韓暹単語

カンセン

「韓暹」カン・セン ? ~ 197)とは、後漢末期の賊将であり、献帝を助けた功績から大将軍になったものの、曹操にいいようにされて袁術の元へと逃げ出し、果てには袁術を裏切って呂布についたものの、旧友に裏切られて殺された大将(笑)

正史では

元は、巾党の乱に呼応して暴れまわった波賊の将の一人で、その後は異民族匈奴と組んで暴れていた。

董卓が暗殺されて、新たに専横をはじめた李傕李カク)と郭汜郭シ)が仲違いをはじめた為に献帝して脱出した際に、李傕李カク)と郭汜郭シ)の追撃をうけて多くの官吏が殺され、宮女が攫われ、略奪の限りをつくされた為、董承らが偽りの和で時間を稼いでいる間に、旧知の楊奉が先に献帝の脱出を援護していた縁で、他の波賊の楽や胡才らと共に韓暹は賊将から後漢の官軍の将となって、李傕李カク)と郭汜郭シ)の軍勢を追い払った。

献帝を守って事に陽までたどりつかせた功績により、大将軍となった韓暹だったが、いかんせん元が賊の将ということで調子にのり、盗賊の仲間や部下に対して勝手に官職を任命する等した為、董承らからウザがられることになった。

思慮の足りない連中ばかりだとして曹操陽に入り、献帝を本拠地である許に迎えて遷都しようとすると、韓暹の大将軍の地位は大将(笑)としてその正統性を失い俸ストップされてしまった為、楊奉と共に曹操に対抗したが敗れ、袁術を頼って落ちのび、配下に加わった。

その後、袁術の命をうけて、張勲橋蕤橋ズイ)そして盟友の楊奉と共に呂布を攻撃する事になった際には、楊奉と共に陳の策にのって袁術を裏切って呂布につき、袁術軍を敗退させた。

その後、調子にのって略奪していたところに徐州を奪還せんとす劉備が現れ、楊奉は招かれた宴の席で捕らえられて殺され、韓暹も逃亡中に、旧友宣に裏切られて殺され、その首は劉備を経て曹操の元へと送られた。 

演義では

基本的には正史と同様で、袁術の配下となっていた際に、陳の策にのって袁術を裏切って呂布に味方したが、陳により呂布から遠ざけられると、呂布から徐州を奪い返さんとしていた劉備軍の関羽張飛最強義兄弟により、徐州で略奪しているところを攻撃されて討ち取られた。 

その他「韓暹」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

 

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける韓暹の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 47 19 62 74 73
三國志II 43 41 40
三國志III 56 38 27 45 45 16
三國志IV 52 56 40 29 47
三國志V 63 30 19 39
三國志VI 39 62 35 21 28
三國志VII 68 42 36 52
三國志VIII 68 39 37 52
三國志IX 71 69 33 37
三國志X 69 67 35 36 48
三國志11 69 66 36 18 51

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9F%93%E6%9A%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

韓暹

1 ななしのよっしん
2013/03/02(土) 16:33:24 ID: htYlaSmlKa
架空戦記幻想三国志見ててキーパーソンに近い役回りだったから名前を覚えた
実物はハチャメチャだなw
2 オックセンマン@仮想軍団主
2019/03/19(火) 18:29:05 ID: nKKJs1sQTD
いかんせんw