鹿目まどか単語

カナメマドカ
6.1千文字の記事
  • 24
  • 0pt
掲示板へ

鹿目まどかかなめ - )は、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物である。

担当声優悠木碧

概要

どこにでもいる中学2年生。
友達想いで心優しい性格の持ち

――「魔法少女まどか☆マギカ公式サイトより

よしこについて語るスレ#6

ネタバレ箇所の文字色を変えてあります。反転してお読みください。

本作の主人公見滝原中学校に通う2年生。純ながらも心優しい性格。人を思い遣る気持ちは人一倍強い。それ故、生身の人間でありながら危険を顧みず魔女の結界内に飛び込む果敢な一面もある。一方で自分が人の役に立たない人間だと思い込む事があり、自分に自信を持てずにいる。

学校生活では友人美樹さやか、同じく友人志筑仁美らと共に登下校しているごく普通中学生。(演歌うるさい氷川きよしファンという女子中学生普通と呼んでいいかは別として)
家族構成は両、自分を含め た4人家族
母親の詢子はビジネスウーマン父親の知久は専業夫、のタツヤは幼稚園児(年齢は11歳離れている)。誕生日10月3日

そんな日常も、ある日をに一変する。

さやかと訪れたCDショップで、彼女は自分を呼ぶにする。「」が聞こえる場所へ赴くと、彼女は傷だらけのキュゥべえを見つける。その時からキュゥべえに見初められ、それからというもの何かにつけ〈魔法少女〉になる契約を迫られる。魔法少女になれば宇宙法則さえねじ曲げることすら可な程の素質を持ちながらも、次々と明らかになっていく凄惨な現実ほむらの介入もあってか、物語中盤以降においても魔法少女になっていない。それでも見知った魔法少女たちを放っておけず、彼女たちに関わり続ける。

 

 

第10話にて本編中で初めて魔法少女の姿で登場。但し、これはほむらが体験した他の時間軸での話。

鹿目まどかについて語るスレ#575

最初の時間軸では、病弱で長らく学校に通えていなかったほむらの最初の友達だった。その時間軸では、ほむらと出会った時点で既に魔法少女であり巴マミと共に魔女を倒す姿を見せる。しかしワルプルギスの夜マミを喪った後に戦死。これがほむら契約のきっかけとなる。

その後、ほむらが巡ったどの時間軸でも死亡もしくは魔女化してしまっている(→Kriemhild Gretchen)。その時間軸の一つにて、ほむらに「キュゥべえに騙される前の、馬鹿な私を助けてあげてほしい」という約束を交わしている。

魔法少女としての武器公式イラスト等にもあった。魔を直接放っているのか矢を装填する描写はない。実はそれぞれの時間軸で多少差があるらしく、特に第10話内での4回の時間軸(シーンの描写からおそらく第1話冒頭と同じ世界)ではワルプルギスの夜を一撃で倒したらしい。

最終回(第12話)において、「過去未来全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。」という祈りを元にインキュベーター契約魔法少女になる。その為、全ての魔法少女魔女化せずにそのまま消滅する世界に書き替えられた(それはまどか魔女化した存在であるKriemhild Gretchenも例外ではない)。その結果、まどかは因果をも越した概念という存在となったが、人々の記憶から忘れ去られた存在となってしまう。ただ一人、書き換えられた世界を見届けて、まどかの形見とも言えるリボンを託されたほむらだけは、彼女記憶や想いを受け継ぐのだった。

劇場版では、[前編][後編]に関しては、TV版とおおむね同じ。

叛逆の物語

希望を願う魔法少女がやがては絶望魔女になるという悲劇の連鎖から、全ての魔法少女を解き放つことを願い魔法少女となる。その願いは非常に大きなものであり、まどか自身は新たなる世界概念と化してしまった。

――「叛逆の物語公式サイトより

[新編]叛逆の物語においては、

ネタバレ反転

概念(「円環の理」という名で知られている)となった鹿目まどか本人が登場している(かが作った偽物ではない、本物のまどかである)。これまでとは別な意味で、キュゥべえたちインキュベーターの標的にされており、キュゥべえは常にまどかの側にいて、その様子を逐一観察している。
ソウルジェム穢れ限界に達しつつあった暁美ほむらの救済に赴くものの、魔女化しつつあったほむらが作った魔女結界と、「円環の理」の解明と支配を論むインキュベーター実験の影により、ほむら魔女結界に囚われ、記憶を失ってしまう。その際、家族友人たちと別れるのは辛いという心情をほむらに吐露したことが、後に大きく影することになる。物語の最終盤、仲間の助もあって記憶を取り戻し、ほむらを救済しようとしたところ、「悪魔」と化したほむらが不意にまどかを捕まえ、強引にまどか人間としての記憶を抜き取ってしまう(「円環の理」を引き裂いた、と表現されている)。その結果、鹿目まどかは「円環の理」としての記憶を失った状態で、この世に引き戻される結果になった。再び家族友人と過ごせることは幸福なのか、かつての決意と覚悟を踏みられたことは不幸なのか、視聴者の意見も分かれている。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝

途方もない素質をもった見滝原市で活躍する魔法少女
見滝原中学校の2年生。家族
おっとりしていて他者への思いやりがある優しい性格で周囲に人が絶えない。
戦闘時では武器として使っている。

――『マギアレコード』内プロフィールページより

外伝ゲームマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』では元祖主人公として堂々の初期実装キャラヒールタイプであるためじっくり育てる必要があるが、育て上げた上で使いこなすとかなりの万キャラに。コネクトHPMP回復(5状態だとさらにメガほむ限定でさらにMP回復)であるためサポートキャラとしてはもちろんのこと、自キャラまどかのみにし、サポートまどかにすることで、互いにコネクトし合うことでMP一気に貯め(専用メモリアのスキルを使えばAcceleのみになるのでよりく貯まる)、マギアを放つとダメージカットMP回復がかかるので防御が固まりさらにマギアを連発可となる。この「Wまどか」戦法はリリースから大分経っても高難易度クエストも安定して攻略な定石の一つとして定着している。

ストーリー上ではアナザーストーリーで顔見せ程度に出た後、メインストーリー第5章でほむらとともに参戦。ゲーム主人公環いろはやその仲間たちと交友関係を築き、ゲームにおいてもその活躍を見せている。中でもいろはとは属性ヒールタイプかつロングボウとクロスボウの違いはあれどの矢を放つため、的に相性が良いらしく、最初の共闘では即席ながらも、2人同時に放った矢を合体強化させることもやっている。
また2018年正月には着ver.が実装QB羽子板を手に羽根付きして攻撃する。同年8月には1周年記念でアルティメットまどか実装された。2021年の4周年記念にはまどマギ10周年も相まっていろはとのW主人公によるペアユニット実装されている。

アニメ版ではストーリーが再構成されているため、第1期ではOPやマミ回想でわずかに姿を見せただけだったが、第2期第1話で満を持して登場。ほむら生徒会魔女相手に戦っている状況から始まり、助太刀に来たさやかによって難を逃れるも、マミに起きた状況や魔法少女真実を知らされる。しかしまどか希望を捨てようとせず、それに感化されたほむらさやかと共に魔女を倒すことに成功、そしてマミを救うために神浜に向かう決意を固める事になる。
そして3人で神浜へと向かうとそこでやちよに遭遇。事情説明を受けた上で行動を共にし、一路キレーションランドへ。やちよが飛ばす軽トラから矢を放って支援いろは杏子が門を破ったことで事突入し、ここでようやく新旧主人公がご対面となった。

一方公式サイト漫画マギアレポート』ではまどか先輩として登場。いろはちゃんを引っかき回す役割を担っていたりする。2018年エイプリルフールゲームにも実装されたが、この時のはあえてダミ声になっています。

ファンからの扱い

称は「まどっち」が最もよく見られる。これはキャラクターデザインを担当している蒼樹うめひだまりスケッチ主人公ゆの』のあだ名「ゆのっち」に由来する呼び方と思われる。
(奇しくも『ひだまりスケッチ』の主人公ゆの』はまどかの原であることが、完結後のプレイボーイ誌でのインタヴューによって脚本の虚淵玄の発言で明らかとなっている)
また、第10話以降の展開を受けて『まどかさん』『まどか様』等の尊称とも言うべき呼び方も生まれている。

魔法少女モノの常として主人公は1話から序盤にかけて初めて魔法少女変身するのが王道だったが、魔法少女まどか☆マギカではOPの変身シーンを除けば一向に契約変身もしなかったため「いつ変身するのか」が話題になる事が多かった。「いつ変身するのか」、「中盤ま でに変身するのか」、「まさか終盤まで・・・?」「変身せずに終了も有り得る」などと視聴者は不安に駆られていたが、ストーリーの陰惨さと魔法少女になることの惨状から次第にそういったは聞かれなくなっていった。本編中盤ストーリーさやか重が重くなるのと同時に影が薄くなりがちだったまどかだが、二次創作では変身後も含む様々な形で描かれており主人公としてされていることが伺える。

二次創作としては、キュゥべえ最大のターゲットなこともあり大したことない用で契約をせっつかれてはほむらに守られるのがいつものパターンと化している。しかしキュゥべえが「どうしても契約したい」ことを逆手に取り、「願いを増やせ」や「お前を消す方法」などの無茶振りをするパターンも相当数見かけられる。

