骨粗鬆症単語

コツソショウショウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

骨粗鬆症とは、の強度が低下する病気である。特に女性に多く見られる。「骨粗しょう症」と書かれることも多い。

概要

骨折 骨折

人間は常に、新しいをつくる「形成」と古い分解する「吸収」によって新陳代謝が行われている。このバランスが崩れて強度が低下してしまうのが骨粗鬆症である。全体の90が原因を特定できない「原発性骨粗鬆症」とされているが、に加齢や閉経によるホルモンバランスの変化などが要因だと考えられている。

な症状は強度低下による折、特に脊椎圧迫折による姿勢の悪化が外見的な症状としてみられる。お婆さんや背が曲がってしまうのはだいたいこいつが原因である。骨粗鬆症による直接の症状ではないが、背が曲がると内臓圧迫されるため、心肺などに悪をおよぼすこともある。

高齢者と骨折

高齢者の場合、転倒事故による折で寝たきりになってしまうことが多い。折をきっかけとした死亡率は意外なほど高く、大腿頚部(足の付根の)を折した場合の5年以内の死亡率50%60歳以上の1割から2割が1年以内に亡くなってしまうというデータもある。

高齢者の転倒事故には、別の重大な病気が関係していることが多い。折の療養でベッド生活が続くと体が低下し、寝たきりになったり病気が悪化するなどして健康上の問題が次々に発生してしまうのである。手すりを設ける、スリッパを極避ける、バランストレーニングを行うなどで転倒を防ぐことが、健康的な生活を送るために効果的である。

I型骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症の一つで、5070代の女性に多いタイプな原因は閉経によるエストロゲン(女性ホルモンの一種。ホルモン)の分泌低下とされており、代謝は活発に働いているが、吸収が形成を上回った状態になる。

II型骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症の一つで、70歳以上の男性に多いタイプカルシウム摂取量の低下により、形成が低下することで発症する。こちらはIと異なり、代謝全体が機低下を起こしている状態といえる。

続発性骨粗鬆症

原発性」以外の、原因がハッキリ分かっているもの。甲状腺進症やクッシング症候群などの内分泌疾患による形成の低下、腎不全によるビタミンD活性化不全、低栄養、特定剤の副作用によるもの等がある。

治療

剤療法が中心となるが、結局は「折を予防する」というのが治療の的なので、効果的な治療のため大切なのは中高年になったら(出来れば若いうちから)カルシウムの摂取と運動を心がけることである。

カルシウム過剰摂取は逆に体外への排を促進する」「牛乳は骨粗鬆症に逆効果」という説もあるが、日本人はとにかくカルシウム摂取量が少なく、例えば普段の生活で牛乳を多めに飲んだところで摂取標値にさえ届くか怪しい(※カルシウムは摂取標量が設定されてから、男女とも均摂取量が一度もそれを上回ったことがない)。製品をに摂る北欧の発症率の高さが論拠にされることが多いが、日照時間(カルシウム代謝に関わるビタミンD活性化には日光が必要であり、高緯度のは日照時間が短い)等の地理的要因、生活習慣の違いなども考慮する必要がある。

というか過剰症以前に牛乳だけで必要なカルシウムを賄おうとすればまず下痢になる。カルシウムにしろ牛乳にしろカルシウムを多く含む煮干しや豆類、カルシウムの代謝を助けるビタミンDなど他の栄養素と一緒にバランスよく摂取することが重要である。

骨粗鬆症は剤だけでも食事善だけでも十分な治療にならないので、一体となって治療を進めていく必要がある。

骨形成を促進する薬

活性型ビタミンD3製剤

カルシウム代謝に関わるビタミンDにしたもので、腸からのカルシウム吸収、形成を促進する。カルシトリオールや、肝臓で代謝されてカルシトリオールに変化するアルファカルシドールなどがある。

ビタミンK製剤

ビタミンKにしたもので、を構成するハイドロキシアタイトの合成を促進する。ビタミンK2製剤であるメナテトレノンが用いられている。

副甲状腺ホルモン製剤

形成を行う細胞の分化を促進する。遺伝子組み換えにより作られた新で、テリパラチドがこれにあたる。副甲状腺ホルモンは通常、吸収を促してから血中にカルシウムを供給させるものだが、間欠的に投与することで細胞を増やす作用を示す。

骨吸収を抑える薬

エストロゲン製剤

I骨粗鬆症に対して使われる、閉経によって不足するエストロゲン(女性ホルモン)を補給するためのバランスの崩れた代謝を正常に戻すはたらきがある。エストロゲンの一種であるエストラジオールやエストリオールをそのまま摂取するタイプや、エストロゲンの受容体へ作用するラロキシフェンやバセドキシフェンなどがある。

後者は作用する部位によってはエストロゲンと反対の作用を示す。このおかげでエストロゲンによるがんなどの悪が抑えられている。これらはその作用から選択的エストロゲン受容体モジュレーターと呼ばれる。

副作用ホルモンバランスの変化によるがん、子宮内膜などがあり、これらの防止のためにホルモン剤を併用する。また、血栓形成傾向もよく見られる。

カルシトニン製剤

古いを溶かす破細胞にはたらき、吸収を抑制する。また鎮痛作用も示すため、背中の痛みを抑える的でも使用される。由来のものが人間のものより作用が強いため、ウナギから採れるエルカルシトニン、から採れるサケカルシトニンなどがとして用いられている。

ビスホスホネート製剤

に潜み、として破細胞を殺しにかかるなかなかオフェンシブな。エチドロンアレンロン、リセドロンなどのナトリウムがこれにあたる。吸収が悪いうえ作用がどギツいため、用後に横になったりしていると消化管にり付いて潰瘍を起こしてしまう。多めの用し、用後30分以内は横になってはいけない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AA%A8%E7%B2%97%E9%AC%86%E7%97%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

骨粗鬆症

1 ななしのよっしん
2014/10/06(月) 20:34:43 ID: L14WR7STo5
こちゅ、こつしょ、こつしょしょしょ、病気怖いね。

急上昇ワード改

2020/10/22(木)18時00分 現在

おすすめトレンド