響ミソラ単語

ヒビキミソラ
4.2千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

響ミソラとは、流星のロックマンヒロインの一人である。CV:福圓美里

 

ミソラ

 

概要

主人公星河スバルと同い年の少女である大人ミュージシャン
誕生日8月2日。好きなものはとろけるクレープ。嫌いなものは足の多い
ピンクフード付きパーカー短パンというボーイッシュな格好で、趣味は歌うことと料理
だが前者はともかく後者の腕前は微妙らしい。

作中でFM人ハープと遭遇。紆余曲折の末意気投合し、彼女を借りてハープ・ノートに電波変換するようになる。

上記の基本設定は原作ゲームアニメ版で共通しているが、性格に関してはそれぞれでかなり異なる。

ゲーム版で彼女メインヒロインとして挙げられているのは、主人公スバルの最初のブラザーだからである。

ゲームのミソラ

流星(1作目)

初登場シーンシナリオ3の冒頭で、突然いなくなったウォーロックを探すためにいつもの展望台に向かったスバルミソラの音楽を聞いたところで出会った。
この頃からコダマタウンでは歌手として有名で、牛島ゴン太最小院キザマロなどファンが多いのだが、自宅にいがちで流行に疎いスバルは素性を知らないまま、彼女と接していくようになる。
歌手を始めた理由は、病床の母親を励ますためで、彼女の勧めでオーディションを受けてデビューした。いつも背中にかけている用のギター母親からプレゼントされたものである。
しかしミソラの歌をけの具としかみなしていないマネージャー金田金太郎によって、次第に自分の思うように音楽活動ができなくなり、母親も病死。その悲しみと、的を見失った彼女の気持ちを理解せず、の為に歌わせようとするマネージャーへの怒りをFM人ハープにつけこまれ、電波変換。FM人の兵となりかける。
現れたロックマン戦闘し、その後、同じように大切な人を失った悲しみを知っているスバルの説得により心、ハープとも和解する。
自分と向き合うために引退コンサートを行い、コンサートの後、父親の心のを聞いたスバルからブラザーバンドを申し込まれ、泣きながらこれに快く応じる。こうしてミソラとスバルは互いに初めてのブラザーとなった。
以後、お互いに正体を知っているスバルとは戦いにおいて協しあい、現実世界でも友達以上恋人未満的な関係が続いていく。
エンディングでは、同じくスバルに思いを寄せているもう一人のヒロイン白金ルナと女の戦いを繰り広げていた…。

ミソラがブラザーになっている間、ロックマンにはアビリティファーストバリア」(バトル開始直後にバリアられる)と「アンダーシャツ」(致死量のダメージを受けてもHP1で耐える)が付加される。

流星2

前作と同じくシナリオ3から登場。引退してしばらくの後、歌手活動を再開したことを明かす。
歌の創作でしばらく外の空気を吸っていなかったようで、スバルに会いに来たのは、
デートに誘うためである(「こういうことに誘える男の子スバルくんしかいないから」らしい)。
ロッポンドーヒルズの美術館オーパーツなどの展示品を見学するさなか、スバルとともに事件に巻き込まれる。
事件後、携帯端末が変わったため再びブラザーバンドを結ぶ。
シナリオ3の終盤、ブライの生み出した異次元に引き込まれ、スバル達と離ればなれになってしまう。

シナリオ6にて仲間が見つけた手がかりを元にバミューラビリンスにやって来たロックマンと再会するが、
「これ以上関わらないで」と突っぱね、突如ブラザーバンドを切ってしまう。
実は異次元に引き込まれた後、飛ばされた場所でオリヒメの側近エンプティーに「ロックマンに危を加えたくなければ々に協しろ」と脅されていた。
実際に、ハープ・ノートにはバミューラビリンスを突破する特別なを持っており、
エンプティーはそれを利用しようとしていたからである。
初めてのブラザーに裏切られたショックで前作冒頭と同じ状態(ウォーロックく「しょんぼりモード」)になってしまったスバルだったがルナの一により立ち直り、バミューラビリンスにて、説得するため、やむを得ず、戦闘となる。戦闘後、説得に応じたミソラはオリヒメ一味に協していた理由をり、スバルブラザーバンドをもう一度結んでほしいと頼む(再びブラザーになったとき、キズナリョクが50から80に増える)。

ラビリンス最深部でキズナを毛嫌いするブライに対してロックマンの身代わりとなり、重傷を負ってしまう。
シナリオ7、ラビリンス脱出後、ゴン太たちに病院に運ばれるが、世界中が混乱する状況の中、スバル達のもとに現れ、美術館ガイドから説明された「ほろびのぜんちょう」を思い出させ、オリヒメ一のブラザーであるエンプティーにも気をつけるよう伝えた。

