馬謖単語

バショク
2.0千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

馬謖とは、

  1. 中国を代表する登山家
  2. マッスルハウス所属のプロレスラー(?)、ジャイアント馬謖

である。本項では1.について説明する。

概要

生年190~没年228。字は幼常。後漢末期から三時代の人で、に仕えた武将。

襄陽宣北省宜県)の出身。襄陽の名である「氏の五常」の中の五男(末子)として誕生した。

217年頃、荊州従事としてに入り、劉備に仕え、各所の県・太守を歴任した。並外れた才の持ちで、軍略を論じることを好み、その才諸葛亮に高く評価された。ただ、劉備は彼を信頼せず、で臨終する間際にも、「馬謖は口先だけの男であるから、くれぐれも重要なことを任せてはならない」と諸葛亮に厳しく念を押したといわれる。しかしながら馬謖の才する諸葛亮は、劉備の死後、彼を参軍に任命し、しくり合った。

224年南蛮制圧の際、馬謖は「を攻めるは下策、心を攻めるが上策」と諸葛亮に助言し、これが七七擒などの作戦に繋がり、南征の成功との後背地の安定に寄与することになった。

228年3月諸葛亮は第一次北伐の際、彼に戦略上の要所である亭の守備を命じた(亭の戦い)。諸葛亮筋を押さえるように命じたが、馬謖はこれに背き山頂にを敷いてしまう。副将の王平はこれを諫めたが、馬謖は聞き入れようとしなかった。その結果、張郃らに路を断たれ山頂に孤立し、軍は惨敗を喫すこととなる。翌5月諸葛亮は敗戦の責任を問い、軍規に基づいて処刑した(王平伝より)。諸葛亮はこの責任を取って自ら丞相から右将軍に降格した。「泣いて馬謖を斬る」の故事の元がこれである。

ここの処刑については、「軍規違反で下手したら全滅しかねない」と言う理由もあるが、記述によってはどうやら敗戦後に処罰を恐れて逃亡したらしいと言うのが決定打となっている。。

ちなみに山上に布すること自体は策の1つである。だが、上記の孔明揮内容にもあるとおり、この戦いの的は「正面からガチンコで勝つ」のではなく、「戦では劣っているのだから、消耗しすぎない戦いをする」ことである。それが読めてないあたりは「生兵法」たるゆえんなのだろうか。

この失敗がなければ次世代のホープとして活躍していたかも知れないだけに惜しい人物でもあった。

ただし年齢からして既に40近く、当時からするともはやベテランの域なので(だからこそ孔明の命無視して好き勝手できる立場なのだ)、ホープと言えるかはやや怪しいのだが。

馬謖の子孫

馬謖の子孫については、正史三国志には確認できず、『三国志演義』でも子孫は登場しないが、『三国志演義』の続編という設定の明代の演義小説である『三国志後伝』では馬謖の子として、寧(ばねい)が登場している。史実にモデルとなった人物は確認できず、架の人物のようである。 

寧は機転が利き、慎重な性格であり、諸葛亮の孫(という設定)の諸葛に従い、漢王朝劉淵に仕える。戦争では号などを起こし、合図の役割を行った。また、人材を迎え入れる使者となっていたが、途中から登場しなくなっている。 

三国志後伝』では、馬謖の子孫は余り活躍する存在ではないままで終わっている。

漫画・ゲームの馬謖

孟獲を帰順させるアドバイスをするなどに貢献した馬謖だったが、亭の戦いでの致命的な失策が今もなおネタとされ続け、馬謖を「登山家」「山頂」と呼ばれるようになった。

漫画「横山光輝三国志」

概要のほかに、司馬懿を警する諸葛亮に馬謖が流言を提案し、結果的に司馬懿から軍権を一時的に取り上げる事に成功した。 

劇場版アニメ「三国志」

コーエー「三国志」シリーズ

孔明ほどではないがどの作品でも政治・知が高く、軍に入れれば頼もしいほどの存在感を見せてくれる。

特に「三國志11」では特技・出(部隊計略の消費気力が1になる)があるので、有能な人物と部隊を組めば、気力を気にせず乱打できる。

無双シリーズ

モブながら2のころから専用イベントがあり、3では孔明に泣いてられるムービーが、4では亭の戦いシナリオで総大将に就任し口調と見たが違う特殊モブであった。5Specialでは亭の戦いに専用BGMがつき、このBGMは「登山家テーマ」として人気が高い。

このようにPCフラグは何度も立っているのだが悉く見送られている。

セガ「三国志大戦」シリーズ

セガの「三国志大戦2」では計略名が『泣馬謖(自身は撤退し自軍の士気が増える)』と個性的なカードだった。「三国志大戦3」では計略が単なる挑発となり、便利ではあるものの地味だと、この変化を惜しむファンがいる。

また、軍師カードの馬謖も存在する。

…と思ったら、三国志大戦3においても泣馬謖が復活

彼を用いたロマン溢れるデッキがここに登場した。

関連商品

馬謖関連

登山関連

j

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

馬謖

371 ななしのよっしん
2021/12/06(月) 19:58:45 ID: ji1xT+fMGT
>>370
一応、事後の調馬謖に不利益な情報が挙がってたのを、向郎の所で止めてた可性もあるんじゃないかと
👍
高評価
0
👎
低評価
0
372 ななしのよっしん
2021/12/07(火) 02:20:44 ID: jmRiSlO8I1
検挙の挙やろ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
373 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 18:58:54 ID: hLXz/Ytrtq
横断的には、
「刑死(諸葛亮伝/王平伝)」
/「中死(馬謖伝)」
/「逃亡(向朗伝)」の三説なんで

実質は中死したのを
「苛に罰された」あるいは「逃げ生き延びた」という両極端な逸話で覆ったものかと

馬謖の才を惜しむ(あるいは失着をことさらにたたく)というよりは
伝として向朗の情の篤さや実直さを持ち上げるとともに、
北伐後に一時失脚したことに合わせての造話じゃないかな

👍
高評価
0
👎
低評価
0
374 ななしのよっしん
2022/01/16(日) 21:05:59 ID: CMiL/Lmxv0
死んだのが馬謖だけならそうかもだが、諸葛亮伝によれば同時に休・盛が死刑襲がクビになってるわけで、公文書に当然残るはずのこのへんが全部ウソだとは考えにくい。

「逃亡(戦場からの敵前逃亡、あるいは脱獄逮捕)」と「刑死」は普通に両立しうるし、むしろ三国志集解にもある通り、馬謖伝の「中死」を(出典ゆえの)造話だとするのが自然ではなかろうか。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
375 ななしのよっしん
2022/09/18(日) 16:18:11 ID: bR5JhkG6CP
順番が違うんじゃないかな。

亭の戦い→馬謖逃亡→向朗のところに落ち延び→向朗状況を知らず匿う→後の手配で捕まる

じゃないかという気がする。で、向朗自身は馬謖の発言で誤解して匿ってしまったことを問われて結果免職、馬謖言わずもがな、と言った感じじゃないかなと思う所。それこそ処刑クラス戦犯脱獄させたとされたら向朗自身解任どころか処刑は免れないし、万が一免職で済んだとしても数年で勲への復帰はできなかったんじゃないかなと。
人材不足もあるけど、「向朗の罪はそこまで重くはなかった」とするのも正しいんじゃないかなと。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
376 ななしのよっしん
2023/02/19(日) 22:06:26 ID: jmRiSlO8I1
>>375
向朗留守番役として連れて行かれてるから、馬謖の立場も帰ってくるのがすぎることもすぐわかるはずよ

北方三国志馬謖は優秀さをねちっこく強調されてたな
諸葛亮との最後の対話はわかっててもがちょちょ切れたよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
377 ななしのよっしん
2023/03/26(日) 17:48:47 ID: eVfUp4ZcXr
「朗知情不」の「不」を「何かしらの罪を見逃した」と取ること自体、現代日本語の「検挙」に引っられてない?
正史の文中では基本的に「」はプラスの意味合いの言葉なように思うから、それを「しなかった」、要は馬謖いうる「情」を「知っていて」「挙げなかった」から「諸葛亮に恨まれた」のほうが筋が通るように思うけども。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
378 名無し
2023/06/04(日) 13:34:04 ID: VSxY0tGnSN
ある解説ではあそこらへんの地形って普通に考えたら馬謖正解ではあるとか聞いたことはある。
一方で王平の民だからああいうところでは禁忌な形を熟知していたとかなんとか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
379 ななしのよっしん
2023/10/17(火) 17:54:55 ID: FTaFM28ele
兵の一部を山に布して急襲する作戦だったら少しは違ったかな?
当時の正確な地形が不明で戦いの流れは一定じゃないから何が正解なのかは分からないけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
380 ななしのよっしん
2024/01/31(水) 13:38:43 ID: OIoyVIXkJT
当時の側の状況考えて短期決戦仕掛けてくると読んだんじゃないか馬謖
👍
高評価
0
👎
低評価
0