高尾蒼馬単語

タカオソウマ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

高尾蒼馬とは、DDTプロレスリング所属のプロレスラーである。二つ名は「神の子」。

概要

東京都大田区出身。1988年8月4日生まれ。身長173cm体重75kg。

日本外国語専門学校に在籍時代にUWF関東学生プロレス連盟に所属し、DRAGONGATEのCIMAのオマージュレスラー「BIMA」として活躍する。2008年にはDDT内のブランドであったマッスルのマッスルハウス8内のザ・フラワーオブレッドカーペットに出場。(当時)ガッツワールド社長趙雲梁和勝利大家健アンソニー・W・大家エレガントな介入はあったが。)、“ハリウッドストーカー市川に対して圧倒的に攻めながら1分時間切れ引き分け(その後じゃんけん敗北。)と結果を残した。

卒業後にはU-FILE CAMPでトレーニングを積み、DDTプロレスリング練習生として入団。2009年の団体最大のビッグマッチである両国ピーターパンデビューを果たし、6人タッグマッチでいきなり伊橋剛太相手にピンフォール勝ちを納める。

2010年にはDDTの若手向けの大会ヤングドラマ杯で優勝。そこで準優勝した石井慧介タッグを結成するが、すぐに裏切り中澤マイケル松永智充のシットハートファウンデーションに加入し、ヒールターンする。

2011年にはこの年の両国ピーターパンメインの権利をかけてKO-D差別級のベルトに挑戦するが、直前に既にGENTAROとの防衛戦を行った石川修司相手にシットハートファウンデーションメンバーが試合介入するなどなりふり構わない形でベルトと両メインを取りに行くものの敗北。そのままシットハートファウンデーションを追放されてしまう。しかし両国ピーターパンではシットハートファウンデーションユニオンプロレススーザン親衛隊の連合軍「スーザン・シットハートスーパースターズ」相手にDDT正規軍の一員として5対5のイルミネーションマッチで対峙。正規軍最後の一人となるが、大家をOTRて退場に追いこみ、さらに松永智充ダイビングギロチンドロップで沈め、リベンジを果たす。
その直後、当時ユニオンプロレスに所属していた高木三四郎社長が自身のユニットTKG48スカウトし、理矢理TKG48に加入することとなる。が、高尾本人が病欠した大会で行われたTKG48ほもいろクローバーZの全面対抗戦で参加していたメンバーど裏切り、TKG48は壊滅状態に陥ってしまった上、高木社長ユニオンプロレスからDDTに復帰するにあたってユニット一方的に解散してしまう。 

2012年には年明け々にユニオンプロレスからDDT本隊に復帰した高木三四郎社長が「今のDDTには反体制が足りない。」として社長にもかかわらず対鶴見亜門GMの反体制ユニットnWjを結成し、またも高木社長とのユニット理矢理加入することとなる。
そして3月にはこのタッグヤス・ウラノ、火野裕士組を倒し初のベルトとなるKO-Dタッグのベルトにく。そして「色んな団体に出たい。」との高尾本人の要望により、様々なインディー団体に参戦し1ヶで4回の防衛を重ねるが、ヤス、火野組とのリベンジマッチに敗れベルトを落としてしまう。
その後の武道館ピーターパンではnWjに加入した坂口征夫タッグを組み、佐藤光留中澤マイケルのド変態勝利。が、その直後の行で石井慧介の誘いに応じる形でnWjを脱退し、若手ユニットチームドリームフューチャーズチームドリフ)に加入する。

2013年にはチームドリフ石井高尾、そして入江茂弘タッグで新設されたKO-D6人タッグの初代王者にく。このベルトはアントーニオ本多佐々木大輔、火野裕士組に奪われるものの、この年の両国ピーターパンで行われた次期KO-Dタッグ挑戦者決定戦では石井とのタッグから勝利木高イサミ宮本裕向のヤンキー二丁拳銃に挑戦することが決まっている。

得意技 

エピソード等

関連動画




関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E5%B0%BE%E8%92%BC%E9%A6%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高尾蒼馬

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 高尾蒼馬についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード