麒麟がくる単語

122件
キリンガクル
3.0千文字の記事
  • 26
  • 0pt
掲示板へ

麒麟がくるとは、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された、第59作大河ドラマである。

概要

1991年に放送された大河ドラマ太平記」の脚本を務めた池端俊策がメインライターを担当する、原作ドラマ書き下ろしの作品で、明智光秀主人公とした大河ドラマ演は長谷川博己

大河ドラマの原点に戻る「一大叙事」を銘打ち、に包まれた明智光秀の前半生にもスポットライトをあて、戦国時代の転換点である本能寺の変へと向かっていくものとなるようだ。タイトル麒麟には、16世紀の混迷の中における仁徳の王の化身の意味合いが込められており、果たして麒麟すのはのことなのか?というのも、本作の見所の一つとなっている。

また、作は伝統的な王道大河ドラマである一方、時代考の面においては最新の研究動向も取り入れており、子二代で盗りを成し遂げた斎藤道三保守的で中世的な織田信長、権謀術数にたけた足利義昭といった面にもスポットライトを当てる一方、明智光秀スタート地点は従来通りの美濃斎藤家臣であるように、ある程度折衷的なものになっている。

なお、帰蝶役は当初沢尻エリカが予定されていたが、2019年11月16日に発覚した物問題によって降し、5日後の11月21日に代役として川口春奈が選ばれ、初回分から撮が撮り直されている。

上記の不祥事に加え、本来2020年に開催される予定だった2020年東京オリンピックパラリンピックの大会放映に伴う計5週分の放送休止分の放映話数の短縮、さらに新型コロナウイルスにより撮が中止に追い込まれた為6月7日から8月までの放送休止が決定。上記の東京オリンピックが1年後に延期により生じた放送分をもってしても足りないことから話数短縮も危惧されたが、8月30日より当初の予定通り全44話での放送となる。

スタッフ

登場人物・キャスト

明智家

明智十兵衛光秀(演:長谷川博己
煕子(演:木村文乃
たま/細川ガラシャ(演:芦田愛菜
牧(演:石川さゆり
明智安(演:西村まさ彦
明智左馬助(演:間宮祥太朗
明智綱(演:尾関伸次)
藤田伝吾(演:徳重聡)
斎藤利三(演:須賀貴匡

織田家

織田信長(演:染谷将太
帰蝶(演:川口春奈
織田信忠(演:井上瑞稀)
お市(演:井本彩花
織田信秀(演:高橋克典
土田御前(演:檀れい)
織田信勝(演:木村了)
織田信広(演:佐野泰臣)
織田(演:木下ほうか
織田五郎(演:梅垣義明
斯波義統(演:有馬自由
羽柴秀吉/木下藤吉郎(演: 佐々木蔵之介
なか(演:
黒田官兵衛(演:濱田岳)
平手政秀(演:上杉祥三)
柴田勝家(演:安藤政信
佐久間信盛(演:金子ノブアキ
丹羽長秀(演:松田賢二
前田利家(演:入江甚儀)
毛利新介(演:今井
森蘭丸(演:板垣瑞生)

美濃の群雄

斎藤道三/利政(演:本木
斎藤義龍/高政(演:伊藤英明
深芳野(演: 南果歩)
小見の方(演:片岡京子
斎藤孫四郎(演:長谷川純)
土岐頼芸(演:尾美としのり)
土岐頼純(演:矢野聖人
稲葉一鉄/良通(演:村田雄浩)
日根野備中守(演:山本

室町幕府

足利義輝(演:向井理
足利義昭/覚慶(演:滝藤賢一
三淵藤英(演:谷原章介
細川藤孝/斎(演:秀和)
細川忠興(演:望月歩)
一色藤長(演:上杉
細川藤賢(演:英臣)
摂津晴門(演:片岡鶴太郎
足利義栄(演:一ノ瀬颯)

朝廷

正親町天皇(演:坂東三郎
王(演:加藤清史郎
覚恕(演:春風亭小
近衛前久(演:本郷奏多
二条晴良(演:小藪千豊)
三条西実澄(演:石橋

三好家

三好長慶(演:山路和弘
三好義継(演:康)
松永久秀(演:吉田鋼太郎
三好長逸(演:宮原
岩成友通(演:高野
三好宗渭(演:けんじ

畿内の群雄

細川晴元(演:国広富之
筒井順慶(演:駿太郎
浅井長政(演:金井浩人)
顕如(演:武田幸三)

松平家/徳川家

徳川家康(演:風間俊介
築山殿(演:小野ゆり子
松平広忠(演:浅利陽介)
大の方(演:松本若菜
水野信元(演:横田
応尼(演:響子

今川家

今川義元(演:片岡之助)
太原雪斎(演:伊吹郎)
朝比奈徳(演:山口木也)

朝倉家

朝倉義景(演:ユースケ・サンタマリア
朝倉景鏡(演:手塚とおる)
山崎吉家(演:榎木孝明

武田家

武田信玄(演:石橋

市井の人々

駒(演:門脇麦
菊丸(演:岡村隆史
望月(演:堺正章
呂波太夫(演:尾野真千子
今井宗久(演:陣内孝則
井宗室(演:寿楽)
宗次郎(演:大塚明夫
次(演:玉置央)
トメ吉(演:之)
芳仁(演:ベンガル

トリビア

関連動画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 26
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

麒麟がくる

2365 ななしのよっしん
2022/12/22(木) 20:32:04 ID: JYoySzG5le
ハセヒロ光秀はまあ難な作り、染谷ノッブある意味最後まで視聴できる要因の当たり役、川口帰蝶はむしろエリカから交代して禍転じて福となす的な成功だった。
問題は太平記もそうだったけど、池端はオリキャラの使い方が司馬遼太郎並に致命的に下手くそということ。後半失速の原因は間違いなく、駒(+太夫)のメアリー・スー化にある。大河や朝ドラで脚本複数体制はだいたい碌な事にならないけど、麒麟オリキャラ無双はだいたい池端担当回の時に起こっているのがやっかい。
三亡き後のクレジットトメなのに後半は空気岡村の菊丸だけひたすら裏方に接して出しゃばらず仕事をしていた感じ(ついでに死亡フラグ積み過ぎて逆に生き延びた)。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2366 ななしのよっしん
2022/12/22(木) 22:24:06 ID: cYceVXQvWR
>>2365
同じオリキャラでも鎌倉殿の善児と大きく差が付いちゃったと思う本作の駒
OPに名前出れば視聴者に緊感を与え最期は頼の一世一代の見せ場にも繋がった
そういえばに引導渡された小栗義時が染谷信長っぽかったな
暴走し続けるモンスターを作り上げてしまった者が始末するラスト
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2367 ななしのよっしん
2023/01/04(水) 12:15:55 ID: 6fxp/K643K
ただ一つ残念だったのが信長君が光秀を折檻するシーンかったことかな。「国盗り物語」のように「この金柑頭が!」とやって欲しかったw または家康君の接待に出したが腐っていたことにを立ててを投げつけるというのでもよかった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2368 ななしのよっしん
2023/01/07(土) 10:45:54 ID: 6fxp/K643K
最終回まで見た。信長君が光秀を折檻するシーンは最後の2話にあったけど信長君が折檻のフォローをしてたのはニューだったな。全話を通じて光秀は古い権威に弱かったわけだ。秀吉にやられて逃げる途中で土民の竹槍で殺される代わりにを駆って走り去っていくのはまあいいかなあ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2369 ななしのよっしん
2023/02/26(日) 17:32:05 ID: HXMpUguyFP
最終回ラストが戦乱を終わらせた豊臣秀吉を悪し様に誹謗中傷する十兵衛信者達が「十兵衛さまはきっと生きている!(`・ω・´)キリッ」って負け惜しみ言って終わったのが印悪かった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2370 ななしのよっしん
2023/02/26(日) 18:04:07 ID: MgXXZfX46W
加納口から長良川の辺りは名作
オリキャラも含めてばら撒いた伏線を後半回収出来なかったのが敗因
まあ太平記にも回収出来なかったのはあるがね、石関係とか。今回は回収失敗多すぎた
でも本寺やラストの演出自体は悪くない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2371 ななしのよっしん
2023/05/16(火) 22:38:14 ID: rawjGe+KpG
なんでだか分からないが、染谷将太織田信長の顔しか覚えてない
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2372 ななしのよっしん
2023/06/19(月) 19:51:45 ID: JYoySzG5le
第一話ラストの十兵衛麒麟はこない(断言)」

本当に本編中で、最後まで麒麟がきませんでしたね…
麒麟光秀は何とか生き延びたみたいなので、麒麟がきた世を見られたとは思いますが)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2373 ななしのよっしん
2023/07/20(木) 17:08:18 ID: yZNNx+EXxq
「戦のい世」という大河視聴者が嫌いがちなフレーズを「麒麟がくる世」という単で言い換えたのは流石池端脚本よね
独特のセリフ回しの味わい深さが良い 尺配分が下手気味なところや唐突に歴史上の人物を下げたり(足利義昭が何故か世話になってる小早川隆景を悪く言うとか)悪もあるけど、不意に出てくる良いところがオンリーワンの良さがある 松永蜘蛛明智に受け継ぐ「爆弾」とか度肝抜かされた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2374 ななしのよっしん
2023/08/31(木) 01:08:59 ID: SyHZLvAKth
>>2372
麒麟が来て捕まえたら一巻の終わりだから来なくていいんじゃない?(適当
👍
高評価
0
👎
低評価
0