鷺森灼単語

サギモリアラタ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

title

鷺森灼(さぎもりあらた)とは、漫画及びアニメ作品『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』の登場人物である。
CV内山夕実

概要

阿知賀女子学院麻雀部の2年生にして部長。玄のクラスメイトであり、団体戦では副将を務める。
ボブカットで小柄なキャラクターだが、どこか落ち着いた印を受ける。年長者でないにも関わらず部長を任されているのは赤土晴絵く「一番しっかりしているから」。
感情の起伏がしい方ではいが、非常に魅的な彼女の照れ顔や呆れ顔は一見の価値あり。
実家ボウリング場「Sagimori Lanes」を経営。作中ではフロントを手伝っている様子が見られ、対局時にはボウリンググローブを着用している。

幼年期にはよく実館で大人達に混じって麻雀を打っていたようで、その腕前は大人顔負けだったとか。また当時晩成高校を破り全行きを果たした地元のヒーロー赤土晴絵に憧れており、準決勝で敗れ帰還した彼女を出迎えた際、サインの代わりに後に灼のトレードマークとなるピンクネクタイを託される。

が、絵は小鍛治健夜に敗れたトラウマから競技麻雀を離れてしまい、大学時代には子供を相手に麻雀教室を開く。灼はその事を快く思っておらず、「として強く戦う」事をしなくなった絵の姿を見ることを避け、麻雀自体からも離れていた。その為絵が社会人麻雀部にスカウト就職し実業団リーグで戦っていた事を玄が訪ねて来るまで知らずにいた。
絵の実戦復帰を喜び、玄の誘いを受けて阿知賀女子麻雀部に所属することで「戦う麻雀」を再びはるちゃんと共有しようとする灼。だがそこには麻雀部が部になり出戻りしたレジェンドの姿が…!
「納得出来ません!!」
こうして灼は絵が「インターハイに置いてきたもの」を取り戻す手助けをすることになったのである。


咲-Saki- 阿知賀編メインテーマである穏・憧・玄の「和ともう一度遊ぶ」から離れた所にいる為、やもすると存在意義が薄いように感じられてしまうかも知れない。
灼は本作サブテーマである「赤土晴絵の再起」に重点を置かれたキャラクターであり、魔物達の中で戦う彼女の姿が絵にどんな影を与えるのか、そして灼自身の精的成長の過程が徐々に描かれていく事であろう。
また詳しい闘描写が少なく、三尋木プロの「上級生3人が特殊」発言と合わせて今後の展開が非常に楽しみなキャラクターである。

能力

松実玄ドラ松実宥が集まりやすいように、彼女の場合は筒子が集まりやすくなっている。
また聴牌時にはボウリングにおける1投で残ったピンの並びで当たりを待つ傾向があり、面前手でツモ上がりを決めた時にスペアを取るイメージが描写される。
命名された並びに該当するものであればメジャーからマイナーまで多種多様な待ちを狙うことが可
また麻雀牌には10番ピンに該当する数がないので、ピンの有は待ちによって自由に設定できる

作中でのアガリからピンの並びと待ち、当たりを当てはめると
ワッシャー(124と10番ピン、一二四筒待ちから一筒ツモ上がり)
グリークチャーチ(4679と10番ピン、四六七九筒待ちから四筒でツモ上がり)
グランマズ・ティース(78と10番ピン、七八筒待ちから八筒でツモ上がり)
バケット(2458番ピン、二四五八筒待ちから二筒でツモ上がり)
などが判明している

の長所としては多面に取りやすく、既に当たりを3~4枚捨てられていたり他に抱えられていたとしても和了できる確率が高いこと
短所としては待ちを読まれ易いことだが、松実宥と同様に筒子を切ることによるペナルティは発生しないため、これを逆手にとって普通ロン上がりなどの引っ掛けをすることもできる。

活躍

準決勝では『子による赤土晴絵リベンジ』という想いから『インターハイにおける3年生』とほぼ同じ状態になった。

久保により研究されていたが、赤土晴絵リベンジという強い想いに気付くことが出来ず、赤土晴絵らの時代の打ち方(前時代的な打ち方)を見てようやくその想いに気づいた。

今大会において点数自体は副将戦は全て+で終わっている。

ちなみに和との関わりが一番いが、決勝で和と当たるのは彼女である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B7%BA%E6%A3%AE%E7%81%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鷺森灼

134 ななしのよっしん
2014/05/18(日) 04:07:04 ID: vfzBpuDeF0
>>131

まだ出てきてないけどスネークアイ(7-10スプリット)も究極系かもしれない。スプリットで一番難しいやつ。別名バイバイスプリットと呼ばれてて、プロでも人生で1回か2回ぐらいしか倒せないほど難しい。10がないから7ピン待ちオンリーだと思うがどうなんだろうか…
135 ななしのよっしん
2014/11/28(金) 13:31:22 ID: KT56Q9HMcj
格好が中二っぽくて良いね
136 ななしのよっしん
2015/01/26(月) 00:20:41 ID: KT56Q9HMcj
スプリットメイクならイン・ザ・ダークとかも出てきそうだね、裏ドラ乗りとかで

そういえば日和でちょっと出てたボウリング行った話がなんか引っ掛かってる
唐突だったんで、もしかして部長と和と交えてで灼対策とかだったり?
137 ななしのよっしん
2015/05/13(水) 14:06:57 ID: vXujiDZGcm
灼「静、憧、玄。別に、アレ(和)を倒してしまっても構わんのだろう?」
138 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 11:58:25 ID: KT56Q9HMcj
>>137
のどっち悩まされそうってか、慢できなくなりそうw
ずっと否定してたオカルト+効率より役重視なレジェンドの前時代麻雀だぜ・・・
139 ななしのよっしん
2015/07/25(土) 16:43:23 ID: sdbpV70wiU
まさかのボーリング下手でも上手くもない設定発覚w
140 ななしのよっしん
2015/08/12(水) 13:18:51 ID: dXIFDooAVE
いつも1人で帰るくせに、今日は同じ部員の新子憧松実玄と一緒に帰ることにした灼ちゃん…
2人の会話にまったくついていけず、後ろに付いて歩くだけ…

と思いきや、玄が機転を利かせてトークの内容を麻雀にしたり、「灼ちゃんはどう思う?」といちいち振ってきてくれたので、
なんとか会話の輪の中に入れた灼ちゃん…

しかし、次の交差点で玄と別れることになり、憧と2人きりになるのであった…

憧「・・・」

灼ちゃん「・・・」

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
141 ななしのよっしん
2015/11/16(月) 09:54:49 ID: pvOw7KPkRc
>>131
なるほどと思ったが、1~9(+10)ピンが残ってるわけだからそれガターっていうんじゃ……
142 ななしのよっしん
2017/09/03(日) 02:04:47 ID: lT5RNDTeSe
>>141
全待ちなんだからいっそゲームスタートの状態とか……あ、新しい気持ちでスタートみたいな。
言ってて苦しいな。うん。
143 ななしのよっしん
2019/12/27(金) 05:41:30 ID: ODiBybYExx
>>140
知賀のダブルレズだし、他の部員の知らない所で恋愛相談してるんだゾ(百合)

おすすめトレンド