騎甲虫単語

ビートルーパー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

騎甲虫(ビートルーパー)とは、遊戯王OCGに登場するカテゴリである。英名は"Beetrooper"

概要

海外先行テーマ2021年8月 Dawn of Majesty)であり、OCGでは2022年9月WORLD PREMIERE PACK 2022に登場予定。

……なのだがマスターデュエルOCGよりも先に実装されることが決定した。8月9日の「インヴィンシブルレイド」に収録される。

カード名の由来は「Beetle甲虫)」と「Trooper(騎兵)」の複合である。

デッキ概要

騎甲虫昆虫族で統一されている。「重騎甲虫」「騎甲虫」と記載されたモンスターも存在するが、内でのルビは全て「ビートルーパー」となっている。

《騎甲虫隊戦術機動》に登場するモンスターモンスターゾーンに存在すると昆虫モンスターしか特殊召喚出来ないデメリットがあるが、昆虫デッキとして割り切れば問題ないだろう。

攻撃を参照するカードが多く、「攻撃3000以下」「攻撃3000以上」のモンスターを対とする効果が存在する。騎甲虫自身も攻撃3000、中には4000の融合カードも存在するため、これまで《クワガー・ヘラクレス》しか存在しなかった昆虫融合モンスター役に躍り出ることとなる。一定の条件下ではあるが、破壊・効果耐性を持つモンスターも存在するため、先攻制圧を得意とする。

リンク2・リンク4のモンスターも存在するため、《甲虫装機 ピコファレーナ》《応戦するG》を活用することで昆虫モンスターデッキからサーチするムーブも可
TCGでは増殖するGが禁止なのだが、OCGマスターデュエルでは制限。代表的な手札誘発をいとも簡単に手札に加えるムーブが可なのだ。

内未登場のため環境に関する評価は断言出来ないが、TCGでは環境で一定の評価を得ているカードである。海外では【相剣】と同時期、【ふわんだりぃず】よりも4か、【勇者トークン】よりも5か先行と考えるとマスターデュエルでも環境の一を占める可性はある。
反面、【スプライト】【ティアラメンツ】のような後発のデッキには遅れを取るため、OCGでは登場時点で厳しい立場となる可性がある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A8%8E%E7%94%B2%E8%99%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

騎甲虫

1 ななしのよっしん
2022/08/06(土) 11:28:38 ID: xDuHGjhiPv
日本未発売カードマスターデュエルに先行実装されるとは思わなかったよ。

単に昆虫族が好きで注してた人間からすると普通に注されてるってのは意外だ。
攻撃で究極全体グレートモスぐクワガー・ヘラクレス以来かつ2枚昆虫融合モンスターワクワクするね。
2 ななしのよっしん
2022/08/08(月) 23:35:15 ID: XvY71XkD25
ちょっと調べただけの感想だけれどあらゆる手札誘発が刺さりそうな感じがするし最終的な盤面も極端にやばいって感じもしない
とはいえ悪くない耐性持ちのカッコいい巨大な昆虫モンスターを出せるのは良いなぁ

急上昇ワード改