高安晃単語

タカヤスアキラ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

高安 (たかやす あきら)は、田子ノ浦部屋所属の現役大相撲力士である。

概要

田子ノ浦部
基本情報
出身地 日本茨城県土浦市
本名 高安晃
生年 1990年2月28日
力士情報
所属歴 鳴戸部屋
-田子ノ浦部
最高位 大関
初土俵 2005年3月場所
大相撲力士テンプレート

1990年2月28日生まれ、茨城県土浦市出身。本名は高安晃。父親日本人母親フィリピン人のハーフである。四股名が今も本名のままなのはこの父親の意向である。「高」の字は正しくは旧字のハシゴ高であるが、機種依存文字であるため、この記事では高の字で代用することをご容赦願いたい。

身長189cm、体重170kgの体で、押し相撲を得意とする。出世がく、ノ山と共に平成生まれ初の関取となった。その後も多くの「平成生まれ初の」という称号を獲得した新世代の力士である。現在日馬富士から金星3個を獲得するなど上位キラーとして活躍している。趣味音楽鑑賞。

来歴

幼少期はピアノを習っていたが、後に辞めており、中学時代は野球部に在籍した。卒業後は鳴戸親方(元・の里)の勧誘で裸一貫、この身一つでを稼ぐほうが性に合うと感じて鳴戸部屋入門し、2005年3月場所で初土俵を踏んだ。序二段、三段で少しずつ番付を上げていったが、幕下に定着すると一気に成長して、西幕下13枚だった2010年9月場所で7戦全勝の幕下優勝を決めると、ノ山とともに平成生まれ初の関取となった。

十両となった同年11月場所は11勝4敗の成績で十両優勝決定戦に進出。4人によるトーナメント戦の1回戦で豊に敗れて十両優勝はならなかったが、翌場所は十両上位に躍進。結局、十両では一度も負け越すことなく2011年7月場所で平成生まれで初めての入幕を果たした。入幕後は上位力士には適わずに大きな負け越しをすることもあったが、2013年1月場所では12勝3敗の好成績で初の敢闘賞を受賞。翌場所では初めて上位力士を撃破して横綱日馬富士から初金星を獲得。平成生まれで初の金星獲得になった。同年7月場所でも日馬富士と2大関を撃破して殊勲賞を獲得すると、9月場所では平成生まれ初の新三役、小結に昇進した。

最近は上位でもが通じるようになり、2014年11月場所では日馬富士に続いて白鵬も撃破。1場所に2つの金星を獲得して10勝となり、殊勲賞を獲得している。2016年になると立った活躍をするようになり、7月場所は小結で11勝の技賞、9月場所は新関脇で10勝と敢闘賞の好成績で、11月場所では一気に大関取りまで狙う立場となった。しかし、兄弟稀勢の里の心の弱さに似たのかは不明だが7勝止まりの負け越しで、全に白紙となった。
しかし翌2017年は初場所関脇で11勝、場所12勝、そして場所で11勝と全場所関脇でトータル34勝を挙げ、満場一致大関推挙が決定した。大関昇進時に本名ではないしこ名をつけるという話もあったようだが、希望により高安の名のままでの大関昇進となった。昭和以降本名での大関輪島(後の横綱)、北尾(後の横綱双羽黒)、出(現大鳴戸親方)のみであり4例の本名の大関となる。


2021年3月場所では10日に9勝をあげて単独先頭であったが、ここから正代、若に敗れて照ノ富士に並ばれる。高安は14日千秋楽碧山に破れ、照ノ富士はいずれも勝ったため、初優勝を逃した。

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。当時の番付は西前頭3枚2014年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 寄り倒し 西前頭10枚 照ノ富士
3回戦
準々決勝
準決勝
決勝

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は東前頭3枚2015年3月場所)。このトーナメントでは準々決勝で稀勢の里と同部屋対決になった。決勝戦で連覇を横綱日馬富士を撃破し、初優勝を果たした。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 打棄り 西前頭11枚 旭天鵬
2回戦 寄り切り 前頭14枚 佐田の富士
準々決勝 寄り切り 東大稀勢の里
準決勝 寄り切り 関脇 照ノ富士
決勝 浴びせ倒し 西横綱 日馬富士

大相撲超会議場所2017

ニコニコ超会議2017で開催された。当時の番付は西関脇2017年3月場所)。

取組 勝敗 決まり手 対戦相手
DAY1 幕内取組 寄り切り 関脇2 琴奨菊
DAY2 幕内取組 大相撲トーナメント出場(下表参照)

大相撲トーナメント 成績

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 西大関 照ノ富士
2回戦 押し出し 西前頭11枚 石浦
準決勝 下手投げ 東横綱2 日馬富士
決勝

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E5%AE%89%E6%99%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高安晃

9 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 00:44:07 ID: gr/f9uideD
彼の大関昇進の報道を観てめて思ったけど、
本当にマスメディアハーフを持ち上げるの好きだな…
この記事の概要もなんでまっさきハーフだと強調するんだ?
個人的にはどうでもいいし、別に最後あたりの「備考」の部分にでも書いときゃいいのに…
なんだか一部の人間にはハーフという存在に異様な執着があるような気がする…
10 ななしのよっしん
2017/05/30(火) 00:58:14 ID: pzeqYjFjIr
>>9
マスメディアはともかくこの記事では出自の部分に関連してさらっと書いてるだけだから気にならないけどな
それにしてもますます毛深くなった気がする
体の輪のまわりがぼうっとくなってオーラでも出してるみたい
11 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 17:31:01 ID: tqs5L7Oxxw
何はともあれ高安関、大関昇進おめでとう

雑音に惑わされず、正々堂々たる相撲を邁進していただきたいところだ
12 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 12:43:26 ID: ssrb6ZfWfH
優勝を狙うなら、稀勢の里と当たらず、
鶴竜調子が現状最悪ってのは結構大きいよね。
もっとも、まだまだ健在すぎる白鵬という、
とてつもない脅威もあるが……。
13 ななしのよっしん
2017/06/10(土) 19:10:42 ID: jeTS1icjdN
稀勢の里と同じ出身地で同じ部屋なのはやはり千代の富士北勝海を思い出しますね。

こうなると横綱して頑って欲しいですね、本名の横綱輪島以来になりますからね。
14 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 19:56:06 ID: bZKfH6YZJw
某格闘漫画によく似た大関が出てたようだね
15 ななしのよっしん
2020/03/12(木) 20:55:40 ID: qSOoPXfe8U
稀勢のポジションを継いでしまったかの如く不遇続きだな…
16 ななしのよっしん
2020/08/15(土) 04:20:48 ID: 4ySPR7tgew
SNS見てたら日本人力士じゃなくてフィリピン人力士として扱った方がいいってがあったけど酷いと思った一方で
わからんでもないかもと思ってしまった…
実際相撲好きの知り合いも日本人かと思ったモンゴルとかばっかで面くないって嘆いてたんだよね…
17 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 18:08:50 ID: qSOoPXfe8U
一世一代の大チャンスだったのに・・・これはつらい
18 ななしのよっしん
2021/03/28(日) 18:37:39 ID: GvSCR/+3I8
正代以外の大関に勝ち、照ノ富士にも土を付けてるのに、やっぱ幕相手に3連敗ではね……まず幕内優勝ラインが4敗まで下がることも普通じゃないと思うけど
千秋楽、土俵際のはたきに定評がある碧山にあっさりやられたときは抜けたわ

急上昇ワード改