高速バス単語

コウソクバス

高速バスとは、高速道路自動車専用道路を経由して都市間、あるいは都市観光地などを結ぶために設定されたバスのことである。

そのうち日を跨ぎ、移動中に乗客が仮眠を取ることを念頭に置いて運行される路線を「夜行バス」と呼ぶことがあり、対義として「バス」という表現が用いられることもある。 

事業者によっては、「特急バス」「急行バス」と呼んでいるところもあり、また乗客に向けて掲出・案内される種別、および運用上のそれも「特急特急)」「急行」「高速」など、さまざまである。

概要

そもそも「高速バス」って何ぞや?

「高速バス」と聞くと、多くの人が思い浮かべるのが「中に乗り込んでバス内で寝て、起きたら的地に着いてるバス」ではないだろうか。その際に高速道路を使うから「高速バス」と。

が、実は「高速バス」と言う言葉に法的な裏付けや厳密な定義はなく、事業者ごとに多種多様な形態で、高速道路を使用して運行されているものをひっくるめて便宜的に「高速バス」と呼んでいたりする。またいわゆる「ツアーバス」も人によっては「高速バス」と呼ばれることもあるが、高速バスの定義そのものがあいまいなため間違いとも言い切れない(後述)。

どんな高速バスがあるの?

ここで定義付けをしようとすると「高速道路使ってるから高速バスなんじゃないの?」と言うもっともな疑問が持ち上がるが、「高速道路使ってるけど立ち席が存在する」「近距離都市間を結ぶ過程で高速道路使ってるだけ」のようなバスも存在する。ひとまず「高速バスと一般的に呼ばれているもの」「高速バスとなんとなく捉えられているもの(またはそうでないもの)」などを紹介したい。

なお、高速道路を経由して運行するバスは、立ち席が禁じられており、法令シートベルトを必ず着用しなけばならないと定められている(先述した都市高速を経由する路線バスに関しては、最高速度を60km/hとする代わりにこの規程を適用していない)。よって、定められた座席数以上の乗はできず、事前に便と座席位置を定し、枚数を限定して乗車券を販売する「座席定制」や、乗車券の販売に制限は設けていないものの、乗時に限って人数制限を行う「座席定員制」を採用している所が多い。詳細は後述。

定義付けは曖昧だが、強いてまとめるなら「高速道路を使用し」「乗前に予約してチケットを受け取り」「着座を義務付け、座席定制や座席定員制を設けている」バスを「高速バス」と呼ぶことが多い、と言えそうである。

「高速バス」と「ツアーバス」の違いって?

あくまで路線バス扱いの高速バスと区別して「ツアーバス」と呼ばれているものは、「貸し切りである」ことを除くと機としては高速路線バスと大きな差異はない。なので、ツアーバスも「高速バス」とひっくるめて呼んでいる旅行会社や報道機関も多く、明確な定義がないため間違いとも言えない。

他のはっきりした違いは「高速道路の適用料」があり、高速路線バスは乗合バスなので「大」、高速ツアーバスは貸切バスなので「特大の料区分となる(そのため、前者は車両前部や運転席下部、リアなどに「路線バス」と掲出する例も多い)。本線バスストップ手前などの高速道路標識などでは、高速路線バスのことを単に「路線バス」と表記している。

※ただし、2013年8月1日に、ある程度経営体のある「大手ツアーバス事業者(当時)」を除いて事実上この事業からは撤退を余儀なくされ、一種異常であった不当廉売とも感じられるような低価格競争および、乗り場の不正確さも是正されつつある→ツアーバスの記事も参照。

歴史

高速バスの夜明け~「ツアーバス」の出現 

日本の高速バスの歴史は、日本における高速道路開通の歴史と重なっている。

1963~64年(昭和38~39年)、日本初の都市高速道路となる名神高速道路が順次開業する。それに合わせるように、近江鉄道阪急バス日本急行バス国鉄バスがこの高速道路を走行するバス路線を開設した。名古屋大阪神戸間を結ぶ名神ハイウェイバスもこの頃から設定され、今日も元気に運行中。

