかし留守にすることが多く、普段は鳴と大伯母根(名前は不明)の三人で暮らしている。

鳴の実藤岡ミツヨの双子姉妹で、実際には鳴のおばにあたる。鳴が生まれた翌年、流産した上に子供を産めない体になってしまい、経済的に苦しかった藤岡から鳴を養女にもらいうける。死産によって子を失うことを極度に恐れるようになり、鳴が本当は藤岡であることを知った時は、手放したくない一心で鳴と藤岡との接触を止めようとする。また、この世に生を受けることのなかったが子が忘れられず、地下の人形の中には棺桶に収められた、鳴にそっくりの少女人形安置されている。の鳴と違って、メンタルは脆いようだ。

こうした経緯のため、鳴とは微妙距離感がある。普段は鳴に対して放任義だが、それはお互いに親子としてうまく接することができない反動から来ている。根っからの職人であるためか、事は苦手であり、鳴の食事は外食かコンビニの食べ物が多い。右は前で隠れていることが多く、身長156cmと鳴とほぼ変わらない。鳴も霧果も小柄で奢なのは、の血筋なのだろうか?ちなみに、身長中の人と同じである。でも、胸の大きさは逆である

公式ホームページ要人物紹介に名を連ねており、いとうのいぢの原案絵もあるが、本編にはわずか2回しか登場しておらず、台詞があったのは6話のみである(なお、原田は6話で鳴の後輩である美術部員のも担当している)。

実写映画版では、つみきみほが演じた。鳴に対してやたらと過保護な母親として描かれており、鳴の台詞から原作同様実ではないことが明らかになっているが、未咲が登場しないため、詳しい血縁関係は不明である。

『夜見のたそがれの、うつろなる蒼き瞳の。』

霧果が鳴と共に暮らしている自宅は、自宅の一階と地下一階を人形専門店『見のたそがれの、うつろなるき瞳の。』として一般に開放しており、彼女自身は二階工房人形を作り続けている。受付をしている根によると、観覧料は大人500円学生250円。通常の展示物は一階に並べられており、値段は高いが購入も可。地下一階は倉庫兼未完成人形が雑多に置かれているが、こちらも自由に出入りすることができる。

鳴たちの住居は三階にあるが、最低限なものしか置いておらず、生活感があまりない。二階と三階は行きがあり、寝室や風呂場はそちら側にある模様。荷物を運ぶために、全ての階をエレベーターで移動することが可。必要の外観はコンクリートで打ちっぱなしのモダンな建物で、木造屋の榊原恒一とは対照的な作りである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9C%A7%E6%9E%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

霧果

1 ななしのよっしん
2012/11/19(月) 08:06:58 ID: FfoTk+EUVs
作成乙です まさか記事あるとは・・・
2 ななしのよっしん
2013/06/27(木) 23:01:53 ID: fijRHJqZsV
映画版も実じゃないみたいだな
3 ななしのよっしん
2013/07/13(土) 15:49:58 ID: KI/B2MSvp/
実写映画版では霧果さんについて鳴は「霧果さんの作る人形は好きだけど、あの人の事は好きじゃないの。本当の母親じゃないし。」って言ってるぞ。
よって実ではなく義なのは確定。ただし血縁上は叔母なのか他人なのかは不明。

急上昇ワード