高知競馬場単語

コウチケイバジョウ
8.2千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

高知競馬場とは、高知県高知市長浜宮田2000所在する地方競馬場である。

ハルウララ号や堀江貴文所有のホリエモン号がいたことや、競馬漫画作品「たいようのマキバオー」(つの丸)の舞台として知られる。

概要

以前は中心部の桟地区の埋め立て地に存在していたが、1985年現在の場所に移転し、現在に至る。かつてはアングロアラブ(アラ系)限定の競走も存在していたが、2008年止。同年から薄暮競走「夕焼けいば」、2009年からはナイター競走「ナイター」が通年で開始され、現在は年末年始を除く全開催がナイター開催で行われている。

おおむね4~12月は土日の連続開催、「黒船賞」「全日本新人王争覇戦」など中央交流のある時や年末年始、南関東地区のナイターがない年明けからの初めまでは日曜と週1~2日の平日開催となる。

高知県高知市で構成される一部事務組合「高知県競馬組合」が運営している。経営状態が芳しくなく、一度費負担での債務解消を経験し、以降は「あと1回赤字が出た時点で即止」とされたこともあって、一時は全競馬場のなかで最安クラスの賞・手当設定の競馬場として知られていた。地方競馬場の止が各地で相次いでいた頃は、補の代表格とささやかれながら、関係者の努の成果でなんとか黒字を計上し続け、かろうじて存続を続ける時期が長く続いた。

現在は発売日・時間帯は限定されるものの、JRAIPATからも購入可となっており、中央で痛めつけられた馬券師達が癒しめてIPAT経由で購入するケースが増えた。当初は中央終了後~IPAT購入終了の時間帯のレースの売り上げが急に伸びていたが、その後IPAT発売時間帯以外でも売り上げは急回復傾向を見せる。これを踏まえてIPAT発売を重視する開催日程調整などを行ったこともあり、回復で底を打った地方競馬の中でも出色の単年度収支善を達成した(2017年度からSPAT4でも全レース販売となったことも大きい)。また、JRAレースを高知競馬の施設で販売する「J-PLACE」化にも積極的で、本場がナイター開催で時間帯がかぶるレースが少ないことから「パルス高知」以外の本場・場外で全レース販売を行っている。

これに呼応して、賞や手当も徐々に回復傾向を見せ、最下級競走の1着賞は一時9万円にまで切り詰められたのが、2013年度より10万円、2016年度には12万円、2018年度からは16万円となったがこれも連闘限定戦のみ(2021年現在は20万円)で、通常編成の最下級レース2021年時点には50万円にまで増額されており、地方都市地方競馬としては十分なレベルにまで善。

2013年ごろからは関係者からも止に怯える状況が遠のいたことを裏付ける明るいコメントが聞かれるようになっており、近年は大規模な施設修に取り組むなど徐々に攻めに転じている。LEDゲートビジョンの導入やスタンドの大幅修、高精度測位技術によるラップタイム、上り3ハロンの可視化など、近年の設備の充実度は南関東に引けを取らない。

コースダート走路、周長1100m、コース幅22~27m、ゴール前直線200m。3・4コーナーが曲率の緩やかな形の楕円形コースで、最大で12頭(マイル戦は11頭)出走できる。なお、高知が多い土地柄な上、コース捌けが悪いと言されている状態にあり、その結果、開催の大半が馬場分を含んだ重馬場不良馬場で行われることが大変多い。このため、良馬場、稍重馬場データが薄いこともあってか馬場が良い方が結果が荒れるという不思議特性をもつ。

単勝・複勝・複(出走が9頭以上のレースのみ2012年9月発売再開)・複・馬単ワイド・3連複・3連単の8種類の馬券を発売しており、番連単式は他場開催のみ発売。入場料は100円(ただし、1レースより前に場外発売している場合は場外発売のみの時間帯に入場すれば無料)。なお、特別観覧席は400円(入場料別)と格安である。※コロナ対策期間中は入場無料

重賞競走として、高知競馬一のダートグレード競走である「黒船賞」(Jpn)をはじめ、JRA福永祐一騎手であり、高知出身でもある往年の天才ジョッキー福永洋一氏の功績を讃えて創設された「福永洋一記念」、「黒潮スプリンターカップ」(地方交流)、「高知県知事賞」(大晦日に行われる高知最長距離(2400m)の重賞)、「高知優駿黒潮ダービー)」(2017年よりダービーシリーズ構成競走となり地方交流化)等がある。厳寒期には重賞の1着賞高知県知事賞135万円、古重賞50万円、2・3歳重賞に至っては27万円という競馬の賞とは思えないレベルになっていたが、現在は少なくとも300万円黒船賞を除いては最も格式ある「高知県知事賞」は2021年よりバブル期のピークをも越えた1着賞1,600万円というビッグレースとなっている。

