鬱展開単語

ウツテンカイ

鬱展開とは、物語の展開を類別する時に用いられる分類の一つである。受け手の気を滅入らせる様な物語の展開をしてよく使われる。

概要

意味合いとしては、物語の受け手にある種の哀しさ、しさ等のネガティヴな感情を引き起こさせる展開の事をす。具体的には登場人物が何らかの戦闘・競争において敗北する、身近な人を失う、社会的に追い詰められる、あるいは非情な決断を下さなければならなくなる、等といった場合が考えられる。自らが感情移入していた、あるいは着を抱いていた登場人物がその様な状況にされた場合は、そのような展開によって精的苦痛を感じる場合があるであろう。あるいは純に、人が苦しむ描写そのものを忌避する場合もありうる。

その様な受け手に不快感を抱かせる展開である為、鬱展開そのものを忌避する人がいることは当然の帰結であるといえる。物語を楽しむという行為が娯楽の一種である以上、娯楽として受け止められなかった場合に批判・非難されるのは自然な流れであるだろう。例えばけいおん等のいわゆるほのぼの日常系アニメと呼ばれるものやある種のホームコメディは、その様な鬱展開を排除する事で一つの娯楽作品として成り立っているものである。

一方で、その様な鬱展開がその後に状況を覆す事で得られる達成感を前提として設置される場合がある。その様な苦難を乗り越えた果ての勝利や物事の達成というモチーフ物語の構成において古くから何度も用いられてきたものであり、そのための鬱展開を許容する人は少なくない。グレンラガン等、尊敬していた人物の死によって受けた悲しみを乗り越えることによって主人公の成長を描く、という手法などが例として挙げられる。また、敗北と挫折を乗り越えてチャンピオンに返り咲くロッキー3の様な例もある。

また、鬱展開を打ち破ったカタルシスめる事以外にも、登場人物の心を描写する為や、物語テーマ追求する為に鬱展開が用いられる事もある。例えば反戦をテーマとした作品の場合は、そのテーマを受け手に納得させる為に戦争の悲惨さ、兵士が味わう苦難、民の厭戦感情、遺族の悲しみ等を描写する事は恐らく避けられないであろう。「火垂るの墓」「人間失格」などの作品は鬱展開であるからこそ、その意味を十分に果たしうるのである。一方で、テッカマンブレードの様に多くの鬱展開を味わった上で戦い抜いた主人公を描いたからこそ得られる感動もあれば、嗜虐的な喜びを味わう為の手段として鬱展開がめられる場合もあるだろう。

上記の様に物語の送り手と受け手の多様な意図が交錯するからこそ、「鬱展開」とは賛否両論になる可性が高い物語の運び方であるといえる。

鬱展開に対する評価・批判

概要で述べたとおり、鬱展開はそれを忌避する人がいる一方で物語を描く手段として用いられ、親しまれてきたという歴史があり、また鬱展開が何の為に用いられるかという事に関しても千差万別、という事情がある。従って、鬱展開に対する批判はその辺りに気をつけて行わないと余計な波紋を引き起こす、ということを留意すべきであろう。

ただ、物語開される前段階での先行情報開の時点では、鬱展開があるということが隠されている場合もある。その様な場合、鬱展開を避けたいと思っていた人が偶々作品を見てしまい、それによって不快感を催すということが考えられる。鬱展開というもの自体が決して万人に許容されるものではない為、意図せずしてその様な展開を見せられた事に対する批判自体は決して不当なものとは言えないだろう。ただしそれに対して、そういったサプライズを含めて楽しんでいる人もいる、というのもまた事実である。唐突な鬱展開をどう受け止めるかという事に関しては、作品予告の時点で鬱展開があるを匂わせる事が可物語もあるが、それを押し隠したまま始める事が物語ギミックとして必要な場合もあるため、予兆なき鬱展開とは物語の構造そのものに関わる問題であるとも言える。話題性を狙って鬱展開を隠しておく場合もあり、その場合は送り手も商売である事と、商売であるからこそ受け手に不親切な行為をすべきでないという事のが考えられる。

上記の様に、鬱展開が受け入れられるか否かには様々な要素がつきまとう。それでもそれを評価、あるいは批判する上で重要な点を述べるとすれば、鬱展開は物語を組み立てる上で確立されたギミックの一つであることと鬱展開そのものは高尚でもなんでもないということであろう。あらゆる意味での鬱展開を排除してしまえば、物語の幅は非常に狭くなるのは間違いない。その一方で、仮に鬱展開を用いた作品が素晴らしいものになりうるとすれば、それは鬱展開を用いた事そのものが素晴らしいのではなく、鬱展開を組み入れた上での、物語全体の構成が素晴らしいからなのである。

関連動画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%B1%E5%B1%95%E9%96%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬱展開

447 ななしのよっしん
2018/07/01(日) 19:00:47 ID: R190p+Zzuz
そういう人たちがネットで発信することによって立つようになったってことだな

人間は変わらないけど、見え方は変わる
色んな考え方のやつが居る中で、創作はずっと行われてきたのだから
あまり流されずに冷静になってほしいものだ
448 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 12:55:09 ID: PP0gaJAsYZ
曽根崎心中なんて真似するが出すぎて幕府が規制したし、作品にのめりこんだ人がするのは昔からだからな
449 ななしのよっしん
2018/07/29(日) 00:42:29 ID: zS1+NfOH8A
そんな感じの特集観てたが明治昭和にも定期的にあったみたいね創作からの投身自殺ブームって・・・
そう考えるとのめり込み過ぎるのも怖いって思う、程々が一番だわ
450 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 18:19:05 ID: EWqhVfLxKs
>>386
全に自分のことだ・・・申し訳ない。
鬱展開は大嫌いなんだ。ただ、明るいor難な感じを匂わせて一気に落とされるのが怖いだけなんだ。まどマギとか。
原作知ってる人に「安心していいんだよね・・・?」と聞きたくて今まで何回かいろんなところで話題にしてきたが、
でもネガティブな話は基本面くないよな。やっぱりぶちまけるのは遠慮することにします。

実際、明るい原作を暗い話にした例も存在するしね…
(思い当たるのはSHUFFLE位だけど)
451 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 20:23:33 ID: DtMsY4yMvU
鬱展開は言うなれば激辛スパイス、結局自分好みのが欲しいってだけなんだわ
適度な辛さが好きな鬱展開好きアピールしてガチ激辛をお出しされて
むとかよくある事なんですわ
452 ななしのよっしん
2019/03/13(水) 18:45:19 ID: /bIzKqDNIm
鬱展開に限ったことじゃないけど、トンネルの闇で例えたツイートに感心した

はらはら展開を望まない人も増えてもやむを得ないが、冒険心もなさそう
453 ななしのよっしん
2019/03/28(木) 20:21:36 ID: M5L01InH7d
これは鬱展開というよりはシリアス展開に対する好みというべきかな?
みたいにR-typedodみたいな暗い世界観大好きだし、エルフェンリートとかなるたるとかまどマギとかゆゆゆシリアスへのどんでん返しは大好物なんだけど
琴浦さんとかステラとか美少女いんぱら終盤とかかぐや様原作シリアス回みたいなのは嫌って人はいるかな?
後者はなんていうかキツいというよりは「いや、そういう方向に走られても…」ってシラケるんだよなあ。
前者との好みの違いが上手く説明出来ないけど
454 3543
2019/04/04(木) 03:38:30 ID: mfjVtxvfPA
そういうのもいるだろう。そのシリアスの出来の良し悪しに関係なく「コメディめてんだよ、それを削ってまでシリアスいらね!ジャンル違いで邪魔」とか「明るい話から、唐突に暗い話を入るのがキツくて楽しめない」とか。

まあ暗い話やるなら、宣伝や話のい段階でそういう雰囲気や世界観を提示・匂わせてくれってのはあるだろう。

R-typeDODとかは初めから戦争という世界観、雰囲気が提示されてて(DOD3は最初ギャグ成分強めだったせいで不満抱かれた逆パターンかも)、エルフェンリートも一話ヒロインが人殺して、なるたるもすぐ思期の暗めな話になっていき、まどマギゆゆゆも明るさの中に不穏さやが初めから見え隠れしてたし。
455 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 22:25:49 ID: DtMsY4yMvU
つーか不意打ちの鬱展開だされて喜ぶってそんなおらんだろ
がっこうぐらしとかまどマギはああ見せてかなりの予定調和だし
最初から鬱展開来るのわかってたような作品で鬱展開出されて炎上するパターンってあるか?
やり方が雑とかそういうのが原因なんじゃ
456 ななしのよっしん
2019/06/10(月) 17:33:04 ID: mnWADozADQ
鬱展開の定義が曖昧だからなあ
くまみこけもフレ2鬱展開だ~とか言う人いたけどこんなのただ嫌いなだけだろと

いじめ々とか好きなキャラが蔑ろにされたとかそんなこと言い出したら
登場人物全員が傷つかず幸福に暮らしてる作品以外なんでもと言いれる

鬱展開嫌いの中には自分が好きな作品は鬱展開じゃない
自分が嫌いな作品は鬱展開だ。理由は嫌いだからだみたいな人が結構多い

急上昇ワード

2019/08/26(月)04時更新