高見公人単語

タカミナオト
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

高見公人(たかみ なおと)とは、ステレオドラマもっと!ときめきメモリアル」の主人公である。

 CV小野坂昌也

概要

ゲーム本編主人公ベースモデルにしたラジオドラマオリジナルキャラクター

基本的な設定は本編主人公に概ね準拠したものとなっているが、いくらか特徴が追加されている。 以下に列挙すると、

  • 「女難の相」持ち(十一夜恵談)
  • 妄想癖がある
  • はするが、方向性がずれていたり、女難に巻き込まれ報われないことが多い
  • それでもやる時はやる

と、なっている。

その為かドラマ中では、 詩織を振り向かせるために努する→何らかのハプニング女の子絡み)に巻き込まれる→そのせいで詩織から誤解される→詩織「ふん!」→人「し、詩織ぃ~!」 という流れが物語中盤までの「お約束」となっていた。

上記のように幾らか違いがあるものの、本編主人公に最も近い存在であるためか、本編主人公に名前をつける際にはこの「高見公人」が用いられていることが多い。

妄想癖「一人芝居」

人の妄想癖を具現化した「一人芝居」は、リスナー腹筋を破壊するほどの強インパクトを誇り、高見公人といえば一人芝居といわれているとかなんとか

妄想の内容は原則的に「デート等が成功して詩織ラブラブになる」というもので、「詩織!」、「人君!」と連呼しているうちに詩織本人がやってきて詩織の「人君」の一言で妄想ストップする、という流れとなっている。 小野坂氏の怪演振りが生み出した一人芝居のインパクトは、文面では伝えきれないほど強なので、興味があったら一度聴いてみる事をお奨めする。

余談だが、ファン感謝イベント「全イベントキャラバン」にて、「自分の誕生日さんに祝福してほしい」と希望したリスナーに対して、小野坂氏が「タダでは駄」と、この一人芝居を課題にした事がある。
(注釈:第2回全イベントキャラバン名古屋会場にて確認。まず、お手本として小野坂氏が一人芝居の実演を行い、続けてリスナーがお手本通りに演じる形を取った。)

掟破りの・・・?

初代ときメモといえば「卒業式の日に伝説の樹の下で女の子から告白」というのが定番だが、物語中盤にて人は、伝説の樹の下で詩織告白するという掟破りの手段に出たことがある。但し、内容は「人になってほしい」というものではなく、「卒業までに詩織の理想に届くような男になってみせるから、待っていてほしい」というもの。なお、この告白に対し詩織は「待ってる」と返答した。

この回以降中盤までの流れから一転し、シリアスな展開が多くなっていくのである。

なお、この人の告白シーン最終回ラストシーンを押さえ、ドラマ名場面1位に選ばれている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E8%A6%8B%E5%85%AC%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高見公人

1 ななしのよっしん
2012/06/18(月) 07:15:41 ID: 3u8JxjNAN8
ヤングカンベーって本編にもGSにもでてないね

急上昇ワード改

2021/10/21(木)03時00分 現在