鬼庭良直単語

オニニワヨシナオ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

鬼庭良直(おににわ よしなお 1513~1586)とは、伊達四世代を生きた猛将であり、嫡男を産めなかった妻を離縁した猛将であり、73歳で若死にした猛将である。号は左斎。通称左、左、周防など。また苗字についても一般的には「庭」となっているが、「茂庭(もにわ)」としているものもある。

「茂庭」姓は良直の子である鬼庭綱元が文の役(1592年)に際して肥前名護屋留守居役に任じられた時、豊臣秀吉から「が庭にいるのは縁起が悪い」として名させたものである。よって厳密に言えば左斎良直までが「庭」、綱元以降が「茂庭」となる。

鬼庭氏

庭氏の系譜を遡ると藤原氏の後裔・斎藤別当実盛に行き着く。
この実盛は源平合戦(治承・寿永の乱)が一戦、篠原の戦いに際して「老とあなどられるは心外」と白髪く染め上げ、平氏軍総崩れの中殿を務めて72歳で戦死した勇将である。
同じ斎藤一族の蔵人行元が落ち延びて後、孫・斎藤実良は下野那須栃木県那須)に住んでいたが、伊達茂庭村(福島県福島市飯坂町茂庭)に縁あって居を据えた。
ここで周辺の村々を荒らし回っていた妖怪大蛇とも伝わる)を退治し、領民に請われ領となり、その武勇をと讃えられて名乗り庭実良としたというのが庭氏の発祥である。

その後、妖怪退治の噂をにした藤原氏後裔・伊達宗(伊達初代)に召抱えられ、以降累代に渡って伊達の臣として勤めを果たしてきた由緒ある柄である。 また長命の一族としても知られ、代々100歳近くまで生きた者が多い。

1513年鬼庭良直は桑折(のちの伊達稙宗西山の一部と見られる)において庭元実の子として生まれた。

壮年期

時期不詳だが正室に本沢直子、側室に牧野刑部のを娶っている。
1538年のちの政宗である長女・喜多が生まれる。
1539年・元実が隠居。督を相続する。

1542年天文の乱ではと共に伊達晴宗につく。
伊達稙宗による統治の中央集権化に対抗し先祖伝来の地である茂庭領の安泰を狙ったと見られる。

1544年置賜長井米沢川井村(山形県米沢市)に院を開基。戦火に巻き込まれた先祖菩提を供養し、先述した妖怪退治伝説あやかって戦勝へ結びつける的があったと思われる。
この妖怪処女を食らったため、おびき寄せるために斎藤実良臣のであるが人身御供に選ばれたが、その際にが持たせた観音像の加護により命を奪われずに囮役を果たすことができた。
は観音像を本尊としてり、尼となって生涯を終えたといわれている。
良直は茂庭からこの観音堂を移築し、霊験あらたかにすることで宗の勝利を後押しした。
院は政宗の岩出山転封に伴って1605年に志田松山宮城県大崎市松山)へ移されたが、川井に残った人々により後世再建されて今に至っている。

1548年宗方有利の内に天文の乱が終結。川井と茂庭の所領を安堵される。

1549年鬼庭綱元誕生。嫡男とするため正室・直子と喜多を離縁し、牧野刑部のを正室に据える。
※直子は米沢八幡宮の神職片倉重へぎ、1557年に片倉景綱を産んでいる。
宗が居米沢へ移したのに付き従って川井となる。

老年期前の戦死

1564年伊達輝宗督相続。宗側近の専横に対抗する人材をめていた宗は良直を評定役に任命する。
この時代の伊達評定役は1名のみであり、武官の頂点へと登り詰めたことになる。

1570年中野宗時ら先代の勢を排除。遠藤基信が宿老に取り立てられ、良直との文武両輪体制が成立。
以降は相馬名、最上との戦いに従軍し戦地を転々とした。

1573年長年の功労が認められ庭氏の格が一族に列せられる。

1575年嫡男・綱元に督を譲り隠居して左斎と号す。
1577年・政重(国分盛重)の入嗣に際して国分に紛糾が起きたため事前に仕置を行っている。

1584年伊達政宗督継承。

1585年政宗の苛な軍略がたたり、伊達輝宗が非業の死を迎える。その後を追って遠藤基信も自
死に場所を失った左は南諸侯連合により前の火となった御の為に戦場へ散る覚悟を決める。