また、福山競馬場との交流を行っていた時期には「中四国連携競走」として相互に交流重賞を設定していたが、福山止によって取り組みも自然消滅となった。なお、福山競馬場が実施していた「大高坂賞」は2013年度より高知重賞として実施される。また、2013年度からは、一部の特別競走を「準重賞」に格上げしている。

若手騎手の活躍の場を増やす取り組みも行っている。1986年から行われている、中央・地方免許取得3年以内の騎手が1度だけ招待され、「新人王」の称号を賭けて争われる「全日本新人王争覇戦競走」も恒例のレース2013年にはこのレース三連単の配当が500万円をえる高配当をマークした。現在JRA地方競馬の若手騎手が通年レースで腕を競う「ヤングジョッキーシリーズ」と共に健在。

これとは別に個人で1万円を支払うことで橋口アナPうっとりさせてもらえる権レースに協賛できる「個人協賛競走」も設定されている(冠協賛レースシリーズの記事を参照)。なお、以前は1人で何レースも協賛できるジャック的なことも可であったが、2020年度からは申込者1人につき1開催日1レースの協賛となっているので注意。

 所属馬の特徴

かつては地方競馬の他場で行われる交流競走への出走がやたら多いことで知られた。長年賞・手当が低かったこともあり、交流競走へ出走した方が賞や手当ての低い自場よりも(たとえ結果が残せなくても)割に合うという側面があったとされ、かつては、出て回って帰るだけのも多かった。しかし、最近は中央で実績のあったが移籍することもあり、馬券に絡んだり、勝つケースもみられるようになった。なお、交流競走で勝負になるの場合、高知所属でも地元で走るのは年に数回と言うケースもある。近年は自場で十分稼げるようになったこともあり、理して遠征するケースは減少している。

10歳をえる高齢や一見引退するような脚元不安を持つでもふつうに出走する競馬場である。もともと他場で勝負にならなくなった移籍が大半を占めていた事情もあり、の格付けを近2年の成績だけで算定して現状の実を反映させる仕組みになっている。また、齢による引退制度がないことから、走れる限りいつまでも走ることができ、また、砂が深く脚にやさしい馬場や、脚元不安、高齢に対応するノウハウが培われているとされる。また、特に高齢は現役を続けられるぐらい丈夫だったり実があるばかりなので決して侮れない存在であり、中央や地方他場で頭打ちになっても高知で再び甦ったケースは数多くある。
記録のはっきりした時代以降の最多出走記録の上位の最終出走地は高知が多い。最多記録1位のセニョールベスト号は出走回数が409戦をかぞえ、2位のミヤマリージェント号とともに15歳となった2014年まで高知で現役であった。

逆にJRA認定競走がない事情もあってかつては新の入厩が皆無に近く、い段階で移籍してくる2歳は、同年代のの数がうまで、戦以上こなした10歳をえる古とも対戦するがふつうに見られた。また、3歳も他場よりも頭数が集まらず、レース編成が硬直化してしまうことから、2・3歳は一定賞以上を獲得した時点で重賞以外の2・3歳限定戦から強制卒業となり、あとは古レースに出るようになる。ただし、3歳の上位なら古相手でも互以上に渡り合うケースしくなく、場合によっては2歳でも古を負かすこともある。

一方で、2015年度から(当時としては)重賞並みの賞を出す新馬戦の実施や、各種ボーナスの贈呈など、2歳新の入厩を増やす取り組みが始められ、初年度のディアマルコ、2年のフリビオンと立て続けに3歳の地方交流重賞に遠征して勝利する実が登場。近年は安定して高知デビューも一定数登場して2歳戦が安定して組めるようになったことから、2歳が古と走るケースはかなり少なくなった。

一発逆転ファイナルレース

高知競馬独自の試みとして、多くの開催日での最終レースは「一発逆転ファイナルレース」の競走名で施行されており、定されたクラス内にいるの中から記者選抜により出走が選抜されレースが行われている。ただし、選抜達はいもってほかのレースなら買いからっ先に外される低迷ばかりが敢えて選ばれている。このため、「で予想しようにも決め手がまったくない」、「騎手で予想しようにも騎手の実でもカバーできないばかり」と難解を極め、結果、一発逆転可な高配当が生まれやすいレースとなっており、2014年3月には三連単の配当が600万円をえる高知競馬史上最高配当をマークしたのもこのレースであった。(なお、この三連単最高配当記録2022年12月10日の第8レースチェンサバ特別で塗り替えられている(7273960円))

高知競馬は、もともと少頭数立てのレースが多く、また、実差がはっきりしたレースもしばしばみられるなど、地方競馬の中でも特に堅い決着になるイメージが強く、馬券妙味に欠けるとされていたため、それを補うために敢えて難解レースを最終レースに組んで名物としたものである。高配当の旨みだけでなく、普段は成績下位の騎手が強い競馬を見せたり、ずっと掲示板にすら載らなかったが突如1着になるなど、ファン不思議感動を呼ぶレースとなることも多い。また、配当の払戻率の自由化に合わせ、2014年6月から最終競走(「一発逆転~」でなくても適用)の三連単のみ払戻率が77(通常72.5)に引き上げられる試みも行われている。
今や高知競馬だけでなく地方競馬の名物レースとしてすっかり定着しており、開催日の競馬界全体における最終レースとなることもあってか、このレースだけで1億円をす売上をマークすることがもはや日常というような状況になっている。

なお実差が見極めにくいクラス替え直後など、時折記者選抜が行われないこともあり、その時は単に「ファイナルレース」というレース名になり上記の傾向にならないこともあるので、出走表に「記者選抜」ないし「一発逆転」の文字があるかどうかの確認が必要である。

高知競馬のスターたち

高知競馬は古くから地方競馬の最底辺という位置づけではあったが、それでもスターホースが現れる事があった。

かつての高知では産が営まれており、南関東あたりでならした名種牡馬入りを見据えて顔見せも兼ねて走るケースがあった。
そうしたの中で最大の大物が、ヤシマナシヨナルである。
1969年東京大賞典優勝、啓衆社の選ぶ日本一(現在NAR年度代表馬に匹敵)を受賞、宇都宮競馬斤量76キロでの勝利という今後も破れられないだろう日本記録立した昭和40年代を代表する名であった。
高知でも記録に残る限り負けしの大活躍であったが、引退前にした1973年1月27日、厩舎火災によって命を落とした。

また、アングロアラブの走っていた時代は高知にも全区のが現れる事があった。その最たる例がイチヤである。
1994年デビューし、重賞3勝を記録する一方で当時アラブ競走の最高峰に位置づけられていた園田賞に出走、その後上山競馬500万円と伝わるトレードマネーで移籍。当地でもトップスターとして重賞を総なめにした。

移籍組だとハッコウマーチが有名である。
デビューした園田では芽が出なかったが、1995年高知デビューすると当時の日本記録タイである26連勝をマーク。2着を挟んで連勝して佐賀に遠征し、アラブ大賞典で優勝。続く高知での開設記念競走2着を最後に引退し、種牡馬入りの快挙を達成した。

この辺りまで高知競馬もレベルはともかく気が良かったが、バブル崩壊と共に々の知る高知競馬に近づいて行き、活躍は途絶える。

そんな中、久々に他地区へ打って出たのが1998年に初の高知三冠を達成したカイヨウジパングである。
高知出身として初めてのGI挑戦としてダービーグランプリへ遠征し、長距離の移動、盛岡から水沢への会場変更の上でのレース延期というハンデを負いながら6着。黒船賞でも6着に入った。
しかし、その後は中津競馬に移籍して止と同時に引退。その後の末は恐らく、想像の通りであろう。

高知競馬の止がほぼ前に迫る中、中央で1戦して移籍してきたのが「高知怪物イブキライズアップである。
左前脚に不安を抱えていたものの関係者の尽で走れるようになり、初戦は3着に終わったもののそこから怒涛の18連勝をマーク佐賀サマーチャンピオンに遠征して6着に敗れて連勝は止まり、その後低迷したものの高知県知事賞を優勝
しかし、その後競走中の事故骨折、何とか命は助けようとした関係者の尽むなしく予後不良となった。

「負け組のハルウララマスコミに注されたのはあの橋口アナPイブキライズアップの抱き合わせでマスコミに売り込んだ結果であり、本当に高知競馬を救ったのはイブキライズアップと言うべきかもしれない。

ハルウララが去った後の高知競馬は再び苦に陥るが、中央から屈腱炎により除籍された「高知大将グランシュヴァリエが中央三勝という破格の実績を伴って移籍してくる。
雑賀厩舎に移籍したグランシュヴァリエリハビリの後、ケアを行いつつ全を飛び回って強の集まるレースに参戦し続け、高知競馬のイメージアップに貢献する。結果、もう一度赤字を出せば即止という崖っぷちの高知競馬の収支に黒字をもたらして見せた。グランシュヴァリエ2015年まで走り、引退引退後は2年間のみだが高知所属のとしては本当に久しぶりの種牡馬として活動し、産駒の内の一頭は高知優駿高知ダービー)の勝となった。現在北海道で乗となっている。

