鬼塚豪単語

ゴゥオニヅカ


鬼塚豪(おにづか・ごう)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ」に登場するキャラクターである。
担当声優濱野大輝

概要

1話時点で「LINK VRAINS」のカリスマデュエリストランキング1位の男。
マッシヴな姿をしているが、これでも19歳である。
見た通りストイックな性格で努。児童養護施設で生まれ育った孤児の出身であり、かつては子供たちのヒーローとなっており、自体も孤児院に協していた。Aiデータ収集によれば、寄付やボランティアなども積極的に行っていた様子。

……しかし、「VRAINS」内に出現したハノイの騎士を追って現れた「Playmaker」と、彼の登場から巻き起こったデータストームにより再び行えるようになった「スピードデュエル」が話題を席巻。
実質的にヒーローの座を追われ、子供たちのにも映らなくなってしまったは、子供たちの視線という大事な物を取り戻すために、一度は断ったSOLテクノロジー社の依頼を受け、恐らく同社の用意したであろうハノイの騎士の偽アバターを使ってまで、VR間にPlaymakerを誘い出す
己の理念まで捨てて戦いの舞台を整えたは、男の意地をかけ、Playmakerとの直接対決に挑む。

直接対決後は暫く表舞台アニメ本編に出ていなかったこともあってか、無慈悲にもランキングが急落。
しかし、同じ施設出身の君マコトハノイの騎士のPlaymaker狩りに巻き込まれ、VR間に意識を取り込まれたまま戻ってこれない『アナザー』の犠牲になってしまう。
塚はマコトを助けようとしたが間に合わず、実行犯のドクター・ゲノムはウイルス除去プログラムと引き換えにPlaymaker狩りへの協を迫る。それを拒否した塚は、後日LINK VRAINSに攻撃を加えだしたハノイの騎士集団に、Playmakerの偽アバターを利用し乱入することで、再び表舞台に現れる。
ドクター・ゲノムを誘い出すことに成功し、彼にデュエルを申し込むが、その条件は負けたらPlaymakerの正体を伝えること。その正体である藤木遊作は、マコト塚の様子を確認するために一度病院に行っており、塚に接触してしまっていたのだが、果たして……?
なお、この疑問自体は、ドクター・ゲノムとの戦いに塚が勝利したため、これ以上言及されることはなかった。

ドクター・ゲノムとの戦いを終え、塚はあくまで個人としてハノイと戦うことを決意。的を同じくするPlaymakerとは結果的に共闘という形を取る。
そしてハノイの騎士が全ネットワークの破壊機関ハノイの塔」を完成させようとしていることを知り、塚もまたへと向かう。
間近で待ち構えていたリボルバーと対面し、己が倒すと意気込む塚。展開に特化した不屈の戦いを見せるも、一歩及ばず敗北。しかし対峙したリボルバーすらも彼を認め、最期の間は中継が途切れ、不幸中の幸いとして子供たちの夢を壊すことはなかった。そして、そのデュエルを見ていたPlaymakerの眼前で、リボルバーの数多の切り札の情報を暴いたことで、結果としてPlaymakerのデュエルに貢献することになり、その生き様は決して駄にはならなかった。

オレはGo鬼塚。本物のヒーローが、ヒーロー気取りのお前の化けの皮を剥がしに来たぜ!

LINK VRAINSにおけるアカウント名は「Go鬼塚(ゴゥおにづか)。普段のアバターは、登場人物としてはしく現実世界と全く同じ。
使用するデッキ戦士剛鬼(ごうき)デッキ。所属モンスターは守備0、いは守備が存在しないカードで統一されている。プロレス元ネタとしたデッキであり、戦闘補助にも優れるが、剛鬼モンスター最大の特徴は除去を受けるなどしてフィールドから墓地に送られた場合に発動するサーチ効果。リンク召喚の展開でも効果が発動するため、展開のみならず延々と戦線を維持することも可
また、彼自身のスピードデュエルでのスキル闘魂は、1デュエル1回、宣言ターン戦闘破壊された剛鬼モンスターを特殊召喚する
以上の傾向により、対戦相手の攻撃を敢えて受け、ピンチを演出し窮地に陥りながら、剛鬼モンスターのサーチ効果を生かすなどして復活、演出に留まらない実利を得て勝利するエンターテインメントデュエルを得意とする。
……が、先述のように子供たちからは既に興味を失われているばかりか、他の観客からも「古臭い」などと言われ、現在ではエンターテインメントデュエルの受けはよくない様子だった。
それでも好きだと言ってくれる観客自体は存在し、彼の方針や人格を理解しているマネージャーも存在するなど、彼自体は未だ人々にされている存在である。ひとえに人徳故か。

しかし、ニューヒーロー「Playmaker」との突の最中、塚の姿にファンは活気を取り戻し、確かな人気が未だ存在することを明した。
また、対戦相手のPlaymaker自体にも、「対戦相手を楽しませ、自らも勝利するという矛盾融合した地にある」と称され、エンターテインメント勝利の為のデュエルが正しく混ざり合った姿に、表情を崩さないPlaymakerさえも動かし、笑顔を見せるに至った。
決着後も塚は笑顔でPlaymakerを見送り、Playmakerの方は「勝っても負けても、いつまでも戦っていたい。そんなデュエルもある」と振り返っていた。
子供達も、最初は純に勝っている方を応援していたため快な返しに見えたが、二人のデュエルを楽しむ姿に感化されてか、最終的には塚の側を応援しており、勝負には負けたものの、子供たちの視線塚のもとに帰ってきた。
このデュエルを以て彼は、対戦相手も観客も楽しませながら、勝つためのガチデュエルを繰り広げる、本物のエンターテインメントデュエルを体現したのである。

だが、この敗戦がきっかけで己を見つめ直す必要性に迫られた塚は、ファイトスタイルの見直しが課題となってしまう。それでも観客を魅了する己のデュエルを捨てたくない塚は、マネージャーの提案により、己の根幹を変えないままファイトスタイルを大きく変える決断をする。
その結果、ハノイの騎士のPlaymaker狩り乱入した塚はプロレスヒール悪役)のようなデュエルに転向し、で圧倒する戦法をとるようになった。それを示すかのように、召喚した剛鬼サンダーオーガと己自身にヒールマスクを装備、直後カード効果による攻撃と大暴れ。対戦相手のドクター・ゲノムからは酷評されているが、既に塚は観客の心をがっしりと掴んでいる。
……が、実はこの「ヒールターン」すら観客を喜ばせるためのエンターテインメントデュエル中に剛鬼フェイスターンヒールフェイスを脱ぎ捨てた塚は、スタイルに囚われず、スタイルチェンジすらエンターテインメントとして観客に魅せるような戦いにより、己の運命を己で掴み、ドクター・ゲノムを倒したのだった。
これにより、世界一エンターティナーを自負するGo鬼塚は全復活を遂げたのだった。

「Go鬼塚vsリボルバー戦前に、塚はさらにデッキを組み直し、展開に特化。新たな切り札剛鬼ザ・ジャイアント・オーガを始め、共通効果を持たない剛鬼カードを投入しており、戦線を絶やさないことに特化している。
それがとなってか、リボルバー聖なるバリア-ミラーフォース-が直撃してしまうものの、それにより逆に奮起し、即座に戦線を再構築するなど、その不屈の魂を存分に見せつけた。

今の俺が望むのは、Playmaker、お前を倒し真のナンバーワンの称号を得ることだ!

ハノイの騎士打倒後、Playmaker、ブルーエンジェル、GO鬼塚の3人はLINK VRAINSを救った英雄として賞賛されることとなった。しかし世間の注はやはりPlaymakerであり、自分を取材に来た記者たちも聞いてくるのは彼のことばかり。塚は所詮Playmakerの噛ませ犬でしかなかったのだ。

そして新生LINK VRAINS解放後、デュエルでも人生でも己の前に立ちふさがるPlaymakerを打倒すべく、塚はイグニス捕獲のためのSOLバウティハンターに志願する。この際に心機一転、カリスマデュエリストの名を捨て、使用デッキ剛鬼(ごうき)から恐竜テーマダイナレスラーへと変更した。

ちなみに剛鬼(ごうき)は配下のバウティハンターが使用したが、全を出したしょごりゅうとプレメの前にワンキルされた。

Playmakerを倒すべくLINK VRAINSに赴いた塚だったが、炎のイグニスを連れ自分に憧れを抱くSoulburnerデュエルを挑まれる。そのデュエル中に上記の苦悩を明かすが、Soulburnerには「SOL飼い犬」「哀れな負け犬」と一蹴される。かつての魅せるデュエルを捨て、確実に勝ちにいくバウティハンターデュエルスタイルで敵をあと一歩のところまで追いつめるが、スキルバーニングドロー」により逆転を許し敗北する。

デュエル後、今でも尊敬していること、そして勝ち続けることを説くSoulburner塚は「負けてからが本当の自分なんだ!」とアドバイスをしてその場を去った。

次の登場は地のイグニスアースとのデュエル。しかしそこに現れた塚は、生気を失ったに痩せこけた顔になっており、Playmaker達だけでなく視聴者にも衝撃を与えた。なぜわざわざ仮想アバターの外見を変更したのだろうか?

最初のターンセットのみ、攻撃されても余裕を崩さない塚にPlaymakerは得体の知れないものを感じ取っていたが、74話終盤、塚は秘めたる「思考領域拡ブレインハック」を開放する...

※重要なネタばれにつきスクロール

 

 

 

 

 

 

その正体は、に埋め込んで使用する「デュエルAI内臓インプラントチップ」。内臓チップによりの思考領域を拡し、常人の域をえたデュエルを可にする代物である。職務上財前晃に紹介され、そのリスクを理解している彼には「断っていい」と言われるが、勝利のためどんな手段をも欲する塚はそれを了承。最初はそのを使いこなせず実験では敗北が続いていたが、勝利への執念でそのをモノにした。アースとのデュエル時には調整が万全ではなかった様だがクイーンによって出撃させられる。

そして、AIと自身を融合することにより生み出したチートスキルアンチスキル」によりアーススキル効化し2ドロー、アース優勢の状況を覆し逆転勝利する。すぐさまPlaymakerにデュエルを挑もうとするが上であるクイーンにより強制ログアウトさせられた。

その衝撃の変貌ぶりに視聴者からはGO塚、AiからはAI融合したことでAi塚とそれぞれ不名誉なあだ名を付けられた。

作中では遊戯王ではよくあることだが「自分が自分でくなる」「命を失う危険がある」と述べられており、デュエル中も体には強な負荷がかかっていた。だが勝利を渇望する塚には大した問題ではないのか「それがどうした」と述べており、それよりも「この美しい色を手放すことなどできはしない」とっている。言ってることが物中者のソレであり、塚の今後が心配される。

バウティハンターになってから使用しているダイナレスラーデッキ剛鬼と同じく守備0で構成され、一部のモンスターは相手のモンスターが自分より多い時に使用できる効果を持つ。初手からサーチでガンガン攻められる剛鬼とは異なり、相手の展開に対応して戦うテーマである。またアース戦では融合モンスターダイナレスラーキメラ・Tレッスル≫シンクロモンスターダイナレスラーギガ・スピノサバット≫も使用しており、現状Playmaker同様3種類のEXデッキモンスターを使用するキャラクターである。

戦術としてはバウティハンターとして確実に勝つことを重視し、以前のようにあえてエースモンスター同士をぶつけるようなエンターテインメント的な戦い方はしない。また敗北した際には次回のデュエルで同じ轍を踏まないようにその対策を行っている。

リボルバー戦のミラーフォースの経験を糧に、Soulburner戦では攻撃時に魔法を封じるダイナレスラーキング・Tレッスル≫を使用、アース戦では「バーニングドロー」への対抗策となるスキル効化の新スキルを発現させている。)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%BC%E5%A1%9A%E8%B1%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼塚豪

