鹿児島弁単語

カゴシマベン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

鹿児島弁(隅(さつぐう)方言)とは、鹿児島県本土、またその周辺の宮崎県などでも話される方言である。薩摩弁と呼ばれる事もある。

概要

鹿児島弁は、その名の通り鹿児島県とその周辺地域で使われる方言である。ひとくちに鹿児島弁と言っても四言あるらしく、薩摩半島と大半島にそれぞれ2つずつ分かれている。で隔離された諸部に至ってはごとに言葉が異なり、よそ者が入ってくれば一発で分かるようになっている。薩摩大隅と、かつて同じく薩摩の支配下にあった宮崎県都城市やその周辺(いわゆる諸県(もろかた)地区)などでも話される方言である(ただし鹿児島県内でも奄美には「しまぐち」という奄美独特の方言があり、鹿児島弁は使われない)。薩摩大隅で話されていたことから方言とも呼ばれる。

何よりも最大の特徴は、方言の難解さ。言葉の読み論、発音も独特で聞きなれない人だと理解すら追いつかないほど。ドラマ映画等で鹿児島弁の台詞がある俳優を苦労させるのは日常茶飯事。例を挙げると、「アイガテ(ありがとう)」「アバテンネ(たくさん)」「イタッキモンデ(いってきます)」など。何故こんな難解になるのかと言うと、まず音が二重に存在する事が挙げられる。aiで発音するものはeに変換されるルールがあり、つまり(kai)であればケ(ke)となる。また語尾がミ、ム、ニ、ヌとなる場合、発音がンに変わる。(ミミ)であればミンに、ハムであればハンになる。なるほど分からん。標準とは異なる独特なイントネーションも難解さに拍を掛けている。あまりにも難しいため、鹿児島まれの人間であっても長く県外で過ごしていると正しく発音できなくなると言われている。実際、鹿児島出身の官僚である樺山資英は東京暮らしが長い影で純な鹿児島弁が喋れなくなった。

何故ここまで難解なのかは諸説あり、薩摩江戸から来るスパイ情報を悟られないよう、わざと難しく自分たちの言葉を作り上げたとよく言われるが、これはまだ研究段階にあるため結論は出ていない。他にもサツマイモを県外に出さないようにするため、密貿易でけていたから等、異説出。琉球中国東南アジアの影が強いとも言われている。

明治初頭から、警察官・軍人といえば土肥、特に薩摩大隅出身だった為、多くの言葉が全で定着した。代表的なものに「ビンタ」がある。

実は方言は地域により差異が大きい方言であり、スポーツ校(鹿児島実業など)に特待生として入学した鹿児島県民同士が方言で話しているにもかかわらず意思疎通が出来ない、またはニュアンスの違いからトラブルになることも昔はあったらしい(最近はそんなことはまずない)。

の代までは鹿児島弁が多用されていたが、現在若者世代にはど使われなくなっている。原因は標準による教育底した事や、他県からの移住者が増えたためとされる。今の小学生に鹿児島弁を読み聞かせても理解できず、老人同士の会話に使われる程度である。

暗号と化した鹿児島弁

このように鹿児島弁はあまりにも難解なので、大東亜戦争では即席の暗号として早口の鹿児島弁を使用されたのは有名な話である。

ケース1 天津での会話

支那事変中の1939年4月9日日本が任命した中華民国臨時政府の程錫(ていしゃくこう)監督が、天津の抗日分子によって暗殺された。天津は抗日分子の拠点であるとともにイギリスの租界だったため、日本軍イギリス犯人の引き渡しを要したが拒否される。そこで日本軍は、6月19日より租界の外部で検問を開始した。日英が折衝している間、外務省天津の状況を知るために現地の領事館を通して憲兵隊と交信。標準での会話は盗聴される恐れがある事から、外務省調局の樺山資英事務次官は難解な鹿児島弁を使用すべきと提案。樺山事務次官も鹿児島出身であったが、東京に長く住んでいた影で正しく発音出来なくなっていたため、別の者が据えられた。

鹿児島県加治木村の出身である田中蔵領事と、鹿児島市出身の憲兵隊々長太田少佐との間で簡単な事情聴衆が行われた。これが暗号として使用された最初のケースである。後述のU-511の件でもこの例が挙げられ、再度使用される事になる。

ケース2 U-511の出港

戦争も佳に入った1943年、ドイツは同盟である大日本帝國Uボート2隻の償譲渡を決定。そのうちの1隻であるU-511ドイツ占領下のロリアン軍港にて出港準備を整えており、日本回航に便乗する形で帰が出ていた野村直邦中将が乗艦した(遣独潜水艦作戦)。

そのU-511の出港スケジュールを巡ってベルリン大使館と外務省がやり取りしていたのだが、戦況悪化で暗号電文が使えなくなり、電話で標準の会話だと連合軍に盗聴・翻訳される恐れがあった。日本ドイツは約3万kmも離れており、中継点である日本占領下のペナン基地に辿り着くには大西洋、喜望峰、インド洋を抜けなければならなかった。しかしそれらの域には連合軍の艦艇や機が跳梁跋扈スケジュールを盗聴されたら最後、四方八方から機や駆潜艇がすっ飛んできて撃沈は免れない。だが、欧州事情を深く知る野村中将の帰は是が非でも成功させなければならなかった。ここで先述の例を挙げ、標準から最も遠い鹿児島弁を再び即席の暗号にしようと提案。薩摩出身の者が早口で会話という考えに出たのである。この時、大使館職員である曾木鹿児島県加治木町出身であるためカジキ(加治木)、外務省職員である牧秀二は現住所だと鹿児島県日置日吉町吉利出身であるためヨシトシ(吉利)というコードネーム電話で通話した。

ほぼ実際の会話

カジキサー カジキサー。ノムラオヤジャ ハヨ タタセニャイカンガナー モタッタケナー。(カジキさん、カジキさん、ノムラの親爺はく発たせなくてはいけないが、もう発ちましたか?)」

ヨシトサー ヨシトサー。ノムラオヤジャ モ イッキツモス。(ヨシトシさん、ヨシトシさん。ノムラの親爺はもうすぐ発ちます)」(U-511出港一週間前の会話)

カジキサー。ヨシトシオヤジ[1] モ モグイヤッタドカイカジキさん、ヨシトシの親爺(ノムラの親爺)は、もう潜って行かれましたか)」(出港から4日後の会話)

「モ モグリャッタ」(潜水艦で行きました)

ちなみに周囲にいた日本人もわからなかったらしく、曾木と牧は雑談を交わしたらしい。大使館側は出発する日時まで教えたかったが、いくら鹿児島弁でも数字までは誤魔化せなかったので断念した。U-511出港後も週二回の割合で鹿児島弁による会話が行われた。ところが一ヵ後、連合軍の爆撃電話局が破壊されたため、連絡が途絶。外務省側はU-511の位置を掴めなくなってしまった。

U-5115月10日ロリアンを出発。静かに大西洋を南下し始めた。上記の会話はアメリカ陸軍情報局に盗聴され、日本外務省からベルリン大使館に向けて電話したという点は判明した。しかし難解すぎて内容を解読できず、最初はどのの言葉かさえ分からなかった。混乱に陥った情報局は「日本語以外の他国語に違いない」と判断。言語学者を総動員し、録音盤を分析させるも該当する言かった。試しに内のアジア人に鹿児島弁を聞かせてみたが、全員が首を横に振った。異様な会話を録音した盤は機密度の高い会話を含む重要な資料として、本に送られる事態にまで発展した。その後、アジアの少数民族の言まで調べたが全て空振り。連合軍の努を徒労で終わらせた鹿児島弁、恐るべし。

そんな中、たまたま情報局に薩摩出身の日系人である伊丹明(鹿児島県加治木町に親類がおり、そこで過ごしていた)が所属しており、アメリカ陸軍翻訳を依頼。録音された音雑音混じりな上に早口であったが、間違いなく懐かしい鹿児島弁であった。そばに立っていた陸軍の将校に「これは鹿児島弁です」と伝えると、将校はかせてその意味を聞いてきた。を傾けつつ伊丹英語に書き起こしていき、U-511の出港から約二ヵ後に事解読。情報局の面子は守られた。
要するに元ネイティブ連れてこないと分からなかった。

…のだが、その二ヶの間にU-511々とペナンを経由して軍港へ入港。おまけインド洋でアメリカ商船2隻を沈めていた。つまり情報局の努全にとなった……というもの。鹿児島弁の難解さを示すエピソードの一つである(ちなみにアメリカ軍は「コードトーカー」というネイティブアメリカンを基にした暗号を作っている)。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *ここでいうヨシトシオヤジャは鹿児島県日置日吉町吉利出身の野村直邦海軍中将である

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E5%BC%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鹿児島弁

19 ななしのよっしん
2013/04/19(金) 12:59:15 ID: bqD+zSeBDI
敬称の「どん」と「さぁ」の違いは単純に
どん=殿がなまったもの 例 西郷どん
さぁ=様がなまったもの 例 かんさぁ(神様)
でもどんは複数用法とかもあるからちょいむずいかもね
20 ななしのよっしん
2013/04/27(土) 01:54:04 ID: qYFtlbgHuv
はよぅこぅけけを、はよっこけけと聞き間違えて近づいたら
相手が不思議そうな顔をしていたのが懐かしい
21 ななしのよっしん
2014/03/10(月) 03:41:16 ID: 2ue6OIeH4A
鹿児島の中でも頴だけは「えいご」って言われるくらい別物
22 ななしのよっしん
2014/06/07(土) 17:35:15 ID: JOTrfUmpBJ
何故か一人称はおいどん、語尾にごわすと
付けるというステレオタイプが定着しているよな。
23 ななしのよっしん
2014/12/01(月) 19:54:29 ID: 44WZHxwPQl
「さぁ」は「様」じゃなくて「さん」がみたいな感じで使ってると思ったが
24 ななしのよっしん
2016/06/17(金) 01:53:01 ID: PkkfWgokdm
しらなか
25 削除しました
削除しました ID: ZHfD4ZHirN
削除しました
26 ななしのよっしん
2018/09/30(日) 11:04:33 ID: kSXvVLjNHC
ワッッッゼェオトガシッセェヨ、アタイダケサンタフウトモッツェヨ、ワァソトンデテミッセェヨ、モォソコワョミテギィナン
ドォロノ、 ムカイニアルテタァケェサツガ、トマッテタャンナァイノンテケチェントモッテミテミッサェヨ、アイガタノヒダリカドブッセケッセェヨンデ ケーサツドンガジブンデ、(スゥッ)ジコスァヨッカナカドォン
27 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 16:42:39 ID: 6od498+3iH
最近ではほぼ聞けなくなったけれど、奄美方言鹿児島弁の一種だよね
方言とは全く別物だが、西郷どんで、二階堂ふみ演じるとぅまの喋るシーンでは字幕がついていたほどだし
28 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 08:06:24 ID: FSLt+kaOLv
>>27
奄美方言言語学的には琉球語に分類されるみたい。
ただ、歴史的にも地理的にも関係が深いせいか
方言琉球語ってイントネーションとか近い。
彙は全然違うけど、てーげー⇆てげてげ みたいに似てるのもある。