魔笛単語

マテキ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

魔笛(まてき/ Die Zauberflöteとは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲した歌芝居(ジングシュピール)である。現在ではオペラとして分類されている。
モーツァルト完成させた最後のオペラであり、現在でも屈人気を誇る。

原題は「ディ・ツァウバーレーテ」と発音。英語では「The Magic Flute」である。

概要

台本はエマヌエル・シカネーダー製作モーツァルトとはザルツブルグ以来の知り合いで、またフリーメイソン会員としての繋がりもあった。ウィーン郊外フライハウス(免税店)内のヴィーデン劇場を管理、自らが率いる一座の行を行っていた。
シカネーダーは当時生活に困窮していたモーツァルトをかけ、大作を依頼。シカネーダーはフライハウス内の東屋をアトリエとして提供し、本作は17913月から9月にかけて制作された。

本作は一般大衆向けの歌劇であり、形式ばらず解りやすい内容となっている。聴衆を楽しませる見せ場をふんだんに盛り込み、歌や言葉は全てドイツ語で作られている。

物語の途中で善悪の立場が逆転するが、他の作品の模倣を摘されたシカネーダーが急遽修正した説、物語に意外性を持たせるための演出説などがある。女王ザラトロでは善悪が相反しているという設定もあり、特に矛盾はない。
また作中登場する試練や寓意にはフリーメーソンの秘儀が影しているとされている。これらの秘密を暴露した事が原因でモーツァルトは暗殺されたという説の由来になっているが、当然根拠はない。

17919月30日に初演、好評を博した。モーツァルトは妻に充てた手紙で「アントニオ・サリエリ演を聞きに来て、大いに賞賛された」と喜びをっている。
同年12月モーツァルトは病没したが、当時上演中の「魔笛」の進行を臨終の間際まで気にしていたと伝えられる。

あらすじ

ラムセスの時代」にあたる、古代エジプト舞台

王子タミーノ大蛇に襲われ、々に救いをめた。そこへ登場した3人のにより大蛇は退治される。女達は気を失ったタミーノを気に入り、自らが仕える女王に報告に向かった。
ようやくを覚ましたタミーノは、陽気な刺しパパゲーノと出会う。お調子者のパパゲーノだったが「をつかないように」と女達に口に錠前をかけられてしまい、喋れずに四苦八苦。そこへ女王が登場する。
タミーノは女王であるミーナの肖像を見せられ、その美しさに一惚れ。そして女王から、パミーナは恐るべき悪魔ザラトロに誘拐されたと告げられる。そこでタミーノはパミーナを取り戻す事を誓い、ようやく鍵を外してもらったパパゲーノを従えてだった。3人の童子が付き添い、タミーノには魔法パパゲーノには魔法が与えられる。

ザラトロ殿
逃げようとしたパミーナを、奴隷頭のモノスタトが部下と共に捕まえる。そこにひょっこり姿を見せたパパゲーノの異様な体に驚き、モノスタトス達は逃げ出してしまう。パパゲーノはパミーナに、タミーノが彼女を助けに来たと告げる。
一方、3人の童子に導かれたタミーノは、殿の3つのを開けて官と対峙。そこでザラトロは賢人であり悪人ではないこと、に悪しきものは女王であると知らされた。
タミーノのの音を聞きつけたパパゲーノとパミーナがやって来るが、モノスタトスに取り押さえられて絶体絶命。そこでパパゲーノが魔法を打ち鳴らすと、動物奴隷も浮かれて踊り出す。大混乱の最中にザラトロが登場。モノスタトスの礼を咎め、足裏77く罰を与えるザラトロ正な裁きを称える合唱で、第一幕が終わる。

ザラトロはタミーノ達に「試練の儀式」を受けさせる事にした。この試練をえれば、タミーノはの迷妄から解放されてパミーナと結ばれるだろう。
タミーノは喜んでこれを受ける事にするが、パパゲーノは「そんな面倒はお断り」と、まるで乗り気でない。そこで試練に打ち勝てば似合いのを世話すると言われ、速攻でを返すパパゲーノであった。
3人の女が登場。タミーノが女王を裏切ろうとしている事に驚き、翻意させようとするがタミーノの決意は固かった。パパゲーノは一迷うものの、鳴と共に現れた官によって女達が立ち去った事で沙汰止みとなる。

の庭園で静かに眠るパミーナを垣間見るモノスタトス。何とかして彼女を手に入れたいと邪な願いを抱くが、そこに女王女達と共に登場。かつて女王は夫が持つ「七重の太陽の輪」を手に入れられず、輪を継承したザラトロを「不当な簒奪者」として非難。パミーナに短を渡すと「ザラトロを殺さなければ、お前とはもう親でも子でもない」と冷酷に告げた。泣き崩れるパミーナを残して女王達は姿を消し、モノスタトスはパミーナを脅して自分のものになるよう迫るが、ザラトロの介入により失敗。モノスタトスは女王の側に寝返る事を決める。
ミーナザラトロに対し、に言われた事を話して偽を問う。ザラトロ女王の言い分は間違っていると告げ、「このな場には復讐心を持つ者はいない」と、穏やかに諭すのであった。

その頃、タミーノとパパゲーノは「沈黙の試練」を課されていた。しかし案の定パパゲーノはこそこそとタミーノに話しかけては怒られる。そこに姿を見せた老女を退屈しのぎにパパゲーノはからかうが、彼女が「私の歳は18歳と2分」だと告げた為に大笑い。「そんなに若いならお前には人がいるだろう」と言うと「人はいるさ、名前はパパゲーノ」と返される。驚いたパパゲーノをよそに彼女は何処かに姿を消してしまった。

3人の童子からの差し入れが行われた後、2人の許にパミーナが姿を見せる。
ミーナはタミーノの姿を見つけて話しかけるが、「沈黙の試練」にあるタミーノは口をきけず、パパゲーノも口いっぱいに食べ物を詰め込んでいるので喋れない。想をつかされたと勘違いしたパミーナは泣きながら立ち去ってしまう。

「沈黙の試練」を成し遂げたタミーノは次の試練へと移り、一方でパパゲーノは落第と宣告される。
そこに姿を見せた官に望みを聞かれ、何の気なしに「人か女房がいればなあ」とつぶやいたパパゲーノの許に、先ほどの老女が登場。「私と一緒になると誓わないとあんた地獄行き」と脅され、仕方なく承諾すると、なんと老女は若いパパゲーナ変身。しかし官が「まだい」と一し、パパゲーナを連れ去ってしまった。

ミーナはタミーノに捨てられたと思い込んだまま、の与えた短自害しようとしていた。そこに3人の童子が現れて制止、火との試練に立ち向かうタミーノの許に連れて行く。魔法によって試練を通過したタミーノは、めてパミーナを誓った。

パパゲーナを失ったパパゲーノも、絶望のあまり首をろうとしていた。
「3つ数えたら首をるぞ!いーち……にーい……も止めてくれないなんてヒドイ!」
そこに3人の童子が現れ、「魔法を鳴らしなさい」と勧める。果たしての音によって美しいパパゲーナが姿を現し、二人は大喜び。結婚してたくさん子供を作ろうと大はしゃぎする。

女王と3人の女、内通したモノスタトスが殿を襲撃。しかし「光」には打ち勝てず、念のうちに永劫のへと落ちて行った。
ザラトロは「太陽」を賛美。一同がイシスとオシリスを称え、タミーノとパミーナを祝福し、大団円となる。

登場人物

楽曲

その他

2006年、ケネスブラナーによって映画化された。 
第一次世界大戦相当の架世界舞台で、女王は「い軍」、ザラトロは「い軍」として対立している。タミーノとパパゲーノはい軍の将校と兵士、冒頭の大蛇ガス、三人の女は従軍看護婦……と、ユニークな設定になっている。

関連動画


関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%94%E7%AC%9B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魔笛

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 魔笛についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/12/12(木)09時更新