他にもJRバス夜行便でおなじみ「ドリーム号」が、1969年昭和44年)の東名高速道路開通に合わせて設定されている。

1970年代オイルショック新幹線網の拡大によって、拡充の動きが鈍る。しかし80年代に差し掛かると、国鉄が毎年のように運賃を値上げて寝台列車も順次削減していったため、「安価な移動手段」として高速バスの路線網が再び拡大しはじめる。いわゆるクローズド・ドアシステム(発エリア以外での乗を想定しない制度)もこの頃導入さた。

また、この80年代には、北海道の「北都交通」が会員制都市バスの運行を開始している。ツアーバスの元祖といえる。

高級化による進化~「代替手段」から貴重な「足」へ

80年代も後半に差し掛かると、バブってる気に乗ってバスも高級化を図るようになる。

例えばドリーム号ムーンライト号(阪急バス)などでの「3列シート」の導入がある。現在ではおなじみだが、長らく4列シートを標準としてきた高速バスに「快適さ」を持ち込む試みは大いに受け入れられた。他にもトイレが多くのバス行・夜行を問わず備え付けられるようになったり、一部事業者の長距離路線などには給湯器とインスタントコーヒーお茶類のティーバッグ、コップを備えたものまで登場した。もっとも給湯器などはペットボトル飲料の普及・進化により、最近では姿を消しつつある。

都市間のみならず、大都市と中小都市の間を結ぶバス路線(長距離路線では1986年の「ノクターン号」東京弘前線が初と言われている)が盛んに設定されるようになったのも、この頃である。

90年代になると、バブってる気も崩壊して乗客が減少し、路線網が輸送需要に対して過剰となったため整理が進むようになる。一方、明石海峡大橋東京湾アクアラインなどのように、自動車のみが通る連絡トンネルが開通し、また高速道路網の整備が進んだことにより、鉄道や短・中距離の船舶が担っていた乗客の大半がバスに移行した地域も立つようになる。

規制緩和とIT化の大波

2000年代になると規制緩和の波が到来し、それまで設定に制限が設けられていたツアーバスが本格的に都市間輸送にも参入するようになった。これにより多くの「ツアーバス」新規参入業者が生まれてしい価格競争となり、後述するが「安運賃」と言う消費者側のメリットの陰で様々な問題を引き起こすことになる。

それまでの「高速バス事業者」も規制緩和による価格競争の大波に対抗すべく、運賃の割引、設備を簡素化する代わりに運賃を値下げしたバスの設定、逆に若干の割増料を上乗せして「2列シート」や「2+1アブレス仕様」の幅広3列シートを導入し高級化を図る、などといった動きが見られるようになった。

また、「乗り心地」以外にも、IT化の進展による予約システムの洗練が進む。そのひとつが各コンビニチェーンが店舗に設置する高機マルチメディア端末からの、情報の入手や予約・決済まで可としたシステムである。さらにwebを利用した予約システムが構築され、PCケータイ現在ではスマートフォンを利用して手軽な予約・決済が可になっている。

営業所に電話したり直接出向いて予約する必要もなくなり、多くの新規参入事業者が生まれたことによりサービス・価格競争も進み、さらには高速バスの価格較も出来るようになったため、「利用者にとっての」高速バスの使い勝手の良さは2000年代に入って劇的に向上した…と言える。

ダンピング、過労、大事故、そして「新高速乗合バス」制度の発足

規制緩和は数多の新規参入者とサービス競争を呼び、「乗って寝て起きたら的地、しかも安い」は多くの消費者にとって福音であった。…が、多くの事業者にとっては果てなき競争と疲弊の始まりでもあった。かくして過酷な労働環境が生まれ、大事故がいくつか発生する。

2007年大阪-長野間を運行していたスキーバス大阪モノレールの高架突し、添乗員が死亡ドライバーの居眠り運転で片付けられそうだったこの事故で、旅行会社側の「ダンピング強要」「乗務員不足で運行不可能、と言うバス会社の回答を視した運行の強要」バス会社側の「スタッフ不足」から来る「長距離ワンマン運行とドライバーの過労」と言う問題点が明るみになった。

