鬱展開単語

ウツテンカイ
2.0千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

鬱展開とは、物語の展開を類別する時に用いられる分類の一つである。受け手の気を滅入らせる様な物語の展開をしてよく使われる。

概要

意味合いとしては、物語の受け手にある種の哀しさ、しさ等のネガティヴな感情を引き起こさせる展開の事をす。具体的には登場人物が何らかの戦闘・競争において敗北する、身近な人を失う、社会的に追い詰められる、あるいは非情な決断を下さなければならなくなる、等といった場合が考えられる。自らが感情移入していた、あるいは着を抱いていた登場人物がその様な状況にされた場合は、そのような展開によって精的苦痛を感じる場合があるであろう。あるいは純に、人が苦しむ描写そのものを忌避する場合もありうる。

その様な受け手に不快感を抱かせる展開である為、鬱展開そのものを忌避する人がいることは当然の帰結であるといえる。物語を楽しむという行為が娯楽の一種である以上、娯楽として受け止められなかった場合に批判・非難されるのは自然な流れであるだろう。例えばけいおん等のいわゆるほのぼの日常系アニメと呼ばれるものやある種のホームコメディは、その様な鬱展開を排除する事で一つの娯楽作品として成り立っているものである。

一方で、その様な鬱展開がその後に状況を覆す事で得られる達成感を前提として設置される場合がある。その様な苦難を乗り越えた果ての勝利や物事の達成というモチーフ物語の構成において古くから何度も用いられてきたものであり、そのための鬱展開を許容する人は少なくない。グレンラガン等、尊敬していた人物の死によって受けた悲しみを乗り越えることによって主人公の成長を描く、という手法などが例として挙げられる。また、敗北と挫折を乗り越えてチャンピオンに返り咲くロッキー3の様な例もある。

また、鬱展開を打ち破ったカタルシスめる事以外にも、登場人物の心を描写する為や、物語テーマ追求する為に鬱展開が用いられる事もある。例えば反戦をテーマとした作品の場合は、そのテーマを受け手に納得させる為に戦争の悲惨さ、兵士が味わう苦難、民の厭戦感情、遺族の悲しみ等を描写する事は恐らく避けられないであろう。「火垂るの墓」「人間失格」などの作品は鬱展開であるからこそ、その意味を十分に果たしうるのである。一方で、テッカマンブレードの様に多くの鬱展開を味わった上で戦い抜いた主人公を描いたからこそ得られる感動もあれば、嗜虐的な喜びを味わう為の手段として鬱展開がめられる場合もあるだろう。

上記の様に物語の送り手と受け手の多様な意図が交錯するからこそ、「鬱展開」とは賛否両論になる可性が高い物語の運び方であるといえる。

鬱展開に対する評価・批判

概要で述べたとおり、鬱展開はそれを忌避する人がいる一方で物語を描く手段として用いられ、親しまれてきたという歴史があり、また鬱展開が何の為に用いられるかという事に関しても千差万別、という事情がある。従って、鬱展開に対する批判はその辺りに気をつけて行わないと余計な波紋を引き起こす、ということを留意すべきであろう。

ただ、物語開される前段階での先行情報開の時点では、鬱展開があるということが隠されている場合もある。その様な場合、鬱展開を避けたいと思っていた人が偶々作品を見てしまい、それによって不快感を催すということが考えられる。鬱展開というもの自体が決して万人に許容されるものではない為、意図せずしてその様な展開を見せられた事に対する批判自体は決して不当なものとは言えないだろう。ただしそれに対して、そういったサプライズを含めて楽しんでいる人もいる、というのもまた事実である。唐突な鬱展開をどう受け止めるかという事に関しては、作品予告の時点で鬱展開があるを匂わせる事が可物語もあるが、それを押し隠したまま始める事が物語ギミックとして必要な場合もあるため、予兆なき鬱展開とは物語の構造そのものに関わる問題であるとも言える。話題性を狙って鬱展開を隠しておく場合もあり、その場合は送り手も商売である事と、商売であるからこそ受け手に不親切な行為をすべきでないという事のが考えられる。

上記の様に、鬱展開が受け入れられるか否かには様々な要素がつきまとう。それでもそれを評価、あるいは批判する上で重要な点を述べるとすれば、鬱展開は物語を組み立てる上で確立されたギミックの一つであることと鬱展開そのものは高尚でもなんでもないということであろう。あらゆる意味での鬱展開を排除してしまえば、物語の幅は非常に狭くなるのは間違いない。その一方で、仮に鬱展開を用いた作品が素晴らしいものになりうるとすれば、それは鬱展開を用いた事そのものが素晴らしいのではなく、鬱展開を組み入れた上での、物語全体の構成が素晴らしいからなのである。

関連動画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%B1%E5%B1%95%E9%96%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬱展開

489 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 18:48:22 ID: zr3l0z4GSQ
つまり常に鬱展開を書き続けられる虚淵ピチピチの若い感性を維持できている…?
490 ななしのよっしん
2021/04/10(土) 19:11:36 ID: uTl1NU21kg
>>486
ねこぢる氏は自殺した前妻だよ…
だからまあ…実際にとても辛いことがあったから、感性が変わっても当然というか…
491 3543
2021/04/10(土) 21:54:18 ID: mfjVtxvfPA
>>489
もう虚淵はずっと前にバッドエンド症候群からは脱しただろ!いい加減にしろ!(暗めの展開を描かないとは言ってない)。
492 ななしのよっしん
2021/04/17(土) 18:36:31 ID: 428JAwQM27
>>480>>481
そもそもこれ
ポケットの中の戦争」のノベライズで「(私は)一流の悲劇より三流の喜劇を選んだ」みたいな後書きじゃなかったっけ?
それも悲劇の原作ありきの上で救われた展開をやっただけだし
493 3543
2021/04/20(火) 17:05:04 ID: mfjVtxvfPA
ポケットの中の戦争のあとがきは「一流の悲劇を三流の喜劇に悪したけど、これで原作のやるせなさを癒してね」ってので、一流の悲劇より三流の喜劇の方がいいに決まってるなんて言ってる訳でもないし、一流三流も原作リスペクト故の作者自虐みたいなもんだからな。

は人の上に人を造らず、弱肉強食無能な働き者とかみたいに、あくまで一個人の意見、別に本人は真理やら大層なことをるつもりで言った訳でもなく、そもそも一番言いたいことはそこじゃないのに、色々なもんに当て嵌めやすい都合いい言葉だからか、前後を視されて変に穿って解釈されたり、捻じ曲げられた文言の一種というか。
494 ななしのよっしん
2021/04/27(火) 02:25:41 ID: WahY5UjpIN
美少女もので鬱展開になるたびにバーン様に叱責されるハドラー
495 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 16:19:47 ID: zkeHtjzLZF
鬱展開って未来への投資みたいなもんなんだけど何も成果も得ずパーにしてまた鬱展開とかやったら自己満に付き合わされてるように感じてまう
それを好む人もいるけど大体熱が冷めて本当の鬱展開(未完or打ち切り)がやってくるけど
496 ななしのよっしん
2021/06/14(月) 16:10:02 ID: CPHVuwmgtL
>>488
勝手にほんわか作品認定してシリアス来たらキレるの方が圧倒的に多いと思うけどそれ見てほんわか作品嫌いにはならんの?
497 ななしのよっしん
2021/07/28(水) 21:04:20 ID: vmtf7Eg6BW
絶望感は昔の漫画からよくある展開だけど、主人公とかキャラの心をこれでもかと底的に折りにくる漫画はかなり増えた気はするな

その点鬼滅は悲劇は続いても、主人公が折れなかったから要素は少ないと思う
498 ななしのよっしん
2021/09/08(水) 03:56:43 ID: nxPytsQa9M
ブラックラグーン日本編とか銀と金神威の話なんて、途中のハードな展開と救われるべき者が救われない結末でこれぞ鬱展開って感じなんだが、ああいう物語だからこそ得られる感覚ってあると思っている。
とはいえ、元々の作がほんわかとはほど遠い裏社会物語だからあまり落差は感じられず思ったよりショックは少ないかもしれない。

ギャングの死と学生の死では死の重みが違うみたいな感じで。