高野宏一単語

タカノコウイチ

高野宏一とは、日本カメラマン・特技監督・演出である。日本映画監督協会会員。

概要

1935年8月28日東京府に生まれる。成学園高等学校卒。

円谷英二の次男である円谷皐と小学校同級生だった縁で、1954年東宝契約し、1955年ゴジラの逆襲』にて円谷の元で撮影助手を務める。
この時、ゴジラアンギラスの格闘シーンの撮影速度を「高速度スローモーション)」ではなく「微速度コマ落とし)」に設定してしまったが、その失敗に気付いたのは撮影終了後であった。その責任の重さに思わず号泣したそうであるが、円谷は編集でこの動きを面がり、怪の功名として同作では怪獣アクションに「コマ落とし」が採り入れられたという有名なエピソードがある。

1960年頃にフリーとなり、フジテレビに入社。その後、円谷英二直々にを掛けられ、1963年設立の円谷特技プロダクションに入社。

1964年、『太平洋ひとりぼっち』で特撮カメラマンデビュー
ウルトラQ』の特撮カメラマンを経て、1966年ウルトラマン』にて特技監督デビュー昭和円谷プロ作品では、全監督中最多数の特撮を演出。現在なおり継がれるテレビシリーズにおける特撮を生み出した。

1970年円谷プロを辞めて日本現代企画に参加。 1972年中野稔、飯塚定雄と共にデン・フィルムエフェクトを設立するが1978年に離脱してフリーに。
1970代末、円谷プロに復帰。1981年円谷プロ取締役に就任し、1990年代以降の同社作品では、かつての円谷英二と同様監修・スーパーバイザーを務めた。

穏やかな性格で、危険と隣り合わせである過酷な特撮現場では常にスタッフを気遣う人柄だったという。
ウルトラマン』にてウルトラマンスーツアクターを務めた古谷敏は高野を「撮影中でも終わった後も、いつも微笑を浮かべて周囲に気配りをしている人だった。特撮チームワークだと口癖のように言っていて、いつも真剣に話をする映画に対して心熱い人だ」と評している。
八木く、「とてもオシャレな人」。

ウルトラマン』の10話・30話、『怪奇大作戦』の13話、『ウルトラマンティガ』の32話では俳優として出演している。

2003年、同社の経営不振と内紛により、他の6人の取締役とともに専務取締役を退任。円谷プロとは裁判沙汰となった。

2008年11月30日、肺疾患のために逝去。73歳没。

主な作品

テレビ

映画

ビデオ

関連チャンネル

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%AE%8F%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高野宏一

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 高野宏一についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード