鬼哭街単語

キコクガイ

鬼哭街とは、ニトロプラスより発売されたWindows PC向けストーリーノベルである。18禁アダルトゲームの「鬼哭街 -The Cyber Slayer-」が2002年に発売され、2011年5月27日リニューアル版「鬼哭街」が15歳以上推奨となって発売。なお、ゲームではないので途中に選択肢は存在しない。

概要

手には一、斃すは五人……魔都上海に報恨のく。
ニトロプラスが贈るサイバーパンク武侠片

 舞台は近未来犯罪都市となった上海犯罪結社・青雲(チンワンパン)の手である主人公「孔濤羅」は、マカオでの任務中に仲間の裏切りに遭い、死地を彷徨うことになる。上海に舞い戻った彼がにしたのは、件の裏切り者達に握された会と、最である瑞麗が辱め殺されたという事実であった。濤羅は会の幹部となった5人の裏切り者への復讐を決意する。

 シナリオライター虚淵玄原画家は中央東口といった、ニトロプラスの前作「吸血殲鬼ヴェドゴニア」のコンビ。また、吸血殲鬼ヴェドゴニアをきっかけに結成されたZIZZ STUDIOによって、BGMも含めた総合音楽プロデュースを受けて世に出た最初のニトロプラス作品でもある(ヴェドゴニアではOP・EDテーマのみZIZZで、BGMクワイアが担当)。同時にいとうかなこが歌う曲が採用されたニトロプラス作品としても初めて発売されたものとなった。本来、次作となった"Hello, world."が先に出る予定であったのだが、制作は難航。手がいていた虚淵玄や中央東口のコンビによる短編企画として立ち上げられ、結果的にこちらが先に発売されることとなった。
 虚淵玄をして「脊髄の赴くままに書いた」とまで言わしめる程に、やりたい放題な作品であったが、それでも好評を得て、角川スニーカー文庫よりノベライズ(ゲームの文章のうちエロい所をほんの僅かに修正してそのまま掲載)、キャストによるドラマCDなどの展開をみせた。
 2011年5月27日には、グラフィックの塗り直し、新規絵の追加、解像度拡大、フルボイス化、3Dモデル背景映像の新規制作などリメイクが施され、15歳以上推奨という一般向けでリメイク版が発売された。

登場人物

オリジナル18禁版はボイスし、キャストは左記がドラマCD、右記がリメイクPC版。特記しない場合ドラマCDリメイクPC版は同じキャスティング

ガイノイド

 サイネティクス技術によって生み出された女性機械人形。高度なプログラム人間のように振る舞う事も出来る。それでも所詮はプログラムであるのだが、人間から抽出したデータを書き込むことで、プログラムでは再現できない人間味を出すことができる。ただしからのデータ抽出は苦痛を伴い、やりすぎは廃人化や死をもたらすこともあるため、それらは闇市場でとりわけ高価な商品として扱われている。
 本作では、主人公・瑞麗の魂が分割され転写された五体のガイノイドと、一体のっぽのガイノイドが焦点となる。CVはすべて田村ゆかりオリジナル版はボイスし。

  • 瑞麗 (ルイリー)
     謝逸達から濤羅に渡された幼女ガイノイド。魂などは転写されておらず、分割された魂を再統合するというプログラムインストールされている。
  • 媽祖 (マーチェ)
     樟賈ガイノイドで、孔瑞麗の魂が転写されたうちの一体。人が女衒の元締めというだけあって、当然、客を取らされている。ドラマCDは全年齢なので踊り子を務めて笑いものになっていた。
  • ベネトナシュ
     朱笑嫣のガイノイドで、孔瑞麗の魂が転写されたうちの一体。ドS人にかわいがられて、ぶっ壊されたり修理したりを繰り返している。
  • ペトルーシュカ
     成のガイノイドで、孔瑞麗の魂が転写されたうちの一体。彼の趣味もあって、手をかけられた渾身の一体となっている。濤羅が成を襲撃した際には戦闘用に改造されており、多数の機関銃を装備した多脚ドローンと化した。
  • ラース
     斌偉信のガイノイドで、孔瑞麗の魂が転写されたうちの一体。堅物そうな人のため、あまり構ってもらえずに出番は少ない。ドラマCDでは地に飛び出して暴走するようプログラムされた。こっちもいい出番がない。
  • 瑞麗 (ルイリー)
     軍のガイノイドで、孔瑞麗の魂が転写されたうちの一体。生前の瑞麗そのままの姿をしている。

関連動画

PVなど

MADなど

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%BC%E5%93%AD%E8%A1%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼哭街

152 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 16:06:51 ID: LQPy6lwZ7q
>>148
実際、あの復讐劇を用意したのは紛れもなく軍だからなあ
瑞麗が痛みに酔いしれる様な環境を作るために逸達を訪ねたのは紛れもなくこいつだし

瑞麗はこの時点で様が助けに来て軍に勝つことも知っていただろうし、その後にはすることも計画していただろうけど、結局黒幕軍なんじゃないかと思う
153 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 11:26:59 ID: b6yPpJfH+/
個人的には「変わらないものなんてない」ってのが鬼哭街テーマの一つだとも思っている
盛を誇った会も孔もたった数年であのザマだし、瑞麗は5体に増えるし軍は気功ロボにもなる
そりゃあ瑞麗も狂気を隠すことをやめてヤンデレクラスチェンジしたりもするさ
154 ななしのよっしん
2019/02/13(水) 20:46:10 ID: dhSlpiySDA
>>151
まだ「バトルすら弱いとことんダメダメな人」だった方が悲劇は少なくて済んだという
全体的に弱い人なのに、不幸にもバトルだけ突出して強かったから、あらゆる人間不幸にしながら暴走して破滅してしまう
155 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 21:34:13 ID: SzfT7hU/Kr
様も結局ルイリーの自分にとって都合の良い一面しか見なかった節もあるし、まぁなるべくしてああなったって感じ。ぶっちーに雁夜おじさんと同類って言われたのも納得
156 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 21:45:35 ID: 91ncb2+W8r
メチャクチャ強い達人が、人の話は聞かないわ、勝手な思い込みで結婚の世話をしようとして話をややこしくするわと、よくよく考えると単なる武侠あるあるストーリーですね(白目)
157 ななしのよっしん
2019/06/13(木) 09:22:58 ID: qChzvKaqNh
武侠が他人の心を慮るわけないからな(偏見
158 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 15:01:13 ID: SmSUL38RYE
だからまあぶっちゃけバトル作品でありながらアンチバトル作品なんだよな
「一人合点せずに相手の気持ちもちゃんと考える」
「自分の勝手な思い込みを過信しない」
っていうそのへんの日常ラブコメ作品の学生主人公ですら(というより「だからこそ」)できるような地に足付いた気配りをできない人が
武侠を気取って人格闘バトルだけ強くなったところでロクな結末になりませんよっていう
死闘の果てに覚めた無敵の最終()なんかより、決して迷わず復讐を突き進む信念()なんかより、
ほんのちょっとでも周囲の気持ちを顧みる分別があればどんなにマシだったか
159 ななしのよっしん
2019/06/21(金) 20:55:27 ID: SzfT7hU/Kr
今にして思うと本当に独りよがりであの世界で生きるにはメンタルがあまりにも脆い人だよなぁ。戦うこと以外に何もかった人
160 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 12:27:32 ID: woAkgAwucD
様散々に言われてるが、正直親友とマジキチ過ぎて、素直に首肯し難いものがある
あの人の行動、状況だけ考えればまあ、まともな方だしな
161 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 00:11:07 ID: dhSlpiySDA
>>160
ルイリーとホージュン相思相愛という前提で縁談進めてたのに
終盤で地の文で「そういえば今まで全然気付かなかったけどルイリーの口からホージュンの妻になりたいなんて一度も聞いたことない……」みたいなこと言い始めたとき
マジバトル以外ダメダメな人なんだな…って思ったぞ