黄琬単語

コウエン

「黄琬(黄エン)」コウ・エン 141 ~ 192)とは、祖が三の地位にあったと言われる後漢末期の名門の出であり、王允らによる董卓暗殺計画に加担した政治家である。

字(あざな)は「子琰」または「琰」。 


この記事の本来の表記は「黄琬」ですが、「琬」の字が表記できないブラウザを考慮して、
「黄エン」と記述する場合や「黄琬(黄エン)」と併記する場合があります。

正史では

江夏安陸の出身で、を若くして亡くした事から祖瓊に育てられた。

聡明な子供であった黄琬(黄エン)は、太守となった瓊が正月の日蝕を撃した際に、太后からどれ程のものであったかを問われて答えに窮していると、

三日月程でしたとお答えしないのですか

と言い、瓊はその言葉通りに太后に言上して孫をさらに可がった。

瓊が三のひとつにあたる徒になると、司空の盛允が病気を患った為、祖の代理として見舞いに行く事になったが、盛允が江夏での蛮族の反乱の手紙を読んだ後に、見舞いに来た黄琬(黄エン)をからかおうと江夏蛮族が多くて人がいないと言うと、黄琬(黄エン)は両手を合わせて、

蛮族が悪さを働くのは司空殿責任ではありませんか

と返して退出し、盛允は一本とられてしまった。

中郎将に昇進した黄琬(黄エン)は、才いくせに柄だけで推挙される無能者を排除し、貧乏ながらも大志を抱く者達を登用しようと、陳蕃らと共に行動し、諄・朱山・殷参らを才を買って推挙した事から権者層の反感を買い、讒言されて政治の中枢から遠ざけられる事になり、盟友の陳蕃は免官されてしまった。所謂「党錮の禁」である。

二十年程たったの地、太尉賜が混乱に対処できる才だと上奏した事から復帰し、州刺史を経て中そして予州牧に昇進した。

予州牧となった黄琬(黄エン)は、州を荒らしまわっていた盗賊を尽く殲滅して名をあげ、下の模範となるような善政を敷いて関内侯に封じられ、董卓が政権を握ると、中央に戻されて徒になった後に尉に昇進した。

※予州牧だった頃に反董卓連合軍の曹操を攻撃して、曹真の曹を討ち取ったという話があるが、董卓の配下となった際は予州牧ではなくなっており、且つ、曹真伯南とする説もある為、曹を討ったとする説は懐疑的に見られている。

董卓連合軍に虎関を破られる等した事から、董卓陽から長安への遷都を計画すると

光武帝漢王朝させ、東都の大事業を完成さえたというのに、軽挙妄動で失望させる事があろうか

と言って反対し、董卓激怒したらたまらないと諫言されるも、

崔杼が斉で君を殺した時、晏嬰はその誓約を恐れなかった
私は不徳者であるが、古人の節義を摯に慕うものである

と言い、黄琬(黄エン)は免官されたものの、後漢に恩徳のある名族である事か董卓は危を加えなかった。

長安への遷都が実行されると隷校尉となり、徒の王允や士孫瑞らと共に董卓の暗殺計画を立案・実行し、董卓軍残党の李傕李カク)らが長安へと攻め込んでくると、捕らえられた黄琬(黄エン)はにつながれて52歳で死した。 

演義では

馬騰が許へ赴いた際に参謀に命じられ、曹操殺計画を画策したものの、に話してしまった頃から露見して処刑された奎のとして登場する。 

その他「黄琬(黄エン)」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける黄琬(黄エン)の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志
三國志II 55 58 49
三國志III 59 54 50 43 57 21
三國志IV
三國志V
三國志VI
三國志VII
三國志VIII
三國志IX
三國志X
三國志11

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%BB%84%E7%90%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黄琬

1 ななしのよっしん
2015/01/19(月) 01:23:04 ID: tmr+0cQQxA
ゲームボーイ版の三国志にも地味に出てきたなこの人。
なぜかあまり活躍が少ない割に印に残ってるわ。
王允や蔡邕もいるんだし、この人も出てきてもいいのに。
2 ななしのよっしん
2015/04/27(月) 10:13:16 ID: HjQXhq1WNN
そして黄琬の記事があるのに王允の記事がい辺り、マニアだなぁと思う。

急上昇ワード

2019/08/18(日)11時更新