高倉単語

タカクラ

高倉(たかくら)とは、日本苗字、地名である。

苗字としては日本各地に分布しているが、特に大分県から福岡県にかけて集中して分布している。大分県日田市では4番珠町では9番に多い苗字となっている。その他、関東近辺でも較的多めにみられる。

公家に高倉があった。藤原長良流。高倉永季を祖とし、職の衣紋をもって朝廷に仕えた。維新後は子爵となる。また、公家には藤原の高倉もあった。藤原範兼の子・範季が高倉を称した。のち絶となったが、藤原閑院流の四遠の次男・嗣良が再した。のちに名を高倉から藪へと変えた。維新後は子爵となり、昭和期には苗字を再び高倉としている。

常陸の武に高倉氏があった。常陸久慈高倉村(現茨城県常陸太田市付近)発祥。清和源氏佐竹氏の一族といい、井義久の子・泰義が高倉を称した。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

追号

架空のキャラクター

地名

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E5%80%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高倉

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 高倉についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!