602 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 10:50:58 ID: JmxQ7dhYZE
やる気ないって一部に言われてるシナリオも「本筋以外の部分をそぎ落とした」シナリオってだけで、別に面くない訳ではないと思うがなあ。むしろ毎週「こう展開するか!」って楽しんでる自分もいるし。まあ尺とテンポの関係上「積み重ねが足りない」ってのは解るが、ハルとか。
読解不足なのかわざとなのかは知らんが「塚は嫉妬狂いの」とか「リボルバー死ね!」とか言ってたり、後に言及されるだろうことを考えず「ハノイさっさと逮捕されろや」って言ってた人以外は楽しめたんじゃないかなあ?
少なくとも自分は「やっぱり塚にとって一番大事なものは子供達だったんやな」って、回収に感嘆したわ。他がどう思ってるかは知らんけど。
603 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 11:34:01 ID: tfz34Z9hNK
>読解不足なのかわざとなのかは知らんが「塚は嫉妬狂いの」とか「リボルバー死ね!」とか言ってたり、後に言及されるだろうことを考えず「ハノイさっさと逮捕されろや」って言ってた人以外は楽しめたんじゃないかなあ?

そんな高度な読解の持ちしか楽しめないアニメだから
一話では数万人はいたニコ生視聴者数が10分の1程度
塚がまだまともに活躍してた1年の半分程度にまで減ってるんだな
604 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 13:43:37 ID: JmxQ7dhYZE
高度ぉ?「感情的なおさん以外」の間違いじゃない?
ニコ生とかわざわざ持ち出されたから言わせて貰うが、前作のニコ生での好意的なコメントと否定的(オブラート的表現)の割合はどれくらいでしたかぁ?アンチやりたいなら余所でやれよ。
605 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 13:50:06 ID: JmxQ7dhYZE
散々繰り返されてることだけど、全新作のアニメでもなく(漫画映像化とか)その上カードゲームアニメなんて入り口が狭すぎる上ルールも覚えなきゃで、全体的に視聴数が伸びにくいのなそもそも。
んで、その上で一週間遅れの放送をわざわざリアルタイムで見ようとするなんて基本的に「何か不満があるやつ」しかおらんのよ。不満がないから安心して生から去れるし、その後に無料公式アニメが来るんだから、そっちに残したりすればいいって話をごちゃごちゃ引きずるから面倒くさくなるのな。
606 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 14:02:28 ID: JmxQ7dhYZE
まあそれでもごちゃごちゃ言うならアークの好意的(否定的なコメント以外の)コメントの数とヴレインズの好意的(否定的なコメント以外の)コメントをそれぞれの全ての動画から数えてこればええやん。君がヴレインズの実視聴者が減ったとするならアークを楽しみに待っていた視聴者からヴレインズに移行してその数がどれだけ減ったか確かめればいい。
ハイこの話はお終い。ご自慢の論理的な回答は余所で披露してあげてね。
607 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 14:23:15 ID: UKRJoom4eK
自分が3レスにも渡り言うだけ言ってこの話はお終い、回答は他所でやれは流石に酷い
レインズ内の話しかしてかったのにいきなりアーク出てくる意味も分からんし
608 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 17:43:34 ID: /GUlP/L1Vw
ガイジ湧いてて
609 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 23:22:24 ID: tfz34Z9hNK
あぁ塚を今でも好きな人ってこんな感じなのね
610 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 01:55:29 ID: Dwqmsm4hbi
どうせ噛ませやろ
視聴者から応援もされないし
嫌われるように仕向けたスタッフが一番悪いのだけどねえ
このアニメから全に消えないと許されないっしょ
611 ななしのよっしん
2019/06/24(月) 21:30:07 ID: K3JYmN1FkZ
塚好きだし、やっと戻って来てくれたって嬉しかったけど、まさしく戻って来た決定的間をちょっとしたりで済ませたのはいただけないな。
バウティハンターへの転向理由は唐突に変していたし、理由が自他共に認める下らない事だったからそうしても大して問題なかったし、塚化は1パートのほとんど使って、修行シーンまで見せてそこまでやるか!って見せて来て、いざ戦ったら負けてさあ次はどうなるって引きで3年最初のやり取りでああ、腐らなかったかとわかるのになぜ肝心要のシーンだけちゃんと描いてくれないのか。
ブラッドシェパードもそうだけどそこに至るまでのまでの過程はしっかり差し込んでくるのにこういう1番の盛り上がり所を雑に片付けるのはなんでなんだ

急上昇ワード

2019/06/24(月)22時更新