編集  

青山文平単語

アオヤマブンペイ

青山文平あおやま ぶんぺい)とは、日本時代小説作家

概要

1948年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。大学卒業後は経済関係の出版社に勤務。

1992年、短編「たちの水晶宮」で第18回中央論新人賞を受賞し、影山雄作ペンネーム作家デビュー。出版社を辞め、以降10年ほど純文学フィールドで活動するが、本にまとまったのは1994年の『たちの水晶宮』収録の4編のみで、一度は筆を折る。

その後、60歳を過ぎてから、妻の年金受給額が生活していくには足りないことを知ったのを機に創作活動を再開。2011年時代小説樫のの下で』で第18回松本賞を受賞し、青山文平名義で再デビューを果たした。

2014年札をテーマにした時代経済小説はもとより』で第17大藪春彦賞を受賞。直木賞補にもなった。2015年、『つまをめとらば』で第154直木賞を受賞。67歳での受賞は歴代2位(当時)の高齢受賞だった。

2016年には短編連作『半席』が「このミステリーがすごい!」で4位になり、日本推理作家協会賞補になった。翌年にも短編集『遠縁の女』が「このミス」7位に入り、時代ミステリの書き手としても注を集めている。

時代小説としては、再デビュー作から一貫して、戦国時代幕末といった動乱の時代ではなく、社会が安定している江戸時代中期を舞台「太の世において、武士はどう生きるべきか」というテーマを書き続けている。短編の名手でもあり、特に短編集の評価が高い。これから読む人は、長編では『はもとより』、短編集なら『山入り』か『半席』から入るのをオススメしたい。

作品リスト

  1. たちの水晶1994年、中央論社) ※影山雄作名義
  2. 樫のの下で2011年文藝春秋2013年、文文庫)
  3. かけおちる2012年文藝春秋2015年、文文庫)
  4. 浮木 最後の太刀2013年新潮社
    → 賀の残2015年、新潮文庫[題])
  5. 約定2014年新潮社
    → 山入り2017年、新潮文庫[題])
  6. はもとより2014年徳間書店2017年、徳間文庫)
  7. つまをめとらば2015年文藝春秋2018年、文文庫)
  8. 半席2016年新潮社2018年、新潮文庫)
  9. 励み場2016年角川春樹事務所2018年ハルキ文庫)
  10. 遠縁の女2017年文藝春秋
  11. 跳ぶ男2019年文藝春秋

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E6%96%87%E5%B9%B3
ページ番号: 5552759 リビジョン番号: 2658603
読み:アオヤマブンペイ
初版作成日: 19/01/12 03:11 ◆ 最終更新日: 19/01/12 03:32
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正:景山→影山
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

青山文平について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 青山文平についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス