麻枝准単語

マエダジュン
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

麻枝准とは、日本シナリオライター作詞作曲である。現在は、Keyに所属している。

概要

1975年1月3日生まれ。三重県出身。本名は表記違いで前田純。通称「だーまえ」。

大学卒業後にscoopに就職するもすぐに退職、その後Tacticsに入社。「MOON.」、「ONE ~輝く季節へ~」の制作を担当。その後、共に制作に携わった久弥直樹樋上いたる折戸伸治ビジュアルアーツに移籍しKeyを立ち上げる。

Keyに活動を移してからはヒット作を世に送り続け、ゲームクリエーターとしてとその名を広める事となる。

シナリオライター以外に作品中の音楽作詞作曲もこなす多才な人物であり、ビジュアルアーツ社長が言うには「何でもこなす天才」。

2010年11月京都大学で行われた講演会ではAngel Beats!ゲーム化を宣言した。

好物は皿うどんオーディオコメンタリーでは作品に関係のない皿うどんの話を延々と続け、話題本編に移ったと見せかけて「じゃあ、皿うどんの話に戻ります」というほどハマっている。

ちなみに能美クドリャフカ抱き枕を使っている。

シナリオライターとして

シナリオで泣かせるという事に注しており、「MOON.」「ONE 〜輝く季節へ〜」など、泣きゲーといわれる作品を生み出し、後のADV界に大きな影を与えた。

泣き要素として、麻枝が手掛けたシナリオには必ずと言っていいほど死が題材とされる。とはいえキャラを死なせてしまうことに関しては本人も気にしている様子。最近は要人物がはじめから死亡しているという手法も使っている。

テーマとして「人と人との」を取り上げる事が多い。特に親子関係については最初期の作品から描かれていた。その反面、いわゆる美少女ゲーやエロゲーと言われる作品でも、恋愛描写や性的描写に重点を置く事はあまりない。

村上春樹から強い影を受けており、特に高校生の頃『世界の終りとハードボイルドワンダランド』を読んだことによりその後人生が変わり、作にも大きな影を与えている。

本質リトルバスターズ主人公直枝理樹にも言わせているように「全く関係のないものを組み合わせてみよう」というものであり、要するに理不尽さの追求である。それがギャグ方面に向かうと唐突かつハイテンションな展開となり、シリアス方面に向かうと怒涛の急展開による感動シーンとなる。意外性を出すためなら、全く伏線らないということすら気で行う。当然、読む人を選び、特に智代アフターの展開はこれぞ麻枝の頂と崇める人間と、唐突でこけおろす人間のまっぷたつにわかれる。

理不尽さはキャラ作りにも見られ、モデルにしたキャラと全く別のキャラを作ってしまうことも多い。アスカ・ラングレーから沢渡真琴を作り、セーラーマーズから川澄舞を作り、藤林杏のようなツンデレを作ろうとして棗鈴朱鷺戸沙耶ができてしまい、天城雪子からゆりっぺを作り、両儀式から天使ちゃんを作る。いずれも、どんな工程を踏めばそんなものができてしまうのかと理解に苦しむものばかりである。

またシナリオライターとして久弥直樹の事を大尊敬しており、「kanon」や「Angel Beats!」などの雑誌やテレビインタビューでも度々、久弥氏の話題が出てくる。自分にとって天才的存在と発言しており、久弥氏がkey引退してから数年の間は「自分は一生keyファンには認められない。彼をえる事は一生できない」とプレッシャーを抱えながら努と勉強の毎日だったらしい。
CLANNAD」を発表してからはファンからの感想などにより自信が付き、「やっとkeyの一員として認められた気がした」とっている。今でも麻枝にとって久弥氏は天才的存在らしく背中を追っかけているらしい。

Key でのシナリオライターとしての仕事アニメAngel Beats!」で一区切りとした上で、Key の最新作「Rewrite」では音楽QC(品質管理)を担当しているように、裏方としてこれからの Key を支えていくと言われている。

現在Angel beats!ゲーム化に向けてシナリオを作成している模様。現段階ではKeyプロジェクトとしては動いておらず馬場社長シナリオの進行状況を見てから決定するとのこと。

作詞家・作曲家として

Key作品の主題歌BGM作詞作曲を数多く手掛ける。

中学生時代から音楽TM NETWORKを原点として聴き始め、趣味としてMML打ち込みなどを行う。
大学時代には友人の中川くんの二人でTM NETWORKのフォロワーバンド、「KIMELLA」を結成。中川くんをボーカルにして、自らはコーラス作詞作曲編曲を行い、TMテイストアルバムを作る。
サウンドクリエイターとしての麻枝は、Tacticsの「MOON.」の時に折戸伸治に「1曲書いてもいいですか」と頼んだことから始まる。

麻枝の楽曲は、「コードを作ってから適当メロディを置いていく」という独特の作曲法により、頻繁に変拍子が使われ、メロディーでは広い範囲の音を使う、音楽常識からやや外れたメロディーラインを持つという特徴がある。そのために、ボーカル曲の場合、歌うのが難しいと言われてしまう事も多い。また、コード進行も麻枝節とよばれ、聞く人に独特の郷愁感を与えるといわれる(麻枝本人は、ALchemyサビに表れるような「Am→F→G→C」のコードではないかとしているが、諸説あり)。

開発中シナリオに没入するための音楽の重要さも強調していて、ピックハウストランスはたまたロキノンなど、起きている時間はずっと音楽を聞いているという彼の聞く音楽は多岐、多量で、彼の生み出す作品の数々にその片鱗が見られる

また作詞は、曲ができてから、メロディー歌詞を載せるとしている。大江千里遊佐未森などに強く影を受け、また彼独自の向として、歌詞にしばしば「強さ」という単を使うのも特長として挙げられる。

有名な楽曲(大百科に記事のあるもの)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BA%BB%E6%9E%9D%E5%87%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

麻枝准

1102 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 18:16:56 ID: ISR6ocgMI/
エンジェルビーツとかもあにこれとかの点数は高いんだけどなあ。まあ、尺不足については同意するけどね。
1103 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 20:40:33 ID: 7oef4D41qc
プロット書いてもどうせ守れないから書かないって言ったら変な連中にかれてた事あったけど
書きながら展開や設定考えるタイプなんだろうな
ボリュームに制限がないギャルゲーはそれでいいんだろうけど
1クールアニメに収めようとなるとちょうど膨らんできた頃に話を畳まないといけなくなってああなる
1104 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 06:57:40 ID: m/JLGCCQas
「ABでかれた時のリベンジだ!」→シャロ

ABシャロの反省を活かせるか…
1105 ななしのよっしん
2020/05/13(水) 20:56:26 ID: WlhVu0GB7n
シャロはともかく、10周年であれだけお祝いされたABが失敗作扱いは可哀想
1106 ななしのよっしん
2020/05/15(金) 02:47:57 ID: Bzjg0zqANI
この人は思いついたネタをあんまり構成考えずにぶっこむタイプなんだなーってのはAB見ててもシャーロット見てても感じたこと。

色々勢いでぶっこみ過ぎてアニメの尺じゃそれぞれの要素が唐突に始まる上に消化しきれず他の要素の布石にもなりきれないってのが多くて、多分要素を半分くらいには絞ってじっくり掘り下げて描けばいい作品になりそうなのにな...と毎回思ってた。

あと、全なファンタジーのABはまだしもシャーロットの様な話作りをするなら、裏社会にしろ何にしろもう少し社会システムの描写にはちゃんと入れてほしい。
1107 ななしのよっしん
2020/05/15(金) 13:41:38 ID: 47/pfE2M+f
何度も摘されてるけどこの人はアニメの脚本には向いていないと思うんだよな
ゲームと違って1クールという短い尺でキャラクターストーリー世界観の説明を収めないといけないからじっくりと時間をかけて掘り下げていく手法に慣れている麻枝の作には致命的に合わない
ABもシャーロットも消化不足な所が立っていたから正直いって今回も不安でしかない、またメンタル削られて寿命縮まりそうな気がしてならない
1108 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 14:53:33 ID: 5s89czZ3uO
どうせ新作も才枯れた感動ポルノ
こんなんありがたがってるやつなんて低ガキとそれがそのまま年だけとった子供おじさんだけ
人が死ねば喜ぶ共相手のドブさらいみたいなせこいシノギ
1109 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 15:47:19 ID: 7oef4D41qc
逆になにがあったらそこまで憎しみを抱くのか
1110 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 21:45:15 ID: uyUR3VGEyO
叩きすぎやろww
なにがなんでもなんだなお前らwww
1111 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 05:56:49 ID: JWpeAjvb5Y
とりあえずアニメについてはいとけばだーまえ好きの中ですら多数になれてしまうからな…
でも説明不足とトレードオフになってはいるがアニメシナリオにとって大事なスタートダッシュと勢いは毎回あるし、
別に向いてないことないと思う。正直今回も楽しみ

急上昇ワード