青菜単語

アオナ

青菜とは

  1. 物、野菜のこと。 「青菜に」(勢いのあった者が急にシュンとなるたとえ)。
  2. 落語の演。本記事ではこれを解説する。

概要

青菜とは、落語の演である。元は上方落語で、明治になって東京にも移入され、江戸落語としても広まった。初心者が見ても、最初は何が面いのか分からない噺なのだが、後になるとその旦那方のなやりとりと、それを真似してっ恥を掻く庶民の所作のギャップを楽しめる、ある意味玄人好みの噺である。

あらすじ

植木屋が、得意先のお屋敷で精を出していると旦那が呼びかける。それは「仕事が終わったら一緒に食事でもどうかね?」ということだった。彼は二つ返事で快諾すると、上物のの洗いをごちそうになり、すっかり上機嫌。だが、わさびが効きすぎて噎せていると旦那が「それなら青菜でもどうかね?」とをかけてくれるので、植木屋はうなずいた。

だが、そこに申し訳なさそうに方がやってきて「昨晩、鞍馬より若丸が居出まして、名を九郎判官」と意味のわからないことを言う。だが、旦那は「義経義経」と返すのだ。何のことかと植木屋は旦那に問いねてみたところ、「自分(鞍馬)が昨晩、名(青菜)を食ろう(九郎)てしまったので今はない」と、客人の前に伝えるのも失礼なのでそういう隠語を使い、そして自分も「義経(良し良し)」と返したという。そのなやりとりに植木屋はすっかり膝を打ち、自分も真似てみよう、そして品位のかけらもない内にも見習ってもらおうと、今晩実践することにした。

さて、植木屋がに帰ると理を言って内を座敷、といっても長屋で部屋がないので、押し入れに押し込めて友人の大工をしているタケが風呂に誘ってくる。植木屋は旦那の振りをして、陰といってはぬる燗を渡し、の洗いと言ってはおからを渡し、そして青菜も勧めようとする。

だが、彼は「青菜は嫌いだ」と答えたので、すっかり困ってしまい、「でもいいから好きって言って!」って泣きつく。大工は訝りながらも「わかったわかった。ほなら、青菜も呼ばれようか」って答えたので、植木屋はぽんぽんと合図をすると、押し入れから内が汗だくになって出てきたので、すっかりを丸くする。

しかし、彼女は暑さでを回していたせいか「鞍馬より若丸が出まして、名を九郎判官義経」と最後まで答えたので、植木屋は間が持たなくなり

「…弁慶

…で?

これで終わりである。初心者のときに見たら「え、何が面いの?」ってなるのは必至である。しかし、当時はこういう落という言葉遊びが大流行した時期があり、高い機転と素養がめられるため、流人の嗜みにもされていた。それを庶民が知識人を気取って真似事をして、っ恥を掻いてしまうというギャップの笑いがあるのである。

それでも面くないと思ってるなら、それでもいいだろう。落語300年は続いてる芸であり、今になって通用しない下げは数にあるのだから。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9D%92%E8%8F%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

青菜

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 青菜についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!