1586年仙人取の合戦でははじめ本の守備についていたが、佐竹義重率いる連合軍の圧倒的戦に次々と前線を破られ、攻撃が届く寸前まで攻め寄られた。

ここで左は「今生の別れに」と殿を引き受け、色の采配を政宗手ずから賜る栄誉を受けている。

も具足も老体にはもはや厳しく、黄色の綿帽子を棚引かせ軽装のまま輿に乗り込むと、手勢60余りを率い死地へと進軍していった。
やがて人取を渡るとを飛ばして敵軍の中を自在に動き回り、撤退の時を稼いだ。
の間に照り黄色色がに障った佐竹岩城勢はますます憤って押し寄せたが、近寄る者は次々と蹴散らされ原を血で染めていった。
何度となく連合軍を押し返したが衆寡敵せず、ついに首級200余を手土産に血の中で入寂。
伊達勢は甚大な被害を受けたが命脈を繋ぐことに成功している。

この鬼庭左月入良直一世一代の独擅場に十万億土へ先立った二人も手を叩き合って喜んだに違いない。
享年73は歴代の中でも「若死に」であったという。

名:自殿外参心大居士

代々の長生きの秘は 毎食後の湯に飯粒を溶かして飲むこと と今に伝わる。

演じた俳優

鬼庭左月の存在は1987年昭和62年NHK大河ドラマ独眼竜政宗」(演:渡辺謙)によって全的に知られるようになった。

いかりや長介 (1987年 NHK大河ドラマ独眼竜政宗」)

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける鬼庭良直の一覧

軍事 内政
群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 72 戦闘 73 智謀 42 政治 55 野望 44
戦才 156(A) 智才 90(B) 政才 110(B) 62 野望 45
戦闘 78 智謀 48 政治 50
烈風 采配 64 戦闘 65 智謀 43 政治 48
世記 采配 63 智謀 29 政治 27 野望 38
統率 66 知略 28 政治 26
下創世 統率 66 知略 28 政治 26 教養 27
統率 73 武勇 80 知略 32 政治 29
統率 73 武勇 80 知略 32 政治 29
創造 統率 75 武勇 77 知略 54 政治 45
大志 統率 78 武勇 75 知略 82 内政 45 外政 47

戦国大戦

「死に、鮮やかに咲かせて見せようぞ!」

Ver2.0伊達で参戦(名前は鬼庭左月斎)。伊達一の2.5コスト足軽である、が武は8しかない。気合持ちとは言えかなり物足りないであるが、伊達隊と足軽しか兵種がなく、スペックがいい隊の代わりに足軽が削られている。

計略の「左斎の逆鱗」は、相手の計略に対応して打つ逆計。自身の武の長さが上がるが、効果が終わると撤退する。本人のスペック、必要士気、終了後撤退確定と様々な問題により使用率は芳しくない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%BC%E5%BA%AD%E8%89%AF%E7%9B%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼庭良直

1 ちなみに
2011/08/30(火) 13:51:51 ID: TKZtEHFitN
庭元実の号は露斎だそうです
カッコイイ
2 ななしのよっしん
2011/08/30(火) 14:34:21 ID: 1l7bgC8om9
どうせ期待して踏んでも生主記事とかでガッカリするんだろうなと思ったら
全然ガチな記事で歓喜
3 ななしのよっしん
2011/08/30(火) 20:16:17 ID: EZMzWrDguY
烈風伝の説明書に何故か載ってたなw
ナイスな人選だ
4 ななしのよっしん
2012/10/13(土) 10:00:31 ID: MEh3uTwazQ
でも、こんな臣の息子にも酷いことするのが政宗なんだよね…
5 ななしのよっしん
2013/10/10(木) 18:06:26 ID: 49M+4ayD/X
長さんが大河政宗でこの役やってたのは今でも覚えてる。最期のシーンが何とも言えない・・・
6 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 15:57:20 ID: 2B6yq05GJL
若死ににワロタ
7 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 14:43:24 ID: vXnAMB+KN1
放映前に、ドリフが大河に出るなんて世も末だ、まともな演技が出来る訳がない、と父親が言っていたのを良く覚えている。観た後はなかなかやるじゃないかみたいに捻くれ者のくせにしく素直に感心していたが。
次の年は、大河の役でしかも武田信玄なんて大きな役をミキプルーンみたいな三枚俳優やらせるなんて世も末だと言っていて、観てみたら、なんだ佐田啓二の息子もなかなかやるじゃないかみたいな感じだった。
8 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 10:26:53 ID: 6ISr4MPVoX
戦国大戦の左かっこよかったけど使った思い出があんまなくて悲しい