魔っすーによる「俺」の恐怖の六段活用単語

マッスーニヨルオレノキョウフノロクダンカツヨウ

魔っすーによる「俺」の恐怖の六段活用とは、その名の通り、「」という一人称を使った六段活用のことである。

概要

赤字の部分が「」の恐怖の六段活用の部分である。

を見ろ」 見ます。

を感じろ」  感じます。

を敵対視しろ」  敵対視は勘弁してください。

に打て」  あれ…打った感触がない…。

に向き合え」  向き合います。

叩きのめせよ」  理です。

の前の現実く気づくんだな。お前より強いという現実に」  とっくの昔から気づいております。

 

ミュージカルテニスの王子様全国立海にて幸村精市役 増田俊樹 (通称:魔っすーまっすー)が歌う幸村の持ち歌の1つにこの恐怖の六段活用歌詞として入っている。

勝てる気がしない

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%94%E3%81%A3%E3%81%99%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%8C%E4%BF%BA%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%81%90%E6%80%96%E3%81%AE%E5%85%AD%E6%AE%B5%E6%B4%BB%E7%94%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔っすーによる「俺」の恐怖の六段活用

1 ななしのよっしん
2013/11/24(日) 00:13:52 ID: j5m8mCw2Hw
いつの間にこんな記事ができてたのか(困惑)

急上昇ワード

2019/08/24(土)07時更新