項燕単語

コウエン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

「項燕」(こう・えん ? ~ 紀元前233年)とは、中国戦国時代末期の楚のの武将であり、滅亡へと進む楚のを支えた大将軍である。

始皇帝没後に楚を再した「項梁」「項伯」のであり、西楚の覇王項籍項羽)」は孫にあたる。

概要

楚のに仕えて項の地に封ぜられた事から「項」氏を姓とした武の出である。

紀元前225年、王「嬴政」は、大将軍の「李信」と「王翦」に楚の攻略に必要な兵の数を聞き、王翦が60万と答えたのに対して李信20万と答えた為、王翦は碌したものと思って李信20万の兵を与えて楚攻略を命じた。

恬」と共に20万の軍を率いて楚に侵攻した李信が二手に分かれて楚のを次々おとしていった為、項燕は二手に分かれていた李信恬の軍が合流したところを狙って奇襲し、7人の敵将を倒して李信恬率いる軍を破った。

紀元前224年、今度は王翦が60万の兵を率いて楚攻略を開始した。

王翦のガードを固めて不用意に出撃しない戦法にとった為、兵は攻めてこないと楚兵の心に隙が出来たところに王翦の奇襲をうけた項燕は敗れた。

※史書によってはこの際に、楚王「」が捕虜になり楚が滅亡した事になっている。

逃げ延びた項燕は、に仕えていた楚の子「君」を楚王に擁立してに対して反抗したが、紀元前233年に王翦と「蒙武」が率いる軍の攻撃をうけて敗れ、君は戦死し項燕は自殺した。

※史書によってはこの後に、楚王「」が捕虜になり楚が滅亡した事になっている。

統一を果たしたに対して起した陳勝・広らが、当初自らを項燕・子扶始皇帝長男で謀殺された)と詐称したことからも、彼が楚の人々に慕われていたことが知れる。

項燕の遺志は、武信君「項梁」と西楚の覇王項籍項羽)」に引き継がれ、始皇帝となった嬴政が死した後に楚王の血族を探し出して新たな王に立てて楚を復させ、を滅亡させた。

その他「項燕」の詳細についてはWikipediaの該当項目参照exit 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A0%85%E7%87%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

項燕

2 ななしのよっしん
2013/05/01(水) 00:32:03 ID: 2RA0pt9WmQ
最初は項項燕かと思ってたけど別人物なんだよなー
ただ何も関係いとは思えないし項項羽父親かなと思う
つばめつばさだし

かしこの人、敵の将軍李信恬とはいえ大陸最強の精鋭20万を全に撃破するとか名将にも程がある
3 ななしのよっしん
2013/06/24(月) 17:41:59 ID: FLmZ87+6ZE
>>2
李信テンとはいえ?その二人は当時の中華でも最高クラスの名将だが?
4 ななしのよっしん
2013/11/18(月) 05:36:12 ID: C5XjHnfjaQ
ちなみに戦国末期軍の進攻を防いで破ったのは項燕牧の2人だけ
そしてその2人を倒したのも王翦という

まあ、牧は離間策で味方に殺された様なもんだけどね
5 ななしのよっしん
2014/01/29(水) 10:55:11 ID: YPtzRTCaI6
紀元前244ゴウを攻めて13を取る 紀元前242ゴウを攻めて20を奪う 紀元前241の五ヶが合従しを攻めるが敗退 紀元前240ゴウ死没 紀元前236年 王翦・桓騎・端和がを攻める 紀元前234年 桓騎が陽を攻め10万人殺す
紀元前233年 桓騎がを攻めるも牧に敗れる
紀元前230年 騰がを滅ぼす
紀元前229年 王翦・端和がを攻める/牧王命により殺される
紀元前228年 王翦・羌カイを滅ぼす
紀元前227年 王翦がを攻める/政がの刺客に命を狙われるも返り討ちにする
紀元前226年 王翦・王賁李信を攻める/昌文君死没
紀元前225王賁を滅ぼす/李信恬が楚を攻めるも項燕の奇襲によりほぼ全滅の大敗
紀元前224年 王翦・李信恬が楚を攻め楚王を捕える
紀元前223年 王翦・蒙武が楚を攻め君を殺す/項燕自殺
紀元前222年 王翦・蒙武が楚を滅ぼす/王賁を滅ぼす
紀元前221李信
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
6 ななしのよっしん
2014/01/31(金) 15:26:11 ID: C5XjHnfjaQ
>>5
流石に王翦とべたら・・・w
恬は対匈奴と長建設、李信は子孫(異説有)の方が有名だから仕方ないね

しかし項燕と王翦の孫が再び敵同士で相まみえるとか、世の中ワカランものだ

7 ななしのよっしん
2015/02/04(水) 15:48:19 ID: HbbLPKTgU4
はやたら厳しい法治・軍法を取り入れてて
兵士も死に物狂いで働いて強かったというから
率いる将は大したことなくても成果を出せたのかもしれないw
特に大軍の運用であるほど有利だったんじゃないか
8 ななしのよっしん
2015/02/04(水) 18:24:05 ID: hGLDGjO5JX
10万をえる軍勢になると単純に数対数の戦いではなくなってくるよ
どんな広い場所でやっても交通渋滞しちゃうからね
それに食料の問題も大変になる
そうなってくるといかに手広く布し、その隅々まで作戦を行き渡らせるかという戦いになってくるから、
大将軍がやることは数倍になる。大群を率いられる将軍ってのは当時でも限られてるはず
韓信も言ってたけど、劉邦はせいぜい動かせるのは10万まで、自分は多ければ多いほどいいと。
多くなってその分有利に出来るってのは将軍としての才だから
王センの60万人の軍隊の揮は相当見事なもんだったんだと思う
9 ななしのよっしん
2016/10/29(土) 20:44:00 ID: 5XVYgnP1mV
項羽普通中華歴代最強説があるから
そのおじいちゃん項燕ならキングダム的にとんでもない描写されそう
武神より格上的な
10 ななしのよっしん
2018/03/20(火) 11:45:57 ID: OtdghdiZr4
孫の七りや
11 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 22:55:22 ID: RGlFLzYJgy
>>9
そもそも武神が何であんな武芸一辺倒なキャラになったんだか分からんのがなぁ…
史実だとむしろ兵法の側面が強い人物だし
まぁ遊説の汗明があんな猛将になってしまう辺り、気にしたら負けなんだろうけど
それもあって項燕がどんな描かれ方をするかは想像しづらいな

>>10
項羽(項梁)決起時はむしろの大軍を打ち破った祖)の七りだったんだけどね。
項羽異次元なだけで、項燕は名将だよ

急上昇ワード