静止型インバータ単語

セイシガタインバータ

静止型インバータとは、鉄道車両に用いられる電装置である。「Static InVerter」よりSIVと略されることも多い。

概要

電車(電気機関車)を走らせるためには照明調、制御機器、メーターなどを作動させる必要がある。しかし車両が外部から取り込む電気は直流1500V(交流では20000/25000V)と非常に高圧なうえ、20%もの電圧変動があるため、そのままをこれらの機器類に使用することはできない。

静止型インバータは、取り込んだ高電圧の電気定電圧・定周波数の交流に変換する装置である。出された60Hzの交流はトランスで適宜変換され、それぞれの機器に供給される。また動作中は独特の一定の周波数の音(インバータノイズ)を発する。「電車の音」として聞き覚えがある方もいるかもしれない。

VVVFインバータは可変電圧・可変周波数を出する装置なので、SIVはそれの機限定版と言えよう。

SIVのような働きをする機器を補助電装置と総称する。補助と名が付くが、車両心臓と言って差し支えない重要性である。
万が一故障すると全ての機器への給電が止まり、車両全に機停止に陥ってしまう。このような事態を避けるため、複数台の搭載やVVVFインバータの代用などで備える場合がほとんどである。

関連動画

動作音

音系MAD

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9D%99%E6%AD%A2%E5%9E%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

静止型インバータ

1 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 19:18:33 ID: bus7lUBzrA
Seishigata InVerterの略かと思ってた
2 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 20:01:16 ID: 1hhaBmH9+R
SIV免疫不全ウイルス)」の記事かと思ったら、違ったのか。