物語主人公であり、登場人物ほぼ全員と接点があることから、カップリングではとでも絡められる万感を持つ。

らしいまどかだが、その分二次創作の中では多岐に渡る方向にキャラクター崩壊を起こすことが多い。
基本的に要人物の中で最も心優しく暴力を好まない、「絵に描いたような良い子」だが、しばしばキュゥべえを握りつぶしていたり、然とを吐いたりと、元が純反動か汚いところを見せつけるケースがある→邪神まどか黒まどか
また、変態ほむらさん行動に据えかね、ほむらを手篭めにしたり、マミさんおっぱいを揉みしだいたりと逆襲に走るケースも多々。
アニメでは完結編であり『まどかほむら編』とも言うべき第10-12話まであまり活躍していなかったが、そこはやっぱり主人公。イジラれたりネタにされたりでとてもされている。

元々が劣等のコンプレックスを持つ可愛いが弱い女の子だったからこそ、時折見せる果敢さ、勇敢さを評価される時があり、それを火種に少しずつファンたちの意識を変えていき、そして第10-12話を終えた今、それまでのただの良い子という評価を越し、「まどかさん」「まどか様」「女神まどか」などと呼ばれ、の如く讃えられる領域に至っている。

二次創作におけるまどかを総合すると、本編における純さや優しさ、それに伴う浅慮さや弱さという、「女の子らしさ」に対するイメージ反転したものばかり。黒まどかにおける外道さ、変態まどかさんにおけるセクハラまどか様におけるカリスマなど、元が普通なだけに普段と違う一面を見せる時こそくのかもしれない。

なお、BD第一巻発売後、BD第一巻付録CDドラマでの『ウェヒヒヒヒ』という笑いがなんかウケている。

お絵カキコ

鹿目まどか 日曜朝に放送しててもいいこの雰囲気。詐欺すなぁ (越後屋の駄菓子>>575)  ぐぬぬ 鹿目まどか いつか夢見た在りし日の光景 魔法少女まどか 弓を引く者 世界中からのメッ セージに心温まります。私も微力ではありますが・・・!がんばれ日本。 hiroyaさん作 よしこさん作 鹿目まどか 鹿目まどか 鹿目まどか まどか 誰? 鹿目まどか 鹿目まどか まどさやについて語るスレ#5 まどかタイタスについて語るスレ#36 よしこについて語るスレ#34 越後の駄菓子さん作 鹿目まどか 鹿目まどか 見滝原中学校ブレザー学生服

関連動画

関連動画「鹿目まどか」をタグ検索exit_nicovideo
まどか☆マギカMADリンクの項も参照。

関連静画

関連静画「鹿目まどか」をタグ検索

関連商品

フィギュア

生活雑貨

 

タオル・クッション・寝具類

携帯・小物・アクセサリー類

Tシャツバック類

魔法少女まどか☆マギカの関連商品一覧の項も参照。

関連チャンネル・関連コミュニティ

関連項目

二次創作関連

台詞

カップリング

魔法少女まどか☆マギカの関連項目一覧の項も参照。

魔法少女まどか☆マギカ
アニメ 第一期 テレビアニメ | 劇場版(総集編)
第二期 叛逆の物語 | ワルプルギスの廻天
外伝 マギアレコード
スピンオフ漫画 魔法少女おりこ☆マギカ | 魔法少女かずみ☆マギカ | The different story
魔法少女すずね☆マギカ | 魔法少女たると☆マギカ
ゲーム ポータブル | オンライン | ペンタグラム | マギアレコード
登場人物 メインキャラクター 鹿目まどか | 暁美ほむら
美樹さやか | 巴マミ | 佐倉杏子 | キュゥべえ | 百江なぎさ
サブキャラクター 志筑仁美 | 上条恭介 | 早乙女和子
鹿目詢子 | 鹿目知久 | 鹿目タツヤ
モブキャラクター 中沢 | ショウさん | エイミー
おりこ☆マギカ 美国織莉子 | 呉キリカ | 千歳ゆま | 優木沙々 | 浅古小巻
かずみ☆マギカ かずみ | 御崎海香 | 牧カオル
浅海サキ | 若葉みらい | 神那ニコ | 宇佐木里美 | ジュゥべえ
ユウリ様 | 飛鳥ユウリ | 双樹あやせ | 和紗ミチル | 聖カンナ
すずね☆マギカ 天乃鈴音 | 奏遥香 | 日向茉莉 | 詩音千里 | 成見亜里紗
美琴椿 | 日向華々莉
たると☆マギカ ジャンヌ・ダルク | リズ・ホークウッド
メリッサ・ド・ヴィニョル | エリザ・ツェリスカ
ラピヌ | コルボー | ミヌゥ
ペレネル・フラメル | イザボー・ド・バヴィエール
マギアレコード
人物一覧
環いろは | 七海やちよ | 由比鶴乃 | 深月フェリシア | 二葉さな
十咎ももこ | 水波レナ | 秋野かえで
環うい | 八雲みたま | 和泉十七夜 | 万年桜のウワサ黒江
アリナ・グレイ | 里見灯花 | 柊ねむ | 梓みふゆ | 天音姉妹
その他 魔女 | 使い魔 | 魔獣 | ナイトメアドッペル | ウワサ
楽曲 TV版 コネクト | Magia
また あした | and I'm home | (サウンドトラック
劇場版(総集編) ルミナス | ひかりふる | 未来
劇場版(新編) カラフル | 君の銀の庭 | misterioso
マギアレコード かかわり | ごまかし
関連人物 スタッフ 新房昭之 | 虚淵玄 | 蒼樹うめ
宮本幸裕 | 岩上敦宏 | 岸田隆宏 | 劇団イヌカレー | 鶴岡陽太
アーティスト 梶浦由記 | ClariS | Kalafina | 貝田由里子
TrySail | 尾澤拓実 | シト
関連団体 シャフト | ニトロプラス | アニプレックス | MBS
一覧 関連項目一覧 | 関連商品一覧 | 関連書籍一覧

