飛鳥 (航空機)単語

アスカ

各務原航空博物館所有の飛鳥

飛鳥 (航空機)とは、日本NAL航空宇宙技術研究所、今はJAXAの1部門)が開発したSTOL飛行機である。1機だけ製造された。

政治家&土建屋に敗北した時代にめられ、その時代に捨てられた悲劇の機体である。

前史

時代は高度経済成長期。日本列島土が狭く、全空港を作っても滑走路は短く作らざるを得ないという考え方が政府内にあった。1975年、当時の科学技術庁にあった航空技術審議会(今の文部科学省科学技術学術審議会)は「日本情に合ったSTOL機を開発するべし」という答申を発表。これに対応し1977年NAL内に「STOLプロジェクト推進本部」が設立。1979年川崎重工業契約者として機体開発が本格的にスタート。機体は一般募により「飛鳥」と命名され1985年、初飛行に成功した。

機体解説

極論するとC-1改造。といっても機体はどっかの自衛隊からかっぱらったわけではなく新造だけどね。胴体と尾翼C-1の設計を丸々流用。だけはSTOL実験のために新規設計された。エンジン開発したはいいけど売り先がなく途方にくれていたジェットエンジンFJR710」を4基、の上におく独特の構造。このおき方は「アッパーサーフェスブローイングUSB)」といって旧ソ連、現ロシアのAn-72/74のみが実用化している。操縦系はヘッドアップディスプレイフライバイワイヤFBW)を採用。というか、FBWがないと飛べない(後述)

USBとコアンダ効果

まず、何故飛行機をとぶことができるのか。普通に考えたらの下面で空気を受けて、空気に支えられて飛んでいる様にみえる。実際はざっくり言うとの上面の空気の流れで上に引っられて飛行機は浮いているのである。

さて、USBという特徴的なエンジンのおき方は、ジェットエンジンスピードの速い排気をに流すことにより、周りの空気もこの排気に引きずられてを流れるという仕組みである。これによっての上だけ大量かつ高速の空気の流れを作り出して短距離で離陸するのが飛鳥というかUSB機の基本原理。

もうひとつのミソコアンダ効果。蛇口から流れているに紐でたらしたピンポン玉を近づけると引き寄せられるというアレである。正しくは「性を持つ流体は物体に引き寄せられる」というものなのだが、なるほど、まったくわからん状態なので各自ウィキペ様あたりにお伺いを立てること。飛鳥スポイラー(揚増幅装置、要するに上下に動くの一部)を下向きにすることにより、この効果で空気の流れを下に誘導。空気を地面にたたきつけることで揚を増している。余談だが伝説出落ち試作機XFV-12はこのコアンダ効果を使ってVTOLを達成しようとしたらしい。

飛鳥1989年3月までの延べ167時間ものテストを行い、実用化も問題ないレベルまで完成度を上げていた。しかし。

科技庁:プロジェクト終了ね。
NAL:何でやねん!
科技庁:
必要なくなったから。

どうしてこうなった

実はSTOL機は機体の飛行特性普通飛行機の逆(たとえば機首を下げると普通飛行機は高度を下げるが飛鳥は逆に高度を上げてしまう)であり、操縦にはFBWコンピュータによる補助が必須。このためここからさらに実用化へ詰めるとなると制御ソフトの開発にも時間もかかるし機体の導入コストもそれが反映されて高くなってしまう。そして複雑な機体は整備コストもかかるのではないかという議論が出たのである。それだったら既存の空港の滑走路を長くして大ジェット機飛ばしたほうが導入コストはかかるけど維持コスト安くなるよね? それに空港おっきくなったら国会議員が地元民に「わしのせいで空港ジェット化できたんじゃ!」と威れるし地元土建屋も大喜び!……という結論になったのである。

時代はバブル中、土建屋が大喜びで土を荒らしていた開発していた時代。たとえば、

てなぐあいに日本空港は軒並みジェット機に対応していった。

いまや21世紀。B747B777といった旅客機日本どこへでも飛んでいける時代である。

その後

FJR710エンジンの技術は後にロールスロイスジェットエンジンV2500に移転される。V2500エアバスA320やマグダネルダグラスMD-90に採用されるベストセラーとなった。さらにFJR710の開発経験はATD-Xに搭載予定のXF5エンジンの開発に生かされ、P-1に採用されたF7エンジン、そして日本の次期戦闘機に搭載予定のハイパワー・スリムエンジンに繋がっていく。

飛鳥現在、生まれ故郷の各務原市にある航空宇宙博物館で余生を送っている。もしP-1C-2ニュースが流れたら思い出してほしい。時代が要し、その時代に見捨てられたかわいそうな純産の飛行機がいたことを。

関連動画

40:50より飛鳥登場。

関連商品

関連コミュニティ

飛鳥 (航空機)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%20%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

飛鳥 (航空機)

8 sotomichi
2013/12/14(土) 17:23:47 ID: 3Vsk2g5lQV
>>7

>いつ実用機になるか知れたもんじゃない実験STOL機なんかにかまけて
>毎日飛び続けるYS-11の危険を放置するわけにはいかなかったんですよ


記事主もそれは理解してますがそこ突っ込むと飛鳥がもっとかわいそうな子になるんで書きませんでした。
飛鳥の技術をフィードバックした飛行機が飛ぶ未来は望まれてなかった」なんてとてもいえませんがな……。
9 ななしのよっしん
2014/08/03(日) 19:05:05 ID: 0z3ouBUBgV
ホンダジェット見てたら思い出した
10 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 07:57:55 ID: h57Zv6ZPKg
ビジネスジェットとかには需要ないんかな。
どんなド田舎空港でも行けるよって言う・・・

ティトローターのが便利っすかそうっすか
11 sotomichi@記事主
2014/09/06(土) 10:35:34 ID: 3Vsk2g5lQV
>>11
そのどんなド田舎空港でもB747だろうがB777だろうが飛んでいけるようになったから飛鳥要らない子になったわけで。
おそらくは成田空港グダグダで土地買収できないときの保険として飛鳥は作られたのではないかと。
12 ななしのよっしん
2015/03/26(木) 23:46:53 ID: kCe75g7KX4
「F-3の開発にゴーサイン」は誤解を招く表現だから「将来戦闘機向けのハイパワー・スリムエンジン」の方がいいと思う。
13 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 15:12:58 ID: HfHyFHDxMZ
何か記事から政治家に対する悪意と言うか、み妬みしか感じ取れんな…
まぁ、飛鳥プロジェクトの中止が残念なのは理解できるけど…
実際問題、地方空港を大きくして大機を運用できるようにする方が、わざわざ短距離離着陸機を開発するよりくて安上がりで、後々の為になるのは事実だろ?
距離離着陸機の開発だって、狭い空港がある限り続ける事になりかねないんだから、滑走路を伸ばせるなら伸ばしちまって、その時点で普及している普通飛行機を運用できる様にした方が良いだろ。
14 ななしのよっしん
2016/11/26(土) 16:54:48 ID: KHV15r5teG
なぜ飛鳥という名前には不憫なものが多いのか・・・・・・
15 ななしのよっしん
2017/11/21(火) 09:39:03 ID: SHsqag4v9w
滑走路延長とジェット化があったからこそ・ポイント・トゥ・ポイント際線近距離便ができたりもするわけだしな
これが手間と費用のかかる飛鳥に頼りっきりになると航空会社あっという間に大赤字で撤退になっちまうし、LCCや外資系航空会社の就航は絶望的になるからな
16 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 09:18:42 ID: 3TmorAMvHS
>>14
海自「ウチのあすかまで不憫呼ばわり・・・しないよね?」(にっこり
17 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 18:06:39 ID: LCWaU3cTFP
>>16
二つ合わせて……

asuka&asuka

急上昇ワード