鬼舞辻無惨単語

キブツジムザン
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

    「私は限りなく璧に近い生物だ」


鬼舞辻無惨とは、漫画及びアニメ作品『鬼滅の刃』の登場人物である。 
名前の読み方は「きぶつじ むざん」。

CV関俊彦

概要

本作の黒幕に位置する人物であり、主人公竈門炭治郎および殺隊の宿敵。
その正体は ”原初の” 。世に蔓延るは全て彼の血から生まれた生物であり、その全てを血の呪いで縛り統制しているのが鬼舞辻無惨である。

普段は長い黒髪を後ろでめた美青年のような姿をしているが、姿形を自在に変えることが可であり、
作中では成人男性、成人女性少年…と様々な顔を使い分けて人間社会に潜んでいる。
底した秘密義っぷりはそれだけに留まらず、配下の達には「自分の名前を他人に喋ると死ぬ」という呪いまでかけており、そのため達からは基本的に「あの方」と呼称されている。
更にはの全てがどこにいるのかも大体把握しており、距離によっては思考すら読むことが出来る。
 
的は「陽のを浴びても死なない璧な生物になること」。
しかし璧な生物は自分一人でいいと考えており、その的達成の為に嫌々ながらも同族を増やしているという状態である為、配下の達の命は羽根のように軽く扱われる。
彼にとってが己のために働くのは当たり前であり、達の行動の評価は全て減点方式で行われる。


そんな彼だが短慮かつ感情的な行動が多く、性格も非常に自己中心的。
加えて沸点も低いために不愉快なことがあるとすぐ怒りを露わにし、たとえ(自身が精鋭で組織したはずの)十二鬼月相手であっても、容赦なく理不尽な制裁を加える。
特に印的なエピソードとして、下弦の・累が殺隊に殺された折に、下弦のの存在意義を疑った彼が残る下弦の達を召集、その場で下弦のを除く全員を殺してしまったというものがあり、
そこで下弦の面々が殺された理由も

・心の中で文句を言ったから
を吐いて自分の言葉を否定したから
・二人が殺されたのを見て逃げ出したから
・自分に図々しく図したから

という細かつ理不尽なものばかりで、しかもこの処刑による戦低下が後々自分の首を絞めているのを
見るに、一時の感情に身を任せた短絡的な行動だと言わざるを得ない。

しかも2人については「お前は敵に遭ったら逃げようと思っているのか?(要約)」
 →「いいえ思っていません!」→「お前は私の言うことを否定するのか」という流れであり、
 4人についても「強くなるために血を下さい!(要約)」という懇願に対しての反応なので、
 どうにも救いがいというか、思考を読まれることも含め達にとっては本当にどうしようもなかった。


傍若人な振舞いが立ち、お世辞にもあまりカリスマ性に溢れているとは言い難いが、いい意味で悪い意味でもどこか人間臭く、それゆえに次に何をするか読めないキャラクターでもあり、魅的な悪役として描かれている。

一方で、読者視聴者からはこうした彼の部下への理不尽な言動を受けてパワハラ呼ばわりされるようになり、そこから生してパワハラの呼吸の使い手」だの現在作中で最も十二鬼月を殺した人物」だの好き勝手言われたりと、ネタキャラとしてもされつつある。

ニコニコ動画においても、アニメOPの彼の登場シーンでは赤字コメントで彼への罵倒が書き連ねることが半ば恒例化するなどの盛り上がりを見せている。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AC%BC%E8%88%9E%E8%BE%BB%E7%84%A1%E6%83%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鬼舞辻無惨