ここから2011年「貸切バス事業者安全性評価認定制度」が開始され、日本バス協会が安全性に対する取り組みを評価してマークをつけるなどの対策が取られ始めるが、その直後の2012年に再び大事故が発生してしまう。

金沢を出発し、終点ディズニーランドに向けて関越自動車道を走行していたツアーバスが、ドライバーの居眠り運転により防音壁突。7人が死亡する大事故となった。このバスも相場の半値以下と言う運賃で運行され、ドライバーは短距離バスメインの運転経験しかない上に日雇い(違法)、バス会社も数多の法令違反が発覚する。

この事故を契機として、安を売りに安全を軽視してきた業者を排除して業界の健全化を図るべく、従来からの「高速バス」と「ツアーバス」を一本化して「新高速乗合バスとする新制度が2013年7月に発足する。様々な業態変更と規制を課した新制度発足により、ツアーバス事業者の実に7割が撤退した。

とは言うものの、仕事欲しさに法令違反上等の依頼を受けてしまうバス事業者や、その立場に付け込んで無茶振りをカマす旅行会社もまだまだ多いようで、2016年には軽井沢にて、15人が死亡する転落事故がまたしても発生している。安さの裏に何があるのか、利用者側もめて考えなければならないだろう。

最近の高速バス~競争からタイアップまで

再三述べたように、高速バスのメリットは「乗って寝て起きたら的地、しかも安い」が大きいウェイトを占める。しかし「安さ」「さ」を大きく上回るライバルが、2000年代後半より出現した。LCC(格安航空会社)である。セール時には成田-関空路線を2000円ほどで販売する狂気じみた安さ…とり合うのは不可能なので、LCCが離着陸する空港に向けて中距離区間を運行したり、東京駅から成田空港に向けてのリムジンバスを格安で運行したり…と言った方策に乗り出しているところもある。

安さで敵わなければ高級化だ!ということで、東京-徳島間を運行する「マイフローラ(海部観光)」や、広島-横浜町田間を運行する「ドリームスリーパー(中国バス)」など、バス自体の居住性と安眠まで追求したバスも出現。ファンの支持を集めている。

また、長距離フェリーとの連携を積極的に図る動きもある。都市から別の都市フェリーの発着港までを高速バスで結び、フェリーと連絡して長距離の移動を安く実現させようというもので、バスと航路の連絡乗車券バス-フェリー-バスの連絡乗車券、それに両者の利用をセットにした企画旅行商品などが各種設定されるようになった。他にも、

などなど。移動手段の多様化に伴い、「高速バス」は同業者・異業種との単純なシェア競争だけでなく、様々なタイアップバス自体の高級化などを通じて、かつて鉄道が担っていた役割の補から「移動手段そのものに対する、新しい価値観の提案」までも行っている。

乗車券

高速バスは一般路線バスと異なり、乗車券事前に購入してから乗することが多い。乗車券の発券方法も大きく3通りある。

予約はインターネットでの予約とバス会社の予約センターへの電話窓口で直接の概ね3通りがある。

座席定員制

座席定なしの方式。事前予約が出来ないので乗車券事前窓口で買うか、一般路線バスのように内で整理券を取って降時に運賃を支払うか、乗時に降バス停を告げて運賃を支払う。

先着順に乗し、いてる席であればどこでも座れる。正座席が満席になったら補助席を展開し、それも満席になったら次の便へ回される。近距離路線の多くがこれ。

予約定員制

事前に乗する便だけを定して予約し、乗時にはいている席をどれでも自由に選んで座る。予約さえ取れればその便には確実に乗できるので、満席で乗れないなんてことはない。

予約なしの飛び乗り乗の場合は予約客を優先する関係上、乗できない場合がある。補助席がある場合はそれを展開し、飛び乗り客は補助席に座らせ、予約客は正座席へ回す事もある。補助席も埋まったら次の便へ回される。

座席指定制・予約指定制

事前に乗する便と座席を定して予約し、乗時には定された席へ座る。予約さえ取れればその便のその席は確実に座れるので、行ってみたら条件の悪い席しかいていなかったなんて悲劇は避けられる。

中長距離路線のほとんどと夜行路線のほぼ全てがこれで、乗車券事前バス会社直営窓口旅行会社などで購入する。それ以外の場所だと以下の場所で購入できる。

運賃の精算

高速バスは1社単独運行という例はいわけではないが、全体的に少数であり複数の会社が運行に関わる「共同運行」が多い。

この場合、運行に関わる会社間で運賃収入の精算が行われる。精算はプール精算方式が一番多い。

プール方式とは運行に関わる会社のうち1社が幹事役となり、その路線に関わるすべての収入を一旦取りまとめた後、運行便数や走行キロ数に応じて各社に配分する方法である。例えばA社とB社が共同運行する毎日上下1便ずつの夜行路線でA社は183回、B社は182回運行した場合、A社には収入の50.1が配分され、B社には残りが配分される。
例えA社かB社どちらかの乗客数が極端に少ない場合でも運行回数や運行キロに応じて収入が確実に入るため、多くの高速バスで採用されている方式である。

プール精算方式を一番最初に採用したのは西日本鉄道阪急バスの共同運行で運行を開始したムーンライト号で、最も多くの会社が共同運行する路線中央高速バス飯田那線である。

なおJRバス関東では支店同士で運賃のプール精算が行われている。例えばかしま号の場合、まずJRバス関東京成バス関東鉄道の3社で運賃を分配し、JRバス関東の収入は更に東京・東関東・土の3支店で更に分配される。これはJRバス関東が支店ごとの独立採算制を採用しており、支店が担当する高速バスの収入はその支店の収入として扱われるためである。

日本で高速路線車として使われた実績のある主な車種

現在絶版も含む。

いすゞ自動車
バス

旧:日産ディーゼル
(現:UDトラックス)


ネオプラン


日野自動車
現代自動車
ボルボ


三菱ふそうトラック・バス
メルセデス・ベンツ
ヨンケーレ

高速バスの事業者属性

にこのように分けられる。(ここで挙げる例はニコニコ大百科内に単独記事のあるものを中心に挙げる。)

アライアンス

航空連合組織である「スターアライアンス」や「ワンワールド」ほど明確・有り体・「一枚岩」ではなく、複数に加盟していたり、加盟こそしていないものターミナルの共用を行ったり、営やグループは異なっていても路線単体で共同運行をするなどして事業者同士の関係は良好であったりするなど(逆に「ダブルトラック」「トリプルトラック」、鉄道業の親会社と組んで前広場やバスターミナルなどから締め出しを行う、更に「架けた梯子を外される」などして関係がこじれると「三角関係」になるなど、微妙・険悪な例もある)、高速バス業界も顧客の囲い込みを図り、乗客の利便向上に注するために航空業界と類似の組織を結成している。

バス予約のwebサイトで「どのバス会社を取り扱っているか」で、うっすらとアライアンスの関係が見えてくるのも興味深い。

また広報量や表示面積などに差はあるものの、一部でバス体外部への表示を積極的に実施していたりするので紹介しておきたい。名称やアイデンティティを明確にしていくことにより、「名買いされる高速バスのアライアンス」志向が強化されてゆくことも予想される。

TV番組企画

北海道テレビ放送深夜番組「水曜どうでしょう」において、同番組の方向性を確立し、外での人気を獲得した企画のひとつ「サイコロの旅」においては、高速バスが頻繁に登場している。

放映当時は日本一の長距離路線であった「はかた号」(西鉄バス東京福岡間)など、この企画で知名度が高まった高速バス路線も多い。

なお、この番組内では、夜行高速バスのことを「深夜バス」と表現している(日本語の誤用当該記事も参照)。しかし、運行されている日本の大都市圏においては、一般的に深夜バスというと、都市部周辺において23時以降の時間帯に「深夜急行バス」「深夜特急バス」などと称し、日中路線バスに割増運賃を設定して、深夜の移動需要(に帰宅需要)を満たす近・中距離路線バスのことをすことが多い。→「深夜バス」記事も参照

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E9%80%9F%E3%83%90%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高速バス

24 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 19:35:10 ID: wvcEFrakJq
>>21>>22
取り組みとしてはよくわかった。

けど、表向きなんかねえ…。肝心のLCCの記事のコメント見てたら、どうも安全性に関してはまだ疑問符が付くことばかり書き込まれてる。どっちにしても、客都合のキャンセルはともかく、気条件で飛ばなかったら、代行輸送もできませんって程度のサービスじゃ利用しようとは絶対に思わん
25 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 03:34:40 ID: BAVfg8L6QM
>>24
おや、ウソキバおたくのwvcEFrakJqが反もなくまた書き込んでるじゃないか。
の期に及んでまだ開き直るのやめたほうがいいよ。
せめてついちゃったことはごめんなさいしようよ。

格安航空会社の記事見に行ったけど、>>37に「LCCが危険だと言うなら、事故死する可性がさらに高い自動車なんか当然使っていないんだよな?」って書いてあったし、これが端的に的を得ていると思う。
高速バスも客都合のキャンセルはともかく、気条件で運休したら、代行輸送もできませんって程度のサービスじゃん?LCCと同類じゃん。

てか、はwvcEFrakJqみたいな飛行機disりたいだけのウソキバおたくとは違うし、バスにはバスのよさがあることは認めるし、LCC住み分けできればいいんじゃないかと思う。>>21>>16の意見に概ね同意だ。
26 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 16:00:01 ID: pXkr4Hy4EV
【「平成」と乗りもの】高速バスの乗客、バブル期は都会に焦がれた若者 30年後の内は
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5146412exit_niconews
27 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 01:41:08 ID: pXkr4Hy4EV
岡山迷路バスストーリー①「小さすぎる!?高速バス
https://www.nicovideo.jp/watch/sm15016112exit_nicovideo

ttps://blogs.yahoo.co.jp/hiroshimakenjin989/8953723.html
28 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 12:46:54 ID: wvcEFrakJq
>>25
がいつバスオタクとか言ったんだろう。別に
バスオタクでもなんでもない。ただ、その現場に
行くのに、一番信頼できる交通手段を選択して
行くまで

それともこいつはみそに飛行機でも墜落したか?
29 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 09:37:36 ID: BAVfg8L6QM
>>28
そう、バスおたくじゃないのか
でもおまえは飛行機を罵倒してたよね
挙句もついてたし
でもってそれについて一切謝ってないし、
>>28飛行機に何か恨みでもあるの?
30 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 09:44:48 ID: fuDercp/Sv
高速バスなんていうクッソ地味な記事で言い争い起きてるの
31 削除しました
削除しました ID: BAVfg8L6QM
削除しました
32 いいニュースがあるぞ >>12
2019/04/19(金) 00:27:15 ID: yoXJ5/rNjt
>>12
>運転士二人体制が必要
東京大学で「高速バス自動化への考察」という研究発表があった
www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/71/2/71_111/_pdf/-char/ja
(1)出発から入口ICまで各1人ずつ運転
(2)IC通過後からは隊列走行、後ドライバーは休憩
(3)数時間後に運転手を交代、後ドライバーは休憩
(4)出口IC近くで後ドライバー復帰 到着まで各1人ずつ運転
※本来であれば、1台につき2人運行なので計4人が必要

今、新東名トラック隊列走行が実験中だがコイツを応用すれば
東京-博多間で、2台に増にした上でワンマン運行ができる
33 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 11:29:47 ID: GMFgnrJP6n
夜行バスに乗り遅れた男 「乗せろ」とドア叩き立ちふさがり運行妨 運転手「絶対に理です」と通報、立ち去る
https://www.j-cast.com/tv/2019/04/18355620.htmlexit