飲酒運転単語

インシュウンテン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

飲酒運転とは、

  1. を飲んで自動車列車飛行機・船舶を運転・操縦する運転者自身と他者の命を危険に犯罪
  2. を飲んで、ゲーム等の仮想環境乗り物を運転する縛りプレイの一つ。
  3. ゲームタクティクスオウガ』のBGM楽曲名『飲酒運転』。

の事である。

1.の概要

飲むなら乗るな
乗るなら飲むな

一旦事故を起こせば、走る器・鋼棺桶となる自動車の運転は、運転者自身の命に責任を持つ事が要されると同時に、同乗者及び、物理的に危を加える可性のある走行経路上の全ての人命への保護義務、安全運転が要される。命に責任を持つ、その覚悟を持つ者だけが運転者と呼べる。人の命の価値を知る大人が飲酒運転を行えるはずはない。

を運転した出先で飲をしたら、運転代行やタクシー公共交通機関を利用して、運転しないで済む方法を選ぼう。

とは言え、プロドライバーである運送業界労務者を中心に、苛な労務環境の精ストレス解消のはけ口に飲を選んだ結果、アルコール中毒アルコール依存になり、飲酒運転に及ぶ例が後を絶たない。単に社会的弱者への自己責任に帰結・糾弾するだけではなく、労務者・被雇用者の雇用・労務環境善及び、アルコール依存症治療の対策を、社会に対する非営利的なを持つ、政治導の対策が必要であろう。

実際、飲酒運転の厳罰化をしても、飲酒運転は消える事はない。少なくともアルコール依存症に陥った労務者が自的に依存症治療に専念し、治療が終了する免許停止処分に同意出来る様な社会システムが必要である。依存症は権を背景にした強制では治らない。厳罰と失職が待っている「社会的処刑システム」を前にして、アルコール依存症患者が飲酒運転を止めるはずはい。

絶望脅迫と強制では人は動かない。当たり前の事である。

国土交通省は運輸業運転労務者に対する飲酒運転防止策として、自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部正により、アルコール検知器の義務化を2011年5月1日から実施予定である。[1]

道路交通法

第六十五条

第一項 何人も、気を帯びて車両等を運転してはならない。

第二項 何人も、気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。

第三項 何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、類を提供し、又は飲をすすめてはならない。

第四項 何人も、車両トロリーバス及び道路運送法第二条第三項 に規定する自動車運送事業(以下単に「自動車運送事業」という。)の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政で定める自動車を除く。以下この項、第七条の二の二第四号及び第七条の三の二第二号において同じ。)の運転者が気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要し、又は依頼して、当該運転者が第一項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

罰則
酔い運転:5年以下の懲役または100万円以下の罰
気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
違反点数
酔い運転:35
気帯び運転:呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上25、0.15mg以上0.25mg未満13点
車両提供者への罰則
運転者が酔い運転:5年以下の懲役又は100万円以下の罰
運転者が気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
類の提供車両の同乗者
運転者が酔い運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰
運転者が気帯び運転:2年以下の懲役又は30万円以下の罰

飲酒運転事故に遭ってしまった場合

被害者に対しては、被害者救済の観点から、自賠責保険、または、対人賠償保険や対物賠償保険など、任意保険のうち他人の損を補償する保険については免責(保険支払いの対外からは保険の支払いの対となる。また、被害者自身が加入している人身傷保険保険保険等があれば保険が支払われるケースもある。

飲酒運転事故を起こしてしまった場合

飲酒運転事故を起こした場合は、飲した運転者自身のケガや自動車の損保険からは支払われない。これは、搭乗者傷保険、自損事故保険のほか車両保険などから支払われない事が自動車保険の約款に規定されている。飲酒運転で単独事故を起こしてしまった場合も同様だ。

 飲酒運転で事故を起こすと飲した本人は自動車保険だけでなく健康保険からも給付を受けることができず、運転者自身に経済的負担がかかる。さらに、免許取消などの行政処分や道路交通法違反上の罰則が科せられることになる。当然のことながらその時に加入している自動車保険契約継続は困難になるだろう。

関連動画



関連商品

2.の概要

当たり前だが、犯罪行為でも、迷惑行為でもない。だが、飲の上でゲーム画面を凝視してのゲームプレイは、悪酔いをするかも知れない…。

関連動画

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *報道発表資料:旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令並びに関係通達の改正について - 国土交通省exit
    報道発表資料:アルコール検知器使用の義務化の実施時期を延期するための省令等の改正を行いました - 国土交通省exit

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A3%B2%E9%85%92%E9%81%8B%E8%BB%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

飲酒運転

152 ななしのよっしん
2020/10/01(木) 22:21:30 ID: G5LrYWR5x5
気帯び運転で未成年学生逮捕 警察の停視、逃走し事故
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1194842.htmlexit

