黄月英単語

コウゲツエイ

黄月英とは、三時代に活躍した諸葛亮正妻である。「婉貞」と呼ばれる事もあるが、どちらも後世の創作であり、正史三国志」においては「夫人」とだけ記されている。

概要

河南の名士・黄承彦として生まれる。

黄承彦諸葛亮に会った時、「君が妻を探していると聞いたが、私のはどうだろうか。親が言うのもなんだが、赤毛で色の醜い女だ。しかし、才知に優れているから君にはお似合いだろう。」と持ちかけた。

諸葛亮が承知した為、に乗せて彼の元に送り届けたが、周囲の人間は「孔明選びを真似るな。醜いを貰う羽になるぞ。」と笑いあったという。

しかし、当の諸葛亮は、彼女の知識を讃え、黄月英も夫を良く補佐したという。

ちなみに、黄承彦の妻と劉表の後妻は姉妹だった。(彼女ら二人は蔡瑁である)。つまり、黄承彦劉表は義理の兄弟となる。さらに、黄承彦にもらった諸葛亮は、劉表の義理の甥に当たるのである。

正史において分かるのはこの程度で記述はかなり少ない。しかし、三国志の影の主人公とも言われる諸葛亮である。様々な民間伝承や逸話が「創作」されている。

発明家

文や易学に通じていたとされるが、奇抜な発想から様々な発明をして諸葛亮を驚かせたという。

特に有名なのが「木・流」であろう。一般的には諸葛亮が開発したとされるが、黄月英が発案したとの説もある。その構造や使用法などはで、どういった形なのかもはっきりとわかっていないが、一説には現代での一輪)やリヤカーのようなものだったという。北伐時の兵量輸送に効果を挙げた。

また、「からくり人形」を作ったとも、南蛮征伐時に猛を追い払った「火を噴く木」も彼女の考案とされる。

醜い?美人?

赤毛で色」と称され、当時の感覚ではかなり醜かった、もしくは特殊な容姿だったと推測されるが、実は大変な美人だったとする説がある。

諸説あるが、彼女インド系の血を引いており、「赤毛で色」とはこの為で、黄承彦が西域から渡来した少女を養女にしたとする説。

世間のを誤魔化すために顔にを塗り、醜く見せていただけで、自分を認めた諸葛亮の前でを取ると絶世の美女が表れた。それは容姿ではなく自分の才を買ってくれる夫を探していた為だったとする説。

ヨーロッパから渡ってきた美女で、金髪が当時の人にはく見えた、とする説。

どれも「伝承」の域を出ないが、真実歴史の中である。

三国志大戦

1から皆勤で登場。常に「攻兵」と言う、全部将カードを通してみても極めて稀な存在である。ver3.5に軍師として登場し、ようやく衝を引く仕事から解放された。

1で初登場した時、イラストが有名漫画家グループCLAMP 」によるものだった為、登場直後に取引価格が暴騰した。当時でいえば、SR王異肩するほどの高額カードだった。

しかし、コスト1.5で武1と言う他に類を見ない低スペックカードだが、計略の式加速装置は20カウント近くも4倍速で動けると、とてつもない浪漫を備えたカードだった。しかし、さすがに武1は厳しく使用率は低迷していた。

2でスペックの向上を期待されたが、全て据え置きであった。しかも、UC黄月英が同じコスト1.5武4で初期の壊れ計略と呼ばれた「忠義の援兵」を持つ実用性のある攻兵で登場し、SR黄月英が勝っているのは浪漫だけ、等と言う状態になってしまった。

3では絵師が変更され「CLAMP 」黄月英は排出停止となったが、コストが1に変更されデッキの隙間に居場所を見つけたようである。

GSR黄月英は上記の様な、インド系のセクシー美女と言うイラストでこちらもそこそこ高額取引されている。

 

真・三國無双・無双OROCHIシリーズ

月英として真・三國無双3から参戦。

関連商品

関連コミュニティ

黄月英に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%84%E6%9C%88%E8%8B%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黄月英

17 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 23:20:27 ID: N11xB3oxYQ
そもそも当時の感覚での美人って今で言うブスだったりするしね
18 ななしのよっしん
2015/04/10(金) 17:35:31 ID: AKkcUHyYUm
別に理に美人解釈しなくても「ブスだけど賢いさん」ってキャラ立てでいいと思うけどな
実際に結婚するとこういうさんのありがたさがよくわかるし、魅的だ
19 ななしのよっしん
2015/05/31(日) 23:21:15 ID: bQRL7fMZnj
>>12
演義に夫人の名はなし。月英も婉貞も元は民間伝承。他にもいろんな名前あるよ

>>16
で変な髪の色してたけど顔立ちは整ってた系の解釈はあっていいと思うけど実は(中国人の感覚でも)美女説はなんか矛盾してないか?
賢さを買ってくれる殿方をめて醜女を装った話のことね。
一の歴史書の記録は「ブサイクさん押し付けられた孔明バッカでえ~」な地元民の評価。
本当に夫人が才色兼備だったらこんな話が残るかね?ていう。
そもそも才女の噂が流れてなさそうなんだが。出典もわからないしが言いだしっぺなんだろう

>17
当時の中国と現代日本の美的感覚は結構似てる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
20 ななしのよっしん
2015/10/11(日) 13:10:08 ID: U8PbW8ueby
個人的にはインド系のエキゾチック褐色美女だったんじゃないかと思ってる。後漢時代当時のは今でいうくすんだ色に近い色だから、赤毛茶髪で、色というのは南インドドラヴィダ族系の褐色肌すという解釈。
という姓は白川河上流の西域に起する姓らしいから、氏自体がシルクロード経由で西方から中原へ移ってきた一族だったのでは?と。発明をよくしたという伝承も、民族が知らない西方の技術や具を使ったことの反映じゃないかとか々。
21 ななしのよっしん
2016/03/02(水) 16:23:47 ID: ePNMkTH07c
龍狼伝月英インドだよね
22 ななしのよっしん
2016/03/28(月) 22:51:03 ID: +qnNo9SQ0d
妖怪ウォッチではバクロ婆がやるらしいが
美人設定からだろうか
23 ななしのよっしん
2016/08/15(月) 02:45:06 ID: wbZNtNs+bw
実際がどうであれ、伝承は肌と髪の色以外には触れてない
それ以外のパーツ(鼻立ちとか輪とか諸々)については
何も記録がい訳だから、その二点以外は言うほど
特別醜いわけでもかった(但し特別美人でもない)と言う
理屈は通るかもな。


24 ななしのよっしん
2016/11/01(火) 18:44:19 ID: +zdVTlzQX7
当時は黒髪色白なのが美人の基準とされたから、赤毛で色月英は不美人とされたという話で、現代的な基準から見て不美人か否かは定かではないと思う。
25 ななしのよっしん
2017/03/09(木) 13:51:31 ID: LAcI7/xNsZ
孔明のヨメ見てるとこんなほしいわぁって思うわ…
夫婦ってオーパーツすぎる…
26 ななしのよっしん
2017/06/17(土) 17:44:13 ID: 7LEYXwphFV
三國志13の黄月英はエキゾチック美女