高橋多一郎単語

タカハシタイチロウ

高橋多一郎とは幕末水戸士。桜田門外の変の首謀者の一人。

概要

文政11年(1814年)、水戸士・高橋諸住の長男として生まれる。諱は諸(ちかゆき)。

藤田に学び、尊王攘夷論の影を受ける。藤田から「常に人事をもってを征せむとする。恐らくは畳の上にて死するを得ざらむ」と評された。水戸・徳斉昭の信認も厚く、保12年(1841年)には右筆に抜された。

保15年(1844年)、斉昭が幕府の嫌疑を受け隠居に追い込まれると反対運動を起こしたが、嘉永元年(1848年)、保守によって居の身となる。

嘉永2年(1849年)、斉昭の復帰と共に高橋も赦され、安政2年1855年)に北奉行、次いで右筆頭取を歴任した。

安政5年(1858年)、大老・井伊直弼によって斉昭が永居に追い込まれるとしく反発し、午の密勅の返納にも反対。再び居となるが、同志金子孫二郎関鉄之介らと井暗殺計画を謀り、安政7年(1860年)2月に脱。自身は薩摩の攘夷と合流して挙兵するため実子の高橋左衛門と大阪に向かった。

暗殺成功の知らせを受けた後大阪生玉に潜伏していたところを捕方に包囲され、四天王寺で左衛門と共に自享年47。贈正四位。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A4%9A%E4%B8%80%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高橋多一郎

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 高橋多一郎についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/25(日)09時更新