【スポンサーリンク】

  • 24
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%B9%BF%E7%9B%AE%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

鹿目まどか

2034 ななしのよっしん
2021/08/12(木) 20:41:56 ID: A/TQlafAdU
>>2021
>>2022
アニメ版の方を見た上での感想なんだけど、大雑把に言うと、本編の「友達とのと、知恵と勇気のごとき奇跡を起こした物語」に対し、マギレコは「魔法という技術を手にした少女達が、何とか生き延びようともがく物語」といった印が割とある。

ただ、ここからは全に一個人の感想とか妄想の類なんだけど、円環の理まどか1人ので成り立っているんじゃなくて、「魔女」達に「もう呪いを振り撒きながら生きなくて良い新地・コミュニティ」という概念を提示する事で、魔女側の協も得て成立してるんじゃないかなって。
たしか、円環成立後の世界では「魔法少女消滅時」の相転移エネルギー収率が、変前の「魔女化時」のエネルギーより少なくなっているという話もあったし、ひょっとすると、その分のエネルギー円環の理の維持・運営にも用いられているのかな、とか…。
2035 ななしのよっしん
2021/08/15(日) 01:10:06 ID: l0l+1DtGSG
何気にLINEっぽいアプリでやり取りしてたのが新鮮だった。
2036 ななしのよっしん
2021/08/19(木) 01:05:11 ID: HJgLHj5Vol
まど神さまは「何この世界・・・知らないけど介入していいのこれ?」って困惑気味だったのね
2037 ななしのよっしん
2021/08/29(日) 03:39:07 ID: achPwl+GAq
>>2033
さやかの心を支えるに、立場を同じくする魔法少女としてのまどかの存在は大きい。
逆に、さやか魔法少女じゃないと、まどかはあまり長生きできそうにない。
2038 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 21:04:27 ID: rfuALB+vs5
3周を見るにほむらしか仲間が残らなくてもまどかは頑れるし、ワルプルギスからを守るって動機がある限り最悪1人でも心が折れることはないと思う
ただある程度の才いとワルプルギスに殺されるから、1ヶタイムリミットえられない感じ
2039 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 02:12:53 ID: l0l+1DtGSG
上部ではなくマミさんの内面の弱さを知ってるまどかが次回どう動くかが救出のだな
2040 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 13:43:08 ID: E7BajwOuym
今回のマギレコでも描写されてたけど、「みんな死ぬしかないじゃない」の時といいまどかの咄嗟の判断はとんでもないな
2041 ななしのよっしん
2021/09/16(木) 17:04:34 ID: oHnEktWAu5
咄嗟の判断とか微妙に持っているカリスマ性とか
将に向いた子供だとは前々から思っていたけど
今回もすごかったねw
やちよのへのコネクト攻撃が失敗したと判断 →
さやかマミに対するイメージのズレを把握している(憧れは理解から一番遠い感情→インターセプト
たぶんこれ数以内での判断やぞ
2042 ななしのよっしん
2021/10/03(日) 05:08:48 ID: bg455UJVyO
まどか様誕生日おめでとうございます。(ただそれだけ。)
2043 ななしのよっしん
2021/10/04(月) 21:20:20 ID: 7z0S6qtzgA
誕生日おめでとう(一日遅れ)
本編6話でさやかソウルジェム捨てた時は咄嗟の判断が裏に出てたけどアニレコでは良い方向に出てたね