グランシュヴァリエの登場以降高知競馬のレベルはナイター開催とネット投票の普及で売り上げが上がるとともにに見えて向上し、2015年には長く行われなかった新馬戦復活
その久しぶりの新馬戦を制したがディアマルコである。
3歳のシーズンから積極的な遠征を展開し、園田東海を中心に重賞戦線を荒らしまわり、兵庫マークイーン賞3連覇を筆頭に重賞9勝を記録2018年にはNARグランプリ4歳以上最優秀タイトルを獲得。

引退後は繁殖入りし、2021年には福山の王者カイロスとの初が誕生。今や高知が各地の重賞勝利を収めるのは日常的なであり、高知競馬の動向からはが離せない。

高知競馬の人物

交通アクセス

JR高知駅より約10km、高知空港より約20km。2009年に一旦無料送迎バスの常時運行が止されていたが、2013年4月末から1往復ながら無料送迎バスの常時運行が再開されている(現在の運行区間はJR高知駅~南はりまや~高知競馬場)。時間が合わない場合は、自路線バス(本数、時間帯が限られているのでダイヤを調べておくこと必須)、タクシー等を利用するとよい。裏技としては高知市地から長浜地区、横浜地区へ向かうバスに乗り、そこからタクシーへ乗り継ぐという手も有効。この場合なら出費は片1000円ほどに抑えることができる。

路線バスはかつては競馬場から少し離れた競馬場北口というバス停から歩く必要があったが、JRA場外発売利用者向け?なのか土休日競馬場に乗り入れるようになり、来場のために歩く必要がなくなった。

ニコニコ競馬チャンネル

ニコニコ動画は古くから高知競馬場で行われた「痛レース」の個人協賛競走の成果発表の場として活用されており、そこで橋口アナPからの絶妙のコメント返しに好印コメントが数多く寄せられるなど、もともと高知競馬場とニコニコ動画との親和性は高かったが、2017年12月12日の開催より、ついに「ニコニコ競馬チャンネル」での全レース中継に加わることが発表された。現在ではYouTubeでも中継を配信しており、馬券対決番組の「ヨルノヲケイバ」も同時に配信中。

もともと個性的な人、、出来事が多いこともあってコメントも毎回盛り上がりを見せており、「一発逆転ファイナルレース」のファンファーレの際には重賞でもないのにコメント弾幕で画面を埋め尽くすのが定番となるなど、お約束的なものも々に生まれるなど定着している。

関連動画

黒船賞高知県知事賞

 個人協賛競走

関連商品

高知競馬場に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連チャンネル

リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

高知競馬場

35 ななしのよっしん
2022/06/22(水) 11:15:38 ID: gjTyy8e6Ow
協賛レース埋まりまくりってて
今問い合わせたら9月までは全部、10月はあと2しか残ってなかったぞ
自分が10月の1抑えたから10月は残り1だな(9日だったかな)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 03:53:13 ID: xE5jO1QlzB
ダノングッドはもっと有名になってほしいな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2022/07/13(水) 23:00:59 ID: FJu//3BJts
ガルボマンボ頑ったなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2022/08/29(月) 00:44:11 ID: WMYBvqWyf2
ガルボマンボ号:高知優駿黒潮菊花賞二冠戴冠
👍
高評価
0
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2022/09/17(土) 11:01:12 ID: FJu//3BJts
やっぱり高知所属の中では抜きん出ているよなあガルボマン
まあジャパンダートダービーに出走できるだから当然といえば当然なんだが
👍
高評価
0
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2022/12/10(土) 20:51:18 ID: /XYTs0YOn1
今日の8R(チェンサバ特別)で三連単7,273,960円という高知競馬場三連単最高配当の大波乱が
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2022/12/31(土) 20:02:31 ID: FJu//3BJts
高知優駿勝者でジャパンダートダービー出走経験のあるガルボマンボが高知県知事賞を制覇
👍
高評価
0
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2023/01/03(火) 18:13:50 ID: a61wuUu9lR
>>41 🐴「しかも芦毛
👍
高評価
1
👎
低評価
0
43 ななしのよっしん
2023/01/16(月) 04:12:12 ID: iWRMafIvQL
お芦誰
👍
高評価
2
👎
低評価
0
44 ななしのよっしん
2023/01/24(火) 07:51:31 ID: 9e2G4Sox7F
今年は二月十四日が高知開催だから、今年も開催されるなら十六回になる風物詩となってる「個人協賛レース」、嫉妬の炎特別がバレンタインデー当日に開催されるのか……
👍
高評価
1
👎
低評価
0