 名護署は20日、気を帯びた状態で普通乗用車を運転したとして、交法違反(気帯び運転)容疑で専門学校に通う男子学生(19)=沖縄県名護=を逮捕した。学生は容疑を認めている。
 逮捕容疑は20日午前6時32分ごろ、名護大東ので、基準値(呼気1リットル当たり0.15ミリラム)の約4倍のアルコールを帯びた状態でを運転した疑い。
 名護署によると、学生はパトロール中の同署員から停められたが、視して逃走したところ、ブロック塀に接触する事故を起こして停した。学生にけがはなかった。
153 ななしのよっしん
2020/10/02(金) 15:36:09 ID: Wsz9BeEr5W
>>151
事故後に逃亡して被害者が増加しました」「逮捕後強く抵抗して殉職する警官が増加しました」
154 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 17:32:34 ID: nsq/xOmXn+
で飲んでたら乗りたくなったってのはどうしたら良いんだ・・・。
155 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 21:06:14 ID: TkdBCYkON6
事故後の逃亡&その際に犯した違反の方をこそ重くすれば少なくとも逃亡後の拠隠滅や逃亡した結果さらに事故が酷くなる事は減るとは思うけどね……
とはいえ、判断にぶってたりパニック起してというタイプもいるから全部が全部悪意があるってわけじゃないが。

とりあえず、逃亡他の飲拠隠滅を行ったらそれ自体で高確率危険運転殺人で裁かれるとか、逃亡時した際の違反行為は罰や点数が跳ね上がるとなれば、意図的に逃げて減刑を試みる輩は減すると思うよ。
現場から逃げたこと自体が明されると犯罪になってそれだけで罰10万とかになると、多分逃げ得は減しそう。

まあそもそも、捕まらなきゃ無罪と思ってる輩に運転免許が交付されてる事自体が間違いなんじゃないかとは思うが。
156 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 22:13:20 ID: TkdBCYkON6
>>154
飲んだら乗るなを底していけばいいだけではあるんだけど、一番の問題は飲後はが機的に判断が低下、下手すると停止する事だからなあ。構造的に飲んだら運転できない(呼気判定でアルコール感知で動かないだとか)を作る以外ないだろうね。

そして、緊急時に運転できなかったら~ってに考慮して、「緊急時にはロック解除可、ただし外した記録は確実にデータに保存され、緊急時以外に外す事自体が違法で解除中前後に事故したらペナルティが跳ね上がる」とすれば『自分の意思でロック外して乗ってるんだから罰則〇倍ね』となり多少はバランス取れるんじゃないかと思う。

緊急時ってなんだよって言われそうだけど、一部の災害時以外にも「機器の故障で検装置の結果を感知しなくてが動かない!?」とかもありそうだからね、一応あった方が確実。んで、義務化してかつロック外し自体を点数案件にして更に条件つけで自己罰則強化すれば、まともな思考回路の人間なら馬鹿な事はしなくなると思うよ。
……そもそも、まともじゃない人に免許渡さない方法がないかな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
157 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 00:15:16 ID: eFb7X95B/f
飲酒運転無免許運転などど同等反則は出ず、刑事罰対切符が交付される。
高額の罰と、免取も食らう場合が多い。

信号視や火運転などは反則のみで済むけど。
158 ななしのよっしん
2020/10/14(水) 17:52:09 ID: TkdBCYkON6
>>157
だからこそ救護義務違反をしてまで逃げ得を狙うし、下手すると体下部に巻き込んだ被害者を地面に引きずりながら振り落とそうとする狂気じみたまで出てくるんだよね。逃げてしまうと飲明が曖昧になってしまうから。
その辺もあって「救護義務違反をし逃げた時点で重罪」「飲隠滅を測ったら業務上過失ではなくなり、殺人罪などのもっと重い罪相当になる」等の『飲逃げたら人生終わる』ようにした方がいいんじゃないかなあとは思ってる。

言っては悪いが、飲酒運転の時点で悪質極まりない上に、それを隠滅して罪を軽くしようとした時点で「それ自体が重罪に値する問題行為なのでは?」と思ってしまうしね。

まあ、もっと根本的な部分で飲酒運転がバレなきゃ大丈夫って考える人をどうにかしないといけないんだが。
159 ななしのよっしん
2020/10/15(木) 06:36:28 ID: 7khyPCNDTU
何よりまず検問が少なすぎないか?
自分はここ10年ほぼ毎日運転してて遭遇したのはたったの2回
通勤以外に様々な方面へドライブ行った時含めてもこれだけ。
160 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 18:40:28 ID: vmaosmap2x
あまり頻繁にあっても道路や時間帯でよけられるだけだし抑止コストバランス考えたらそのくらいの頻度でいいと思うよ
161 ななしのよっしん
2020/10/23(金) 18:46:40 ID: vmaosmap2x
>>155
いやまあ気持ちはわかるけ単なる轢き逃げや当て逃げ殺人危険運転まで付加されるは法の理屈的に理でしょ。そんな広範囲な解釈許したら他の犯罪までメチャクチャになりかねない。
多分そんなことになったら撃者を全員殺すとか危に及ぶケースが増えてもっとも当てられないことになりますよ。加減は考えないと。重罰にすれば逃亡や隠滅が減るなら今でも窃盗や詐欺死刑になってるよ。

連投失礼

急上昇ワード改