黄皓単語

コウコウ
2.5千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

黄皓とは、古代中国政治家である。宦官であった。

劉備息子劉禅近侍として悪い方向で有名。

概要

正史・演義どちらでも、宦官つながりであろうか、十常侍さながらの佞臣として描かれている。

正史

正史では諸葛亮の後任であった董允が病没した後に、董允の後任となった陳祇と共謀して政務を仕切るようになる。
数々の政治工作の結果、黄皓は皇帝の中常まで登り詰めた。この位は社長秘書の関係に例えられる。そのため「染められやすい」劉禅は黄皓の意見を多くにするようになった。

やがて黄皓は諸葛瞻董厥らと結託して北伐に執心する大将軍・姜維を排斥し、で実績のある閻宇を後任に据えようと画策した。姜維劉禅にこの行為を辞めさせようと説くも聞き入れられず、姜維は出先から帰れなくなった。
また、劉備息子劉禅の異だった劉永る黄皓を憎んでいたが、そのために黄皓は朝廷劉永の讒言を説いた。そのため、劉永は先の血族でありながら十年余も朝廷への出仕を許されず、不遇な生活を強いられた。
また政治の中枢を担っていた諸葛瞻董厥樊建は黄皓=劉禅の怒りを買わないために各々が各々をかばうようになり、結果エン・董允亡きあとに黄皓の専横を止められる人材はもいなくなっていた。

ただしその董允没後17年もが持ったこと(言い換えれば黄皓が台頭してもなお17年持ったこと)、また諸葛瞻董厥樊建ら文官と黄皓は「戦果なく、いたずらに疲弊するだけの姜維を排斥すべし」という点で姜維の排斥に合していたこと、正史三国志の編者である陳寿を左遷させた本人であることなどから、黄皓ら文官・宦官は「劉禅姜維を貶めた者」として実際よりも低く見られていた可性もある(しかし孫呉張悌薛クは名しこそしないものの、腐敗の原因をそこにはびこる宦官や汚吏にめている)。

ことほど左様宦官にありがちな例の通り、黄皓は政敵・姜維の援軍要請をよく握りつぶしていた。そのために対の最前線にいた姜維とその部下はほとんど遊兵と化し、鄧艾が綿関・江油からの急襲を仕掛けた際もその報が姜維に伝わらず、あっさり成都劉禅鄧艾に攻め取られた。この際に諸葛亮の孫、諸葛尚は「黄皓の専横を許さなければこうはならなかった!」と鄧艾軍に突撃、玉砕して果てたという。

かねがね黄皓の専横を聞いていた鄧艾は、が降したら直ちに黄皓を殺そうと思っていた。そこで黄皓が将兵の前に金銀財宝をばらまくと、やんぬるかな、将兵は全員宝物にを奪われ、その隙に黄皓は歴史の闇の彼方に消えてしまったという。

なお記によれば、降時における金銀は二千斤しか残っていなかったという。

演義

実質的な滅亡の元と考えられたため、演義では史実にあることないことを脚色され、ことさらに悪辣な人物として描かれている。

まず諸葛亮の存命中から佞臣として辣腕を振るい、から頻繁に小銭をせしめて私を肥やし、その見返りとして頻繁に姜維を北伐から呼び戻した。このため北伐はに対し決定的な打撃を与えることができず、だけが消耗するばかりだったという。
また北伐が全に潰え前線の軍が危うくなると、なんと懸かった巫女を召し出し、その予言や妄言で政治方針に定めるようになった。劉禅には佞と妄が合わさり最強に見えた。これにより姜維ら前線への援軍や連絡はさらに打ち切られるようになる。
しかも「江油が何者か(鄧艾)の手により落した」という報告を受けても「神は言っている―まだ決断すべき時ではないと。」とこれを誤報と断じた。諸臣は黄皓と巫女の連携プレイで佞地に引きずり込まれていたので、黄皓の決定に逆らうものは少なかった。
なんとか諸葛瞻諸葛尚子はこの佞府を脱し、綿関に篭って鄧艾を抑えにかかるも、鄧艾の猛攻凄まじく綿関も突破され子は敗死、成都まで鄧艾を遮る者はいなくなってしまった。

こうして鄧艾成都に攻め入るとは全面降鄧艾もこう劉禅に出られてはにもできず、まず先に黄皓を捜索した。ここでも黄皓は得意の財宝ばらまきで逃げようとするも、司馬昭にこれを看破されて捕まり、凄惨な刑で処刑された。

かくして宦官の専横に端を発した歴史は、宦官の専横を以って幕を閉じるのである。

仮想世界では

三國志(KOEI)では演義補正が下方にも働きやすいため、どの作品でも常に「ちょっと政治に詳しいけどまあ佞臣だし」という程度の扱いで、顔グラもほとんどの作品では老獪とはとても言えない梅干しジジイだったのだが、11では遂に知30、政治10、武・統率・魅1、全兵科適正C(全部隊攻防1)という正正銘の種宦官になり下がってしまった。
何と値合計が劉禅以下である。(前作10でも黄皓は統率1、武2、知36、政治4、魅3と十分とんでもないのだが…)
そして武将リストラが多い最新作の12では諸葛瞻董厥樊建共々も形もなくなってしまった。

三国志大戦ではどれもこれも微妙すぎて紹介する気が失せるほどの微妙武将として登板
最新版では内からポクッと武将を生やす暴乱計略「縮の乱」を授かったようだが、まあ黄皓だし…。

そして三國無双シリーズ最新作の真・三國無双6では、劉禅が顔あり武将として立ったためか、黄皓もこれを補佐するモブ文官として戦場の前線で戦うアグレッシブな姿を見ることができる。

7では劉禅との会話イベントも用意されてしまった。

ニコニコ動画では

ニコニコ動画では劉禅縛りプレイに最適なドMラストエンペラーとして中華統一の野望を胸に秘める大英傑となり、劉禅は飛躍的な潜在を発揮して諸侯を従える強大な国家となる可性を秘めた。
そのためか、黄皓も時には治世を延伸させた吏として、時には中原に佞を唱えるネコミミ大軍師として、時には自らを起こし数節でボコされるダメ君として、ある意味劉禅以上に活躍したりしなかったりするようになっている。

劉禅が活躍する動画黄色コメが流れてきたらだいたい宦官(≒黄皓)の佞言である。

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黄皓

100 ななしのよっしん
2021/10/29(金) 22:10:35 ID: W5RDkX/qbT
とりあえず史書の記載からはっきり言えるのは、
・「明らかに遅すぎる援軍」が出撃している事
姜維を除くとその援軍がであり、そいつらがいれば軍を止められたが重要拠点の陽関が落ちた後だった事
ここまでは揺るがない
少なくとも援軍が遅かった事、そのせいでが負けた事は決定的事実
巫女々の信憑性をどこに置くかはともかく
101 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 22:18:39 ID: QVDR8iRQq3
ただ、中の防衛構想変えたのは姜維だしなあ
援軍遅らせた黄皓もだが、まず軍があそこまで強引に大攻勢かけてくるって
想定してた人間が、もいなかったんじゃないかなあ
102 ななしのよっしん
2021/11/28(日) 22:23:29 ID: P+/N2+4RAE
閣が地名じゃなくて地域名だったと某動画で知った
103 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 09:38:59 ID: u2vrI5PSqw
>>97
対立者殺したら黄皓自身も本気で対立者から狙われるからだぞ
あと黄皓劉禅姜維の要請について報告(+巫女々)して、最終的に黙殺を決めたのは劉禅

104 ななしのよっしん
2022/01/29(土) 22:52:17 ID: td1X7iu+5k
「降時における金銀は二千斤」は黄皓とあんまり関係ないんじゃない?時には、兵糧・金銀が少なめで織物(錦)がやたらたくさん残っていたと記録にある。これは織を交易等に用い、兵糧・金銀に変えるという経済体制によるもの。庫が切迫していたことは確かだが、何でもかんでも黄皓のせいにされても困る。
105 ななしのよっしん
2022/01/30(日) 08:27:22 ID: u2vrI5PSqw
>>104
鄧艾、聞皓姦閉、殺之、皓厚賂左右、得免
鄧艾の側近に賄賂を贈って死を免れたとしか書かれてない。そもそも黄皓は専横やら政治を惑わしたと書かれてはいるけど私服を肥やしたとか贅沢三昧的なことは書かれていないし
106 ななしのよっしん
2022/02/19(土) 11:50:01 ID: W5RDkX/qbT
>>101
姜維ガッチリ入口固めて守るのだと防戦一方でジリ貧です。手元に攻めのための遊軍を置いて敵への攻勢がかけられる構えにしましょう。どうせ兵で負けてるんだから敵へのダメージが大きくないと勝てません」
劉禅「よし、それでいこう」
(その通りにする)
姜維「さあ敵が来ましたよ!今こそ遊軍の投入です!」
劉禅「んー、何も見なかった」
姜維「オイ」

これ、姜維シフトのせいにするのは流石にきついと思う
107 ななしのよっしん
2022/05/17(火) 19:39:06 ID: g+4g0Ij5Rx
バチェラー完全一致の同名さんが出演してるらしく(未見)一ビビった
いくら何でも子孫じゃないだろうなって
108 ななしのよっしん
2022/06/10(金) 23:41:25 ID: td1X7iu+5k
この人、何気にが多い。
史書に「郤正(600石)は黄皓と30年隣に暮らしていた」とあるが…。
なんで宦官なのに(後宮じゃなくて)士大夫と隣暮らしなんだ?最期までお隣さんということは、権勢を誇ったと言ってもお屋敷はせいぜい600石の臣下相当ということ?

後漢末期十常侍と違い、後宮の争いの中で成りあがったわけでもない。は後宮に重大なトラブルはない。皇后張飛娘姉妹で固定。王氏が産んだ皇太子の地位も安定。
穆皇后琰のトラブルや外戚の呉懿の伝が何故かい、とかはあるけど)劉禅と男色関係だったわけでもない。

ポツンと『佞臣』が浮いてる感じ。どう出世したのか、本当の所、どれぐらいのを持っていたのか。人事に口出ししたのは確かでも殺しまではしていない。結局、劉禅は最後まで姜維を更迭していないから、政争の『勝利者』かも微妙
かといって『小』悪人にしては政に大きなを持っていたっぽい雰囲気。
109 ななしのよっしん
2022/06/19(日) 11:17:52 ID: W5RDkX/qbT
この時代の宦官って「ちょん切られた」のことだから後宮仕えの女の世話官の役職に就いていたとは限らない