流星3

シナリオ2から登場。いなくなったジャックを探すスバルを後ろから目隠しで襲い現れる(というイチイチプレイくもプレイヤーに見せつける)。久しぶりの電波変換でトランスコード004に認される。ウェーブロード学校屋上に向かい、演のテレビドラマエキストラとして出演してほしいとスバル達に依頼する。
場所のオクダマスタジオに到着したスバル達にドラマで共演する同期スズカを紹介する。スズカはミソラをすべき標としている優しい性格の友人だが、マネージャーであるウィザードアイス」には敵対心むき出しの態度を取られている。
ドラマ後、久しぶりのコンサートに臨む。ミソラとロックマンへの復讐を企むダイヤアイスバーンのコンサート会場の特設ステージが凍らされてしまうが、ファンを不安にさせないために、歌い続けた。

シナリオ3では、グラビア仕事シーサーアイランドに来ており、偶然にも修学旅行で訪れていたスバル達と出会う。この後、ヒールウィザードスバル仲間たちの持ち物と共に、ポーチを盗まれてしまう。この時、取り返せる持ち物(委員長ハンカチ/ミソラのポーチ/ゴン太のTシャツ)を三択で選ぶイベントが発生する。
ミソラのポーチ」を選んだ場合、ビーチでスバルと二人きりになるイベントが見られる。
それ以外を選んだ場合、バーベキューを一人(またはルナと一緒に)やけ食いするイベントが見られる。

スバル達がサテラポリスと関わるようになってからは、スバルゴン太、暁シドウとともに「サテラポリス遊撃隊」に参加、電波変換できる数少ない人間としてディーラーに立ち向かう。
ディーラーアジトでは大量のノイズに苦しめられながらも、健気にロックマンサポートする。

ロックマンエグゼ オペレートシューティングスター

ロックマンエグゼ』と『流星のロックマン』のクロスオーバー作品である『ロックマン エグゼ オペレート シューティングスター』にも登場。

新規シナリオボスクロックマン」にロールと共に誘拐されてしまう。

シナリオでは「S.S.ロックマン」同様、「ハープ・ノート」の姿のみの登場だが、「ミソラちゃん」と呼ばれる。

また、彼女の顔アイコンは今までのシリーズのものと異なり、新規作成されたものである。

アニメのミソラ

原作のような重い設定はく、元気で活発な面が強調されている(これはゲーム版の初期設定が反映されたようである)。初登場時はハープに洗脳されており、その後もしばらくは彼女にだまされていたが、割りとあっさり和解した。
ちなみにアニメが放送された時点では制作スタッフが「ハープ・ノート」という名前を知らなかったらしく、劇中では「ハープ・シンガー」と名乗っている。その後の回では「ハープ・ノート」に修正されている。

FM人との戦いでは、ロックマンピンチになった時に助太刀するように登場することが多く、
この立ち回りは初代ロックマンシリーズブルースを彷彿とさせる。

物語の終盤までロックマンの正体を知らなかった(一方でスバルは中盤の大量のウイルスとの戦いで意識を失い電波変換を解く場面に遭遇したので、ハープ・ノートの正体に気づいていた)。
ジェミニ・スパークに襲われロックマンに助けられた後、スバルの自宅で互いの素性を知り、アンドロメダとの最後の戦いに臨む。地守からスターキャリアーを受け取った後、ゲーム版ではかったバトルカードを用いた戦闘を披露している。

電波変換できるようになったのをいいことにいきなり世界旅行に出かけてしまうなど行動フリーダムで、一言で言えばたくましい性格となった。マネージャーである金田やキャンサーを振り回すなどゲーム版での関係が逆転している。戦闘シーンも単独、共闘ともに多い。

ハープ・ノート

FM人ハープとミソラが電波変換した姿。1,2ではボス、3,OSSではNPC

ロックマン同様人間時から体はあまり変化していないが、金髪になった手なピンク衣装それなりに印は異なる。

使用する技

ハープ(FM星人)

ウォーロックと同じく、FMプラネットから地球にやって来た、こと座FM人。「ポロロン」が口癖。
けの為だけに歌わせようとするマネージャーから逃げミソラの元に現れ、
「アナタは 音楽を に変えることのできる 選ばれた人間」と評し、
彼女孤独の心のスキマにつけこみ、「ハープ・ノート」に電波変換させる。

