風不死岳事件単語

フップシダケジケン
2.4千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

風不死岳事件とは、1976年6月4日~9日にかけて起こった獣害事件である。

この事件には特に正式名称はなく、「不死岳事件」「不死岳の遭難事件」など呼び方は様々である。
本記事では一番スタンダードだと思われる呼称で紹介する。 

概要

北海道千歳市支笏湖南東に位置するカルデラ山、不死岳(ふっぷしだけ[1])にタケノコ採り[2]にやってきた人々が、ヒグマによって次々と襲われた事件である。
複数の重傷者を出したうえ、9日には死亡者が2名出るなど、知名度は低いが被害は甚大な事件だった。

これだけならばただの運の悪い事件なのだが、その内情は結構複雑である。以降事件の経緯などを記していく。

6月4日から5日・前兆の出来事

5日、不死岳にタケノコ採りにやってきた53歳の男性がいた。
彼は気が済むまでタケノコを採り、満足して作業を切り上げて、既に帰り支度を始めていた。すると、後方の藪から音と何かの気配に気づいて、男性は振り返った。そこにはヒグマがいた

男性の対処は適切であった。ヒグマ男性の様子をじっとっているようだったので、彼はを見開いてじっとヒグマを睨み、静かに後ずさっていくことにした。彼はヒグマを刺しない方法を知っていたのだ。
しかし、この男性、注意は散漫だったのか、突然藪に足をとられてしまい、おもいっきり転倒してしまった。
ヒグマはそれを見て一気に男性に向けて駆け出し、飛びかかった。そして左足に噛み付き、左右に男性の足を振り回し、なんと噛み千切ろうとしてきた。

こうなっては男性パニックである。まだ事な右足を使って、男性はとにかくヒグマの顔面を何度も何度も蹴りつけた。
流石に怯んだのか左足を一度は離したヒグマだったが、今度は大きなで右足を押さえつけ、これを引き千切ろうとし始めた。

死の瀬戸際とも言えるほど危機的状況に陥った男性だったが、そこへ一緒に来ていた義(46)が騒ぎを聞きつけてやってきた。義は状況を把握するとヒグマを睨みつけ、大で怒鳴って威嚇した。その大に驚いたのか、ヒグマはようやく男性の足を離し、藪の方へと逃げていった。
難を退けた2人は、その後すぐにその場所を離れて警察通報した。

すると、実は前日の4日にも、不死岳で山菜採りをしていた5人グループに、突然ヒグマが襲いかかってきたという事件があったことが判明した。男性を襲った個体は既に人に危を加えていたのである。

立て続けに起こった2件のヒグマ襲来を受けて、警察不死岳にヒグマ出現警報を出し、入山を控えるよう呼びかけた。こうすればしばらく被害は起こらない。

…………はずだった。

6月9日・最大の惨事発生

9日、不死岳に11名という大所帯のグループがやってきた。彼等の的もタケノコ採りだった。この日もヒグマ出現の警報は出ており、まだ予断を許さない状況にあった。

警報が出ているが、大丈夫か?」「大丈夫だ、問題ない

しかし、グループはその警報無視することにした。彼等は自動車を近くに止めて解散し、正午にまたこのまで集合するという取り決めをして、各自山に入ってタケノコ採りを始めた。

やがて集合時間になった。続々と仲間達が戻ってくるが、3名だけいつまで待っても帰って来ない。心配した彼等はグループから2名を再度山に派遣し、戻らない3名の捜索を開始した。

藪の中を探していてすぐに、に襲われたらしい1名が倒れているのを発見した。この時点で彼等は最悪の事態が起こったことを悟ったであろう。負傷した1名を病院に搬送しつつ、残りの2名を探す為、危険を覚悟でへと進んだ。

やがて、さっきの負傷者よりも手酷くやられ、瀕死の状態で倒れている仲間の1名を発見する。すぐに助けようとしたかったが、近くにはヒグマもいた。しかも救出に来た彼等の接近に気づいてしまい、明らかに寄ってくる様子だったので、彼等は瀕死の1名の救出をやむなく諦めて、安全なまで戻った。

午後3時通報を受けてやってきた警察猟師が到着し、再度山の中の探索を開始。すると、先程倒れていた瀕死の人物が、ヒグマに食われているところに出くわした。猟師はそれを見て、すぐにヒグマを射殺した。

食われていた1名は既に死亡していた。さらに捜索を進めていった午後5時、もう1人の遺体も発見された。

この事件で、死者2名、重傷者1名という被害を出した。

瀕死で放置されていた死亡者は、足の筋肉を食らわれていたという……。

事故拡大の原因

言うまでもなく、タケノコ採りのグループ警報無視したため、重篤な負傷者がいなかったこの事件の被害一気に拡大してしまった。

もう一つ付け加えるなら、4・5日に発生した事件もまた、人間が知らない間にヒグマテリトリーに入ってしまっていたからこそ、起こったのである。
5日に起こった事件は2名ともヒグマに対する対処法を知っていたことから、結果として命が助かることになったが、グループで発生した死亡・負傷者に関してはどういった対応をとったのかは不明である。

関連動画

風不死岳事件はマイナーなため、動画がありません。か作ってくれる日を願って……。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *アイヌ語呼称フプシヌプリ(=トドマツ(hup)が生えている(us)山(nupuri))より。しかし1954年洞爺丸台風により往年の椴は失われている。2011年に活火山に選定された
  2. *タケノコと言っても大仲間であるチシマザサ(Sasa kurilensis, 俗称ネマガリタケ)の筍である。も18世紀以降に琉球薩摩経由で大陸のモウソウチク(Phyllostachys heterocycla)が帰化するまでは古来のマダケ(P. bambusoides)やハチク(P. nigra var. henonis)と並んで日本の一般的な筍の一つであった

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A2%A8%E4%B8%8D%E6%AD%BB%E5%B2%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

風不死岳事件

28 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 21:14:59 ID: xhIHAcwtej
やっぱ一度人を襲ってを食うと味を占めるんだな
29 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 08:18:40 ID: HMmZ8DOR/J
カールデンゴムイでありそう
30 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 11:14:46 ID: T0K4R5uCaw
>>10
クマ雑食ゆえに積極的に動物を襲ってを手に入れなくてもいいから大抵の動物より狩りが下手という話を聞いたことがある
31 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 11:34:04 ID: zgA5PAmZXr
>>28
人間なんて「走るスピードは(鹿などとべて)クソ遅く、防御はないのでワンパンで倒せて、抵抗されても殴る蹴るの攻撃も低く、上手くいけば人間の食糧ボーナス背中に詰まってる」という最高の食糧を狙わない生物はいないからね。

「バレちまったわけだ・・・人間様が弱い生き物だって」って元のセリフの通り、生息圏が被らずたまに知らんデカい音出してきて得体が知れないから狩らないだけで、相対してクゾザコナメクジだとわかってしまえばこんなにも楽に狩れて量も多い格好の餌ってワケよ
32 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 13:52:51 ID: R44XMy54kJ
人間雑食だからおいしくないと聞いたことがあるが
減ってれば関係ないんかな
33 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 14:57:45 ID: t3te0AI8J5
まあ人間食にするようになると集団で駆除にかかるから、結果的に人間を知らない個体しか残らなくてからすれば得体の知れない変な動物のままであるわけか

駆除される前の被害者数字に加わりたくなければ出会わないようにする他ないが
34 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 15:02:15 ID: t3te0AI8J5
カムイといえばもうひとつ、
キョンを商業利用しない理由は採算を考えだすと駆除効率が落ちる、なんならや毛皮を大きくするために小さいのは見逃したりしだす恐れがあるからだそうな
ウェンカムイは食わないってのも気持ち悪いから意外に、損得度外視で駆除しないといけないっていう経験則が元なのかもな
35 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 15:42:37 ID: wwEoPOGtgc
>>28
生物なら基本全部そうだと思う。
も餌が確実に食える場所は忘れないだろうし、
人間もおいしい思いしたらやめられなくなって依存する。

>>31
からしたら人間なんてワンパンツパンで倒せるザコだが、たまにメラゾーマザラキ(火器等)ぶっぱなされて殺される事もあるような相手だろうな。
人類史上最強の腕の持ちには敵わんのかな?
36 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 15:58:40 ID: aQy56hIYdh
タケノコ掘りも命がけだな
37 ななしのよっしん
2022/05/18(水) 16:00:09 ID: A56ddeGChI
タケノコを殺してるんだから殺されてもお互い様なんだよ

ニコニコニューストピックス