青い体験単語

12件
イタリアノエッチナエイガ
1.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

新しいママになる女性(ひと)に 少年の心は騒いだ…… 
愛してはいけない人へのに 少年はいま青春の門を通る……

青い体験とは、1973年開のイタリア映画である。

概要を教えてやるわ!

監督サルヴァトーレ・サンペリ。同監督はこのシリーズを後に2本手がけるが、寡作であまりヒットには恵まれず、晩年はテレビ映画などを中心に活躍していた。

監督以上に本作で有名になったのが女優のラウラ・アントネッリで、本作での体当たりな演技が評価され、一躍セクシー女優仲間入りを果たす。
相手役のアレサンドロ・モモもこのシリーズが当たり役となり、パラレルな姉妹編にあたる「続・青い体験」ではラウラと共に続投した。青春スターとしてのこれからの活躍が期待される中、バイク事故で他界。
演作にして代表作でさらに遺作がちれーなお姉さんとのニャンニャン役というとっても役得なまま天国立ってしまった。
日本語版では吹き替え役者で、特にアンジェラ役は銀河鉄道999メーテルで有名な池田昌子がアテており、多くの少年を悩殺した。

肝心の本作のストーリー屋の家族母親が急逝し、そこにやってきた政婦のアンジェラスケベ家族どもが性的な感情を抱くようになり、セクハラ三昧。やがてそのうちの次男ニーノは一線を越えた関係になっていく、という筆下ろしストーリー
下記の単品版のビデオジャケットを見ていただければわかるように、ポスターの時点でどう見てもセクハラエロ映画です。本当にありがとうございました。てか、角川さん本当にいろんな意味でありがとう。

イタリア映画独特のねちっこさはあるものの、終始作劇は軽快なテーマ曲も相まって明るい雰囲気で、ところどころに男性大喜びなサービスカットが満載なので、「男一人で」観る分にはとても満足いただけるだろう。ラウラ嬢もあんなシーンやこんなシーン、よくOKしてくれたものである。反面、この映画彼女さんと観ようなどと思うなら、ビンタ喰らう覚悟でいよう。

80年代から90年代にかけてはスキモノの映画マニア々とした思春期中の男子中高生を中心に絶大な人気を誇ったためか、木曜洋画劇場ゴールデン洋画劇場などで頻繁に再放送がなされた。この映画をコッソリテレビをつけて鑑賞していた、内緒で録画してお世話になっていた、というオッサンは数多い。が、えっちなのはいけないと思いますというお母ちゃん方やPTAのマダムの皆様の苦情があったのか、2000年代に入ると深夜放送ですら再放送しなくなってしまった。筆者が知る限り、地上波での日本語吹き替え版最終放送は関西テレビにおける2006年深夜である(しかも何をトチ狂ったのか、よりによって正月三が日・・・)

2001年に一度日本DVD化の予定があったが、どういうわけか発売直前になって急遽中止されてしまった。これにで濡らしたかつてのスケベ純情少年は数多かった。

が、ついに2014年10月に『日本語吹き替え版収録』かつ『デジタルリマスター最高画質Blu-ray Disc』、さらに男ども待望の『無修正版』として発売された。続編もパックになって1万円を切るこの安さ! 好事どもは買うがいいだろう!!

関連動画

青い体験に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連コミュニティ

青い体験に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

青い体験

1 ななしのよっしん
2016/10/24(月) 18:59:55 ID: FaKekU/Fzp
執筆者のを感じる良記事だなw昔は確かによくテレビで放送されてた気がする。
👍
高評価
1
👎
低評価
0

急上昇ワード改