顧雍単語

コヨウ

顧雍とは、三時代に登場する人物である。
西暦168年生まれ、243年没。

蔡邕に評価された名臣

字は元県(江)の出身。
後漢大学者である蔡邕がに滞在した時、琴と学問を教わったことがある。蔡邕は顧雍の非さを見抜き将来大成するだろうと言い、自分の名前と同じ読みの名前(雍)と、自分も驚く人物という意味の漢字(「」)を字に与えたという説が正史の注にある。

20歳で州との役所に推薦され役人勤めをしているうちに孫呉の配下となる。孫権は会稽(浙江)の太守に任ぜられていたが顧雍を代わりに派遣する。会稽で反乱が起きた時は武装していちくこれを鎮圧する功績をあげ、孫権の元に戻った後も出世を重ね、孫権王を称すると尚書となる。

顧雍を飲まず寡黙な人物だったが、公式で発言する時は穏やかな表情を見せ、しかし正しいと思ったことは必ず直言した。意に反したことは厳しい顔つきをして一言も発しなかった。孫権は「顧は普段はらないが、ものを言えば必ず的を射る」と評価していた。孫権宴を開いても、はしゃぐ君と違い左右の者は顧雍を気にして羽を外すことがくなったため孫権は「顧がいるとが楽しめない」とボヤいていた。

孫呉の第二代丞相

孫呉の初代丞相は孫という人物だったが、225年(武4年)5月に死去した。
群臣の大多数は最長老の張昭を次期丞相推薦したが、孫権が選んだのは顧雍だった。

丞相尚書事となった顧雍な人事を行い、民間からも意見をめ、適切な案があれば全て孫権に上奏した。献策が用いられた時は孫権のおかげとし、用いられなかった時は決して他言しなかった。ある時張昭が今の法律は煩雑で刑罰が重い孫権に提言して、孫権顧雍の意見を聞くと「それがしも張昭殿と同じ評判を聞いたことがあります」と言い、はじめて孫権は刑罰の緩和を認めた。

孫権は晩年、呂という佞臣を重用して内は大いに乱れたが、後に悪事が発覚し呂につながれた。顧雍は呂の讒言のせいで孫権の譴責を受けた被害者だったが、私情を交えず穏やかな表情で呂を取り調べ申し開きをさせた。呂頭するばかりで何も言えず、彼を面罵する左右の者に対し顧雍は法に外れたことはしてはならない、と咎めた。

243年(6年)、76歳で没。丞相職は陸遜が武鄂州)に駐屯したまま引き継いだ。死の直前、末子の顧済を騎都尉に任命されたと聞き、顧雍は「先に自分を見取った医者は死期を診断するのに巧みだ、自分の死期が近いから陛下はあのような計らいをしたのだ」とった。

家族

  • 顧奉 - 曽祖後漢の潁太守
  • 顧徽 - (一説には叔父)。江東を攻めるという噂が本当か確かめ曹操の元に使者に行った時、の内情を伝えて曹操の信頼を得る一方、曹操は河北定に手一杯で江東まで手が回らないという実情を掴み孫権に報告した逸話がある。世した
    • 顧裕 - 甥(または従弟、顧徽の子)。若くして鎮東将軍となった
  • - 長男孫策を娶り、将来が期待されたが世した
    • 顧譚 - 孫(顧長男)。孫権の信頼厚かったが二宮の変で失脚、流刑先の交州で死去した
    • 顧承 - 孫(顧の次男)。に連座し、流刑先で死去した
  • 顧穆 - 次男。名は顧裕とも伝わる。不治の病のための顧済に督を譲ったが、先に死んだ顧済に跡継ぎがかったため顧を継いだ
    • 顧栄 - 孫(顧穆の子)。後述
  • 顧済 - 末子。顧雍死後に督を継いだが後嗣なく没した
  • 顧悌 - 顧雍の一族。である顧向への並外れた孝行で有名

顧栄

字は先、顧雍の孫で顧穆の子に当たる。孫呉最後の君である孫皓の代、多くの群臣が孫皓に処罰されたが顧栄は孫皓に「今後、待郎を任命するには孫と顧栄のような者でなくてはならない」と評価されていた。