FM人としての使命はウォーロック同様、どうでもよいらしく、
ミソラだけは守ってあげたいと考えており、ロックマンとの戦いに敗れたあとは、
すぐさまミソラと和解し、行動を共にするようになる。

FMプラネットにいた頃からウォーロックと旧知の仲のようで、
たびたび苦手を思っているウォーロックにちょっかいをかけることが多い。

流星のロックマン3』では、携帯端末「ハンターVG」によってミソラのウィザードとなる。
ミソラのハンターVGによれば、彼女の役は「ミソラのファッションチェック」などである。

アニメ版のCV氷上恭子

関連動画

関連画像

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9F%BF%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%83%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

響ミソラ

98 ななしのよっしん
2020/12/31(木) 10:55:51 ID: o7XiSdsPBq
>>90 ありがとう。
89です。聞いといてなんだが諦めてた。すまんマジありがとう。しかし、ミソラがとある作者されたのかと思ったら、一人の作者によってルナの質と量がめちゃ押されてたのか。確かに一冊だけ持ってるが、うむ、素晴らしいものだ。
99 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 03:51:02 ID: o7XiSdsPBq
SPに曲があると聴きアドベンチャーを頑ったが、ショップ排出だった。ショップの中身ランダムで時間切替だからアドベンチャーより大変説ないか?実はもうすぐ出るかな。というか、大変恥ずかしながらBGM集の再販くしてくれ。1かるく
100 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 04:00:20 ID: o7XiSdsPBq
恥ずかしながら、サウンドトラックの再販ないかね。く買わなかったのが悪いと言われたらそれまでだが、あんまりにもあんまりな値段してるぞ。カプコン流石に不本意だろ。だろ!?
ロックマンエグゼとか歴代を見習え!丁度いい中古価格じゃないか!なんで急に需要と供給が狂ってるんだよ!おかしいよ!
後、曲がった3DS使ってたせいでソフトの接触悪くしたの馬鹿でしかないけど、流ロク3の値段もバカバカ。予備買えないわ。しかし少し嬉しい気持ちもあります。
101 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 06:55:21 ID: o7XiSdsPBq
久々に開いた流れで圧倒的スレチを犯してしまいに申し訳ございません。しかもコメ100ミソラファンとして重罪。コメが消せれば!!!
102 ななしのよっしん
2021/05/26(水) 21:00:58 ID: niYw7SSjda
アニメで活発に変えられたっぽいけど、そもそものビジュアルイメージからして快活なイメージしか湧かないから妥当なとこだと思う
(そういうギャップがたまらないっていう人もいるんだろうけど。あと1ではのことやのことしか考えてないマネジャー存在もあるし、2だと敵に脅されてたっていう事情もあるとは思うが)
103 ななしのよっしん
2021/06/01(火) 22:43:30 ID: FWcl7cmNnD
最近は某スバル×ミソ絵師のお陰でミソラちゃんが再熱したよ
シューティングスター歌詞泣けるよなぁ…
104 ななしのよっしん
2021/09/13(月) 11:01:14 ID: Ej66g+MxRx
X Diveでハープ・ノート参戦。
がないのが残念
105 ななしのよっしん
2022/03/22(火) 19:36:39 ID: Zp5iK13J5z
ビアンカポジなのはよく解るんだが、メインヒロインと言われるとうむむ…となる
大事な所でちゃんといちゃつくし、いつかスバルとくっつくんだろってのは解るんだけど、委員長の方がヒロインっぽい事してる気がするんだよな~
106 ななしのよっしん
2022/06/27(月) 12:03:38 ID: Qf01CVfuBy
>>105
ミソラと委員長普通ビアンカフローラみたいな感じでプレイヤー自身の選択方式にした方が良い気がする
107 ななしのよっしん
2022/06/29(水) 02:36:01 ID: msmt5l2q/3
メモ
流星のロックマン2公式HP壁紙があると聞いたけど、当時のサイトは全部flashで今となってはまともに見る事すら出来ない
swfバイナリは保存されてたから"SWF Decompiler, SWF to FLA"で順番にDLして中を見た結果、画像は以下のURLの場所にあったらしい
http://www.capcom.co.jp/ryusei2/swf/download/misora_wp2_1280x1024.jpgexit (wp1 wp2 wp3 と番号が増えていった様だ)

流石にそれはinternet archiveにもかったけど、ファイル名で検索したら海外の画像掲示板に、当時保存されたであろう画像があった
https://e-shuushuu.net/search/results/?page=1&tags=628exit
misora_wp1_1280x1024 から misora_wp12_1280x1024 まではあったけど、wp2 だけが抜けていた。か持ってる人いない?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド