飛鳥井単語

アスカイ

飛鳥井あすかい)とは、日本苗字、地名である。

苗字としては、公家飛鳥井が知られる。飛鳥井藤原山院流難波の分鎌倉時代難波頼経の子、経が飛鳥井を称した。飛鳥井経は「新古今和歌集」の撰者の一人として知られる。飛鳥井は代々歌、蹴の師範を務め、幕末には典が武家伝奏を務めた。明治維新後には伯爵となった。

また、加賀大聖士にも飛鳥井氏があった。大聖家老を務めた一色氏の分である。

現在飛鳥井姓は神奈川県愛知県新潟県などに分散して分布している。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

公家飛鳥井家

架空のキャラクター

地名

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A3%9B%E9%B3%A5%E4%BA%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

飛鳥井

1 ななしのよっしん
2012/01/09(月) 10:39:55 ID: e4FhOL3Zko
ブギーポップから。この名前に記事があったとは

急上昇ワード