孫呉が滅びると晋王朝に仕官して要職を歴任した。の滅亡の一因となった八王の乱に危うく巻き込まれそうになるが間一を逃れ、やがて職を辞してに帰る。顧栄は「二陸」陸機・陸兄弟と親しく(三人合わせ「三俊」と呼ばれていた)、陸機に対し一緒に帰ろうといったが陸機はこれに従わず結果非命に倒れることとなった。

故郷のではちょうど陳敏という者が反乱を起こし、かつて孫呉に関わった多くの族が参加した。顧栄は当初これに参加するが、陳敏の統治に失望して、政府側から勧告が届いたのを機に寝返り、甘卓(甘寧の曾孫)や周(周処の子)と共に陳敏を討伐、これを打ち破った。

瑯邪王の司馬司馬懿の曾孫)が八王の乱を避けて建業に来ると江東族代表の一人としてこれに協し、王導や王らの中央出身の貴族らと提携し東政権の土台を築こうとした矢先の312年(永嘉6年)に病没。東江東族ではなく王導らの中央貴族政を大きくリードしていくこととなる。

に似て琴の名手で、死んだ時友人の翰が元にあった琴を数曲かき鳴らして慟し、泣きながら帰った話が『世説新』にある。

各メディアにおける顧雍

三国志演義

張紘推薦孫呉に仕える。赤壁の戦い、開戦に反対する群臣の一人として諸葛亮に論戦を挑んで敗れる。孫権皇帝に即位した時に丞相となった。

三国志大戦

Ver3.5では防柵再建の持ち。再建じいさんの二ほどではないがそれなりのサポート役はしてくれるはず。

ニコニコ動画における顧雍

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A1%A7%E9%9B%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

顧雍

3 ななしのよっしん
2013/08/07(水) 10:13:48 ID: NKoOhp6inK
はクレイジーもしくはエキセントリックな連中多いからなー。
顧雍は初期の政権内ではしく物静かな人で好感が持てる。
孫は孫権宴で騒ぐような性格だったが。
4 ななしのよっしん
2013/10/05(土) 04:46:58 ID: We4gRKw7t7
>>3
彼は「の四姓」だからガチガチ人なのに、
正史からえる人物像は中原の清流士大夫っぽいですね。
5 ななしのよっしん
2013/11/08(金) 23:00:58 ID: NKoOhp6inK
顧雍諸葛瑾基はの良心。
張昭虞翻etcが逆撫でした孫権の心を落ち着かせる鎮静剤。
6 ななしのよっしん
2014/08/09(土) 12:47:21 ID: ZZSx413rrn
張昭虞翻は落ち着かせる鎮静剤じゃなくて、孫権ぶっかけだと思うの
7 ななしのよっしん
2014/09/03(水) 21:03:47 ID: NKoOhp6inK
>>6
だから、その二人が孫権の心を逆撫でする劇薬なんやで。
8 ななしのよっしん
2014/09/04(木) 11:36:38 ID: 4ge/Ljs8CD
陸遜劇薬だよな・・・
9 ななしのよっしん
2015/03/09(月) 22:18:21 ID: FhsfvwEwgM
あくの強い連中いの中にあって、
顧雍の穏やかさは重だったんだろうなあ。
このひとも実は頑固
ただ、自分は身を清く保つけど、
他人に干渉がましいことはしない、
自他の区別がちゃんとついてたから、
それだけでも孫権(の面子)にとっては
ありがたい臣下
張昭といい虞翻といい、確かに正しいかもしれないが、
衆前で気で君に恥をかかせやがるw
10 ななしのよっしん
2015/08/01(土) 13:57:08 ID: gVEkc+OZfb
孫の顧栄の記事もあってGJ
顧栄って滅亡から東成立までの時代の江東族のリーダーってイメージ
歴史的には相当重要人物だと思う
11 ななしのよっしん
2017/07/21(金) 18:08:48 ID: KyAoh4TM8Q
重臣・官僚の鑑みたいな人だよな
被害者でもあるのに正な聴取をした上にリンチを防いでいる
もさることながらとても余人には真似できない法治義者にしてモラリスト
この点は諸葛亮に勝るとも劣らない
12 ななしのよっしん
2018/02/25(日) 01:04:04 ID: cjCFONpmkL
心優しき孫呉一の大
それが顧雍さんなのだ(*^_^*)