326 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 06:03:58 ID: WynKTLZtl6
悲報 残様、が五つあることが判明w
327 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 14:08:02 ID: Km4Af9IGud
無惨様TRPGなるものが登場したり
存在自体が半分ミームと化してるなこのラスボス
328 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 20:06:00 ID: p2usL+VgSU
>>325
運が悪いんじゃなくて下調べや想像が足らないのだと思う
不思議のダンジョンで何も考えずに部屋に飛び込んだり遊戯王で伏せ除去をせずに攻撃宣言したりするタイプ
329 ななしのよっしん
2019/12/14(土) 20:52:12 ID: Ai7IdMPy25
無惨様「わ、私は悪くない…」
330 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 09:34:18 ID: B/LvJbxgGK
>>328
いやあれはお館様みたいな未来予知でもいと読めねえよ。その場その場で見るとデメリットは確かにあるけど上弦のスペックよーく知ってる無惨様的には負けようがない手しか打ってないし。
下弦解体も100年間敗の上弦、勝つのが当たり前という状況が100年続いてるからこその判断だし、あそこから決戦まで1年立たずになだれ込むとか読めるわけがない。人間だって数年状況が全く変わらなきゃそれが覆されるかも?なんて判断できなくなるからな。
今の状況は無惨様がしょぼいんじゃなくてこの状況に持ってきたお館様の未来読み殺隊が凄いんだ。あと無惨様の運の悪さも凄い。
331 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 10:04:16 ID: HY/Hd4uyGa
・記録が途絶えるレベルで希少なはずの痣が標準実装な柱や炭治郎を始めとした特殊技持ちの一般隊士がう「今代殺隊が何故か異常に強い」
・単身で今代殺隊全員を相手にしても負けるはずがないという自負と慢心を持つ上にそれに見合う実を持つ「無惨様異常に強い」
普通に戦えばか弐だけでも殺隊を壊滅させられる上弦のがことごとく最悪の相手と戦い敗死するほど「無惨様の運が何故か異常に悪い」

結局、この三点があってこその今の状況なんだよ。これを無惨様のせいにするのは理がありすぎるだろ。
最終決戦開始時点だと、日光による敗北くなると残存上弦勢いで、今代殺隊の強さを考慮してもまともに戦えば側が負けるはずがい戦差だぞ。
そもそも、殺隊側が多大な犠牲を払いながら運に助けられつつどうにか上弦を倒し無惨様を追い詰めているのに、二言目には「無惨様頭無惨だから」とか笑っている人はどういう視点でこの作品を読んでいるの?
332 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 11:03:45 ID: kbJEuIfD87
痣が標準装備になった原因は下弦解体と下使い捨てに起因する下士官不足により途中で側の攻勢が途切れて柱稽古を許したからだし
上弦が最悪の相手と戦うことになったのも、お館様煽りの結果受けた反撃で動けなくなった無惨様守るためにタワーディフェンスをせざるを得なくなったから。(ついでに慌てて作った量産型下弦が柱稽古で強化された一般隊員でも倒されてしまうから柱を消耗させる作戦も破綻した)
殺隊の奮闘と幸運もあるけど無惨様の愚行が招いた部分も大きいよ
333 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 11:23:17 ID: HY/Hd4uyGa
「下弦を殺したせいで下士官不足」とか言う人が多いけど、は群れないから下士官も何も無いからな。正直、どこかのかが言ったことの受け売りにしか見えない。
痣は地があれば発現条件的に強敵と戦えば出てくるもの。恋柱柱は自然に出たし。上弦戦は「柱稽古の戦強化を加味してもそれでもなおの方が上」という絶望的な展開だぞ。
上弦が最悪の相手と戦ったのは全に運だろ。を探索していたら遭遇したんだから。元から惨はで上弦と殺隊の決戦を意図していたんだし。
あと、血術を使いこなせる下ですら柱に一で首を切られる時点で柱の消耗なんて理。
漫画的なお約束として主人公覚醒からの逆転はあるだろうが、少なくともここまでの流れはどう考えても「雑魚まで使い捨て強化して万全の態勢で最終決戦を仕掛けたら殺隊の戦異常レベルだったが、結局は上弦と無惨様の強さの方が上で殺隊は壊滅寸前」だろ。
334 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 13:51:20 ID: i0eTlY44wz
これが 無産様 の元?
記念に
335 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 18:14:54 ID: B/LvJbxgGK
現状何やらかせばここから逆転されるのかわからないくらいには強いからなあ。やらかすのは間違いいとは思ってるが、展開は全く読めんわ。