風邪単語

カゼ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

風邪とは、病気の一つである。正式名称は感冒(かんぼう)。広義の風邪は普通の風邪と流行性感冒(インフルエンザ)を含むが、ここでは前者のみをあつかう。後者についてはインフルエンザの記事を参照のこと。

概要

西洋医学的には「風邪症候群」と呼ばれる。おもに上部気(鼻、のど)の局所的炎症を伴い、熱、せき、鼻水、鼻づまり、頭痛を引き起こす。また、ときおり腹痛下痢などの消化器官の炎症も生じる。

これまでの研究により、風邪は、数種類のウィルス(原因の8090%)、または、細菌(10~20%)の感染によって発病することが明らかにされている。感染後発症までのの潜伏期間が1~3日ある。

原因が非常に多種のウイルスによるものであり、さらにウイルスが変異を繰り返すため特効の開発が困難である。昔は「風邪の特効を開発すればノーベル賞は確実」と言われていたほどである(今でも妥当するという意見もある)。

感染経路と予防

基本的には風邪の感染者の分泌物(せき・くしゃみの飛など)への接触によって感染する。多くが鼻、口、などのの膜から感染するとされている。

このため、風邪の予防には手洗いうがいマスクの着用が基本である。大抵のウィルス燥を好む(さらに膜は燥すると機が低下する)ため、口、鼻の膜の燥を防ぐ意味でもマスクの着用は有効である。鼻やなどを意識に触る癖のある人は、意識的にそれを止めることも風邪の予防につながる。

ウィルス感染であるから、よくいわれるような「体が冷えたので風邪をひいた」「寒かったので風邪をひいた」というのは間違いである。確かに寒くて燥した気ではウィルスが活性化 するために感染しやすくなるが、体が冷えただけでは感染することはない。一方、ストレスや疲労による免疫の低下は感染の可性を高める。
いくら直接の原因にならないとはいえ、寒い時や濡れた状態(そもそも濡れるぐらいまで汗をかいたときは大抵疲労を伴っている)のままで外気にされることは過度の体温生産のための体消耗(つまり疲労)を起こし、それによる免疫の低下の原因にもなるため、「体が冷えた(寒かった)のに対策をしなかった→体を消耗、疲労し、免疫が低下した→風邪をひいた」ということは充分にありえる。つまり、寝冷え、予備対策をしていない場の理な薄着、濡れたを着続ける等の行為は避けるべきである。

経過と治療

体内の免疫によって自然治癒する。合併症がない限りほとんどの風邪は10日以内に症状がなくなる。ただし、せきは2週間以上残る場合もある。

上述の通り特効は存在しない。販の風邪薬は症状を軽減させるだけであり、厳密には「風邪を治す」わけではない。抗生物質の投与は控えるべき(そもそも、風邪は精密検を行わないと原因のウィルス、細菌の同定ができないため、特に抗ウィルスはほとんど意味がない。ここで出される抗生物質は典的な合併症を予防するためのものであることが多い)とされている。

風邪に感染したら温かく安静にすること、他人にうつさないようにすることが必要である。分を摂取し、部屋の湿度を高めて鼻水やたんなどを緩くすることも症状の緩和につながる。

発熱は体内の免疫を高める効果を持つため、解熱剤の用は時に回復を遅らせることもあるので慎重にするべきという意見もある。

免疫を高めるためにビタミンCの摂取などが有効とされるが、医学的な明は為されていない。

要は「放っておけば勝手に治る」ということらしい。

風邪は万病のもと

他方、以下の2点の注意が必要である。

  1. 風邪をこじらす
  2. 初期症状が風邪に類似した病気だった

「風邪は万病の元」といわれるゆえんである。

風邪をこじらす

風邪をこじらすとは、風邪によって脆弱となった上気膜が細菌感染をすることで生じる二次的な病気(合併症)である。色だった鼻水黄色がかったものになり、痰も黄色く、腺もまたは黄色におおわれることがある。細菌に感染して化膿している状態である。こうなると上述した抗生物質支援を受けなければならない。できるだけ速やかに医療機関にかかり、適切な治療を受ける必要がある。こじらせたかどうかのタイミングの見極めが重要である。

風邪をこじらせた結果、肺炎、腺炎、中炎を発症することがある。とくに免疫の弱い幼児、高齢者などは、症状が悪化する前に医師の診断・治療を受けることが重要である。

初期症状が風邪に類似した病気

重大な病気なのだが、初期症状が風邪に類似した病気もある。風邪と思って自宅療養していて悪化するという例は多い。以下のような病気の初期症状が風邪に類似しているといわれる。

  • リオ(小児まひ)
  • 肝炎
  • 肺がん

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A2%A8%E9%82%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

風邪

33 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 22:35:47 ID: wLszzc8+33
>>29
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました(咳喘息、蓄膿症エトセトラ)
34 ななしのよっしん
2019/04/11(木) 05:30:37 ID: CMS3gHYOkb
今までやらなかった鼻うがい風邪予防にいいとか聞いたから実践したら5年ぶりに風邪ひいたわクソが。
35 ななしのよっしん
2019/08/20(火) 07:35:27 ID: 6CzNb28lPX
絶賛、風邪!ウェーイ(棒)!

仕事休んでなかったら大変なことになっていた。
36 ななしのよっしん
2019/09/03(火) 16:51:35 ID: EP6UIeLKhJ
>>29
風邪だと思ったら肺炎だったていうリアル話()もあるから素人判断はしないほうがいいぜ
37 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 14:24:49 ID: GRV9Croijy
風邪にはビタミンCとは言われるけど実はそこまで効かなかったりする
科学的に風邪風邪予防に効くとされてるのを挙げると
亜鉛
風邪をひいた後に亜鉛を摂取すると
風邪の期間が20%ほど減るという結果が出てる
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/21328251/exit
ビタミンD
これは風邪をひいた後に飲むんじゃなくて風邪予防に役立つ栄養
ビタミンDのサプリ週1〜毎日摂取してる人は風邪にかかる確率が12%下がる
さらにビタミンDが不足しがちな人は風邪にかかる確率50%減る
https://www.bmj.com/content/356/bmj.i6583exit
上記二つの研究はメタ分析っていう過去に出されたあらゆる論文から
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
38 ななしのよっしん
2019/10/24(木) 09:32:37 ID: Gj4xx1h41D
久々休日風邪引いた時の落ち込み様ったらもう
39 ななしのよっしん
2019/11/15(金) 20:22:40 ID: TmPVYO/oUg
熱めのお湯をちびちび飲みながら背中を擦るのが
なんかいい気がする
40 ななしのよっしん
2020/02/07(金) 03:31:23 ID: zjzPgaHCy3
風邪のまま出社させられて重症肺炎になる 毎年そこそこいる こうなると1か近く入院する 当然死ぬ可性もある 経営者と労働者双方が風邪めてるからこうなる  ブラック企業だけを殺すウィルスとかあればいい
41 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 13:31:59 ID: DG0awI9K/i
コロ軽症者に高いユンケルをグビグビ飲ませたりしてみよう。
で? 知らん。
42 ななしのよっしん
2020/08/10(月) 19:50:13 ID: KgGVRtynGS
言いたくないが世界コロナビビりすぎだよ。
病気なんて抵抗弱ければ重症になるなんてのは当たり前のことなのに。治療方法不確定だってなにもコロナに限った話じゃないだろうに…
普段から手洗いうがいもしないような連中がバカみたいに騒いでるの見るとさすがに呆れる。

急上昇ワード改

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

樫野(アズールレーン) ボトルマン MMDまほやく ヒックス