鹿島鉄道単語

カシマテツドウ

鹿島鉄道とは、茨城県に本社を置く賃貸業を営む会社である。関東鉄道子会社。かつては社名の通り鉄道事業を営んでいた。この記事では鉄道事業者時代について記載する。略称かしてつ

概要

1979年4月関東鉄道から田線を継承して営業を開始。沿線は過疎地域だが、航空自衛隊里基地への航空燃料を輸送するための貨物列車が運行されており、これで経営が成り立っていたのが2001年8月に燃料輸送が中止された。これ以降存問題が立ち上がり、一度は関東鉄道と沿線自治体から5年間の支援が行われることが決まり、廃線危機は一度去ったかに見えた。

しかしつくばエクスプレスの開業によってドル箱だった東京駅とつくばを結ぶ高速バスつくば号常総線の乗客数も減少し、2007年度以降関からの経営支援いことが決定。親会社からの支援なしでは鉄道事業の存続は不可能として鹿島鉄道は2006年3月鉄道事業の止届を提出。同年には鉄道事業継続には今後5年で11億円が必要と表明。しかし沿線からは6億5000万円の支援なんとかなると言われ、鉄道事業の存続を断念。2007年4月廃線となった。

現在止代替バスとしてかしてつバスが運行されている。鉄道事業止後も賃貸業を営む会社として社名もそのままに会社は存続している。このような例は旭川電気軌道東濃鉄道鞆鉄道善光寺白馬電鉄鶴見臨港鉄道下津井電鉄有田鉄道などがある。

車両

非電化路線のため、全列車気動車で運行されていた。

駅一覧

廃線当時のを記載。

接続路線 立地自治体
JR常磐線
南台





田中
玉里 小美玉
新高
四箇村
常陸小川
小川高校
行方
八木
玉造
榎本
借宿前
坂戸
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線(徒歩20分)

代替バス

鹿島鉄道と同じく関東鉄道子会社である関鉄グリーンバスが代替バスである「かしてつバス」を運行している。基本的に鉄道時代のルートトレースしているが、走行できる道路の関係上借宿前のみ経由しない。

石岡駅-常陸小川間は廃線跡を利用してバス専用が整備され、BRTシステムに近いものが構築されている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E9%89%84%E9%81%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

鹿島鉄道

1 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 13:34:26 ID: 07/jE5A9K8
存続してれば茨城空港への最寄り路線だったのに。

急上昇ワード