飾り職人の秀単語

カザリショクニンノヒデ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

飾り職人の秀かざりしょくにんのひで)とは、時代劇必殺仕事人シリーズに登場する架キャラクターである。
演じるのは三田村

なお、「簪(かんざし)の秀」の二つ名で呼ばれることもある。

概要

初登場はシリーズ第15弾の『必殺仕事人』。
表稼業は腕のいい飾り職人だが、裏稼業ではノミ(『仕事人』第32話まで)や房付きの簪(『仕事人』第33話以降)を武器に、悪人の首筋を刺して絶命させる技を持つ。

第1話時点では既に足を洗っていた元・仕事人だったが、殺された情婦(愛人)のを取るため、既に仕事人として活動を開始していた中村主水畷左門とは別に標的を追っており、結果的にそれが左門の仕事を助ける形となった。

続く第2話では、第1話で秀が投げたノミを「腕のいい飾り職人の仕業」と見抜いたものの、それを秀の親友の仕業だと誤認して探索するに対し、親友の危機を感じた秀は彼を自分の作業場にかくまう。そして将棋会所の人である鹿蔵(仕事人の元締)に賭け将棋を挑み、勝った(鹿蔵がわざと負けた)を親友の逃走資にしようとしたが、親友はその人に利用された挙げ句殺された後であり、悲しみにくれる秀もに殺されようとしていた。しかし、鹿蔵の計らいで達にづきながらも一時的に組むことになり、仕事を果たす。しかし、恨みをらした後も泣き崩れる依頼者を見て自分の信念「仕事はかあっと熱くなってスカッとするもの」を打ち砕かれた秀は、めて達に願い出、正式に仲間となった。

登場初期は何かと熱くなりやすい二才で、時折暴走してはや左門から殴る蹴るなどの制裁を受けていた。
その暴走具合たるや、仕事人稼業には不向きと判断した二代元締・おとわがや左門に「秀を殺せ」と命するほどであった。しかし回を重ねるごとに、若手の二才ではあるものの暴走することは少なくなっていく(づく・皮を言うこと自体は、仕事人チームの中核メンバーとなった後のシリーズでも変わらない)。反面、普段は子供好きの優しい青年であり、左門の美鈴にとってはのような存在だったり、孤児の少女・お民を引き取って養育していた時期もあった。

新必殺仕事人』まではチーム最年少の仕事人であったが、『必殺仕事人』で西順之助が加入してからはその立場ではなくなり、(まだまだい部分はあるものの)それまでとは逆に順之助の暴走を抑える役も増えた。それに伴い、仕事人期のにとって最も頼れる仲間・年下の仕事人達には良き兄貴分的存在へと徐々に成長していく。

必殺仕事人最終回で顔を見られたということもあり、チーム解散後は行方をくらます。その後は映画必殺!裏か表か』での復帰参戦を経て、『必殺まっしぐら!』における仕事人チームでは「かつての熱さは残したままの、頼れるリーダー」としての活躍を見せた。

必殺仕事人・激突!』では、仕事人狩りで殺された親友(仕事人)のを討つために江戸へ舞い戻り、と再会(当初は方針の違いから殺し合おうとした)。新たなチーム仕事人として数々の悪人を始末していた。この間、以前に自分の跡を継ぐ形でチーム入りした仕事人鍛冶屋の政とは、お互い組んだ期間こそ短いものの親友と呼べる間柄になっており、映画必殺!の血』では殉職する彼を看取ることになる。このチームの解散後は、三味線屋の勇次と再度組んでの最期を見届けたらしい(映画必殺!死す』)。その後の秀の行方は分かっていない。

その他

ニコニコ

ニコニコ生放送で配信された新・必殺仕事人。秀も出演したのだが、この秀とにかく場で仕事をする。それ以外のシーンも心なしか場が多い。そんなわけでが呼んだか「ズゴックの秀」さらに略され「ズゴック」のアダ名をもらったのだった。一応言っておくと屋根からの仕事や陸での仕事もするのだが、序盤でついたイメージは覆せず「陸戦ズゴック」「ズゴック」等と呼ばれる事に。

またでの定位置が基本階上だった事からロフトの秀とも。

パロディ

バラエティ番組『志村けんバカ殿様』内で行われた仕事人パロディコントで、秀を演じていたのは『江戸プロフェッショナル必殺商売人』で秀と同じ様な殺し技(櫛のや柄を標的の首筋に刺す)を持つ髪結いの商売人・新次を演じた梅宮辰夫だった。

また、『志村けんのだいじょぶだぁ』では高木ブーが組紐屋のとの二役を演じており、二枚目の役なのに太っているのをネタにされている。

パチンコ

京楽産業より出ているパチンコ『CR必殺仕事人シリーズでは、・勇次・そして何故か『仕置人』である念仏と組んで画面狭しと大暴れするものの、チーム一番の若輩者であるせいか「まず当たらない」、「当たっても単発が多い」「秀より若い(?)組紐屋のプレミアム扱い」と、原作必殺シリーズでの貢献度の割りにはひどい扱いを受けているようである。

特に秀リーチから始まり「はっ!たぁ!はぁっ!(図柄を蹴る)うおおおおお!! わあ!!」でやられた人も多いことだろう。
ちなみに、たまに秀の蹴る足が逆だったりに炎をしても決まらないこともある。
やっとこさ決まっても秀スーパーリーチに続き木の上と屋根の上の二種類があるが屋根の方が期待度が高いにもかかわらずハズレたりもする。

なお、パチンコとは関係ない必殺関係の動画では、秀が標的を仕置した場面で下コメで「二二二」など単発数字いのコメントを書かれたこともあった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A3%BE%E3%82%8A%E8%81%B7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%A7%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

飾り職人の秀

1 ななしのよっしん
2012/05/17(木) 13:57:59 ID: LRwdYwUx6j
が隣だか斜向かいだかで、お加代さんと一緒にいることが多かった気がする。
なんだかんだで情にもろい二人だし、掛け合いは見てて面かったな。

あと首筋に一撃っていう殺し方がいかにも必殺って感じでかっこいい。
2 ななしのよっしん
2013/07/12(金) 08:45:12 ID: +7epo8R2ok
きんいろモザイク1話でパロあった
(8:30辺り)
http://www.nicovideo.jp/watch/1373442114exit_nicovideo
3 ななしのよっしん
2013/08/10(土) 15:30:58 ID: TvVrQH8NVi
秀はキックイメージが強い
4 ななしのよっしん
2013/08/10(土) 15:45:27 ID: 2oanl2iPZN
自分の作った簪を悪人が挿してた場合、仕置きの際に毎回抜くよね
5 ななしのよっしん
2014/08/06(水) 20:33:53 ID: gInD6claS/
いまになってシリーズ全体の流れで見てると
念仏が死んだのを引き継ぐかのように現れた印すら受ける
そしてそのキャラ性の違いが前期シリーズと後期シリーズの違いを表してるようにも
6 ななしのよっしん
2014/08/08(金) 16:07:55 ID: c6IdDDCwI8
必殺まっしぐらについてまるっきり触れられていないのはどういう事だ
7 ななしのよっしん
2015/06/13(土) 10:12:10 ID: CpeGPGXmkT
>>5
どっちかっていうと秀=錠じゃない
カッとなりやすい性格も、職人気質も、若さと身なりの類似も、初期の頃の武器の類似性も

そんで左門が仕掛人の左内のリメイク
8 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 18:12:43 ID: ThjBSwuP0+
>>7
無印仕事人だけなら錠のリメイクだけど、最終的には相棒にまで成長するからね
>>5がどの時期の秀を想定しているのかは分からないけど、後期の秀までを考えると
の代わりというのもあながち間違いではないと思うよ
9 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 19:01:56 ID: YhmdL+cvFF
三田村って渡る世間は鬼ばかり霊柩車等のホームドラマや2時間ドラマイメージしかなかったが仕事人だったんだな。あの「シュピン!」ってSEは彼だったのか。てか「想い出の糸車」が名曲過ぎる。

先のった物で首を刺し殺すパターン必殺シリーズでは多いが秀が特に有名だろうか。秀の殺し方をアレンジしたのが「V」の屋の政と「闘編」の屋の政鍛冶